Select Language



dp2 quattro 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:SIGMA dp2 Quattro

dp2 quattro


今年のCP+で大きな話題となったdp2 Quattro。
近代芸術作品のような大胆なデザインは他のカメラとは一線を画する存在感と美しさがある。

そして驚異の解像力を誇るDP/dpシリーズの心臓部であるFoveon X3。フィルムと同じような構造を持つ3層センサーは今回のQuattroシリーズではさらに進化を 遂げ、Merrillの4600万画素から2900万画素へ縮小したものの、従来比での解像度が30%アップしたと公表する驚愕のスペックを持つセンサーだ。

上記の写真を見てもその非凡な性能を垣間みれるはずだ。ピントの合ったつぼみと水滴は実に繊細で立体感のある描写をしてくれる。
はたして新しいdp2 Quattroはどんな世界を見せてくれるのか、早速カメラを携え撮影に赴く事にした。

dp2 quattro 絞り:F4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100 / 使用機材:SIGMA dp2 Quattro


ハイライトが当たる部分の鈍い光り方など大理石の質感表現が見事な一枚だ。


dp2 quattro 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:SIGMA dp2 Quattro





dp2 quattro 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:SIGMA dp2 Quattro
dp2 quattro

まず初めてカメラを握ったときの印象は、想像以上に手になじむという事。 微妙な曲線で前面部へ迫り出したグリップ部は指先でピタリと押さえる事ができる。そして背面のセレクターボタン部。この部分がすこし内側へはみ出しているのだが、これがちょうど親指の上へ引っかかり、本体重量を支えることができるのだ。
もちろん手や指の大きさでこの感じは変わるとは思うが、このボディデザインはしっかりとカメラを使う為に考えられたものだ。

そしてもう一つの理由は熱源である電源や電子回路をセンサーやレンズ部から離す事を目的に考えられている。このデザインはカメラの性能をフルに活かすために設計されているという事も忘れてはならない。

dp2 quattro 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100 / 使用機材:SIGMA dp2 Quattro


少し渋い色合いもFoveonが得意とする表現の一つだ。


dp2 quattro 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:SIGMA dp2 Quattro


レンガの解像感もさることながらグレーの濃淡も階調豊かだ。本格的なモノクローム写真もこのカメラは楽しむことが出来る。


dp2 quattro 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:SIGMA dp2 Quattro



dp2 quattro 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:320 / 使用機材:SIGMA dp2 Quattro


浮き出たサビと剥離した塗装の色合いがすばらしい。この扉の重厚感が伝わってくる。


dp2 quattro 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100 / 使用機材:SIGMA dp2 Quattro




dp2 quattro 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:800 / 使用機材:SIGMA dp2 Quattro



金属、ガラスなど光沢のある固いイメージの被写体は非常に得意なカメラだ。


dp2 quattro

デザインにばかり目を奪われがちだが、操作性・ボディバランスなど使うカメラとしてしっかりと考えられている点がプロダクトデザインとして素晴らしい。 そしてシャッターを切れば圧倒的な解像力と表現力で撮る者を魅了する。
美しいカメラで、美しい写真を撮る事が出来るSIGMA dp2 Quattro。一枚一枚自分の作品を撮る事に向き合える一台だ。

Photo by MAP CAMERA Staff






Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー: SIGMA   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:160票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

401:伝統の画角と驚異の描写性能『Carl Zeiss Milvus 15mm F2.8』 401:伝統の画角と驚異の描写性能『Carl Zeiss Milvus 15mm F2.8』 2017年01月19日
絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + Carl Zeiss Milvus 15mm F2.8 3本の新Milvusレンズ、続いてはシリーズ最広角の『Milvus 15mm F2.8』のフォトプレビューをご覧いただきましょう。 本レンズはClassicシリーズの「Distagon T* 15mm F2.8」と同じレンズ構成で、公表されている性能表も酷似しています。とは言え、フードの脱着が可能になるなど利便性は明らかに向上しています。果たして新レンズはいかに進化したのか?早速、...
続きを読む
400:美しいフォルムと描写力『Carl Zeiss Milvus 18mm F2.8』 400:美しいフォルムと描写力『Carl Zeiss Milvus 18mm F2.8』 2017年01月19日
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 +Carl Zeiss Milvus 18mm F2.8 Carl ZeissのMilvusシリーズに新しいラインアップが3本発表されました。今回はその内の1本『Milvus 18mm F2.8』をご紹介いたします。 同時発表の他2本は「Classic」シリーズに同スペックのレンズが存在しますが、18mmだけは同じ18mmの「Distagon T* 18mm F3.5」と比べ、開放F2.8とさらなる大口径化が図られました。...
続きを読む
399:被写体の魅力を引き出す135mm『Carl Zeiss Milvus 135mm F2』 399:被写体の魅力を引き出す135mm『Carl Zeiss Milvus 135mm F2』 2017年01月19日
絞り:F2 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:500 / 使用機材:Nikon D810 + Carl Zeiss Milvus 135mm F2 今回のKasyapaはMilvusシリーズの最新レンズ、『Carl Zeiss Milvus 135mm F2』をご紹介します。ポートレートレンズとして人気の高い85mmより少し長く、遠くの被写体を捉える望遠レンズとしては少し短い135mmは伝統ある画角ながら少しニッチな焦点距離かもしれません。しかしクローズアップできる使いやすさと、深くなめらかなボケを一度味わってしまうと、もう85mmには戻れ...
続きを読む
Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS 398:普段とは違ったスパイスに『Voigtlander NOKTON 58mmF1.4 SL IIS』 2017年01月13日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810+ Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS クラシックレンズの味わいと現代的な性能を両立させ人気を集めた「Voigtlander NOKTON 58mm」がリニューアルし、『NOKTON 58mm F1.4 SL IIS』として生まれ変わりました。 新ノクトンレンズが手元に届き思わず口にしてしまったのが「懐かしい」という言葉。始めて手にするレンズにも関わらず、旧ニッコールレンズに似たデザインにAi連動をさせるための...
続きを読む
397:本格的な撮影性能を手のひらに『Canon EOS M5』 397:本格的な撮影性能を手のひらに『Canon EOS M5』 2016年12月23日
焦点距離:47mm(換算75.2mm)/ 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200/ 使用機材:Canon(キヤノン)EOS M5 + EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM コンパクトなボディにAPS-Cサイズのセンサーを搭載し、Canonの高画質が手軽に楽しめる機種として人気の『EOS M シリーズ』。初代のMからM2、M3と徐々に『本格的な味付け』が加わり、新型でより本格志向のカメラへと進化しました。今回のKasyapa最新モデル『Canon EOS M5』をご紹介します。 今までのシリーズと...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |