Select Language



SIGMA 4.5mmF2.8 EX DC CIRCULAR FISHEYE HSM 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:200 / 露出補正:+3.0ev


SIGMA 4.5mmF2.8 EX DC CIRCULAR FISHEYE HSM

APS-Cサイズのデジタル一眼レフカメラで、唯一の円周魚眼レンズ「SIGMA 4.5mmF2.8 EX DC CIRCULAR FISHEYE HSM」を試してみました。
天体写真などに多く使われる円周魚眼レンズですが、街中で撮影しても魚眼特有の効果から面白い写真が撮れます。

まずは視界360度のパノラマ撮影がどのようなものなのかカメラを地面に置いて上向きに撮影してみました。ジャングルジムの中央にカメラを設置しての撮影は湾曲の仕方がよく見て取れます。外へ離れるにつれ湾曲がきつくなるも中央部から周辺へ伸びる縦の柱は一直線に伸びており、遠近感がよく表現されています。


SIGMA 4.5mmF2.8 EX DC CIRCULAR FISHEYE HSM 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:200 / 露出補正:0ev

単に画角が広いだけではなく、この豊富な奥行き感がよりワイド感を感じさせるのだと感じました。


SIGMA 4.5mmF2.8 EX DC CIRCULAR FISHEYE HSM 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:800 / 露出補正:+1.0ev

SIGMA 4.5mmF2.8 EX DC CIRCULAR FISHEYE HSM 絞り:F4 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:200 / 露出補正:+3.0ev

水槽を真上から撮影。魚の眼と言うだけあって、魚にもこんな風に周りが見えているのでしょうか?


SIGMA 4.5mmF2.8 EX DC CIRCULAR FISHEYE HSM 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 / 露出補正:-0.33ev

魚眼レンズの特殊効果と言えば、数年前に動物に寄って顔をデフォルメするのが流行しました。私も真似て撮影を。
広く写るファインダーは普段使っているレンズと大きく異なるため被写体との距離感が上手くつかめません。さらにレンズ先端から被写体まで1.3cmまでの近接撮影が可能なので、まだ寄れると思って寄っていくと危うくレンズを囓られそうになりました。ライブビュー機能を駆使すればこのような危険性は回避できるものの、こちらの場合は自分自身が写り混でしまう場合がありますのでご注意を。


SIGMA 4.5mmF2.8 EX DC CIRCULAR FISHEYE HSM 絞り:F8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200 / 露出補正:0ev

屋外での撮影ではほとんどの場合で太陽が入り込みます。それでもフレアなどは驚くほど少なく、光学性能の高さを感じました。


SIGMA 4.5mmF2.8 EX DC CIRCULAR FISHEYE HSM 絞り:F8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:200 / 露出補正:0.33ev

普段使いには制約の多いレンズですが、アイデア次第でいろんな表現が楽しめる面白いレンズです。


Photo by MAP CAMERA Staff
使用機材:Nikon D300 +SIGMA 4.5mmF2.8 EX DC CIRCULAR FISHEYE HSM


Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー: SIGMA   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:121票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

SIGMA Art 14mm F1.8 DG HSM 450:異次元の世界が楽しめる超広角『SIGMA Art 14mm F1.8 DG HSM』for Nikon 2017年10月12日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon D850 + SIGMA Art 14mm F1.8 DG HSM SIGMA Art 14mm F1.8 DG HSM ニコンマウントで撮るシグマArtレンズシリーズ、第5弾は『SIGMA Art 14mm F1.8 DG HSM』です。 第4弾で紹介した「Art 20mm F1.4」と同様、他に同じスペックのレンズが存在しない世界唯一の超広角大口径レンズです。持った瞬間、ガラスの塊と錯覚するかのような1120gの重量感。俗に出目金と呼ばれる大きく飛び出た前玉を見るだけで...
続きを読む
SIGMA Art 20mm F1.4 DG HSM 442:高いポテンシャルを感じる超広角『SIGMA Art 20mm F1.4 DG HSM』for Nikon 2017年09月04日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 20mm F1.4 DG HSM SIGMA Art 20mm F1.4 DG HSM ニコンマウントで撮るシグマArtレンズシリーズ、第4弾は『SIGMA Art 20mm F1.4 DG HSM』です。 これまでに紹介した3本(24mm、35mm、50mm)には、同スペックのニコン純正レンズがあり、それぞれを比較する楽しみもありましたが、焦点距離20mmでF1.4の大口径を誇るのは本レンズだけ。 超広角でありながら大口径ならでは...
続きを読む
441:ボケの美しさが楽しめる広角レンズ『SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM』for Nikon 441:ボケの美しさが楽しめる広角レンズ『SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM』for Nikon 2017年08月30日
絞り:F3.2/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:640/ 使用機材:Nikon D750 + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM ニコンマウントで撮るシグマArtレンズシリーズ、第3弾は『SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM』をご紹介いたします。 本レンズはフルサイズ用Artレンズシリーズの中でも最軽量を誇ります。気になる重量は『Art 35mm F1.4 DG HSM』と同じ665g。筆者は普段『Art 50mm F1.4 DG HSM』...
続きを読む
SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM 440:最高レベルの描写性能『SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM』for Nikon 2017年08月17日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM 前回に続き、ニコンマウントのシグマレンズを紹介。今回はArtレンズの草分け的存在『Art 35mm F1.4 DG HSM』です。 すべてにおいてワンランク上のクオリティを実現し、「最高」の基準を刷新するシグマの自信作として発売されたのが2013年1月。以後本レンズの素晴らしさが瞬く間に広がり、現在のArtレンズの充実ぶりに繋が...
続きを読む
SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM 436:圧倒的な解像力の『SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM』for Nikon 2017年08月11日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM 充実の一途を辿るシグマのArtシリーズの大口径単焦点レンズ。先日、超広角の「14mm F1.8」が発売され、14mmから135mmの間に7種類ものバリエーションが揃いました。改めてシリーズのKasyapaを見返してみると、すべてキヤノン用で撮られていることに気づきます。 ニコン純正の単焦点レンズもF1.4とF1.8のシリーズが種類豊富に発売されており、これらのレンズとの差が...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |