Select Language



dp2 quattro 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:SIGMA dp2 Quattro

dp2 quattro


今年のCP+で大きな話題となったdp2 Quattro。
近代芸術作品のような大胆なデザインは他のカメラとは一線を画する存在感と美しさがある。

そして驚異の解像力を誇るDP/dpシリーズの心臓部であるFoveon X3。フィルムと同じような構造を持つ3層センサーは今回のQuattroシリーズではさらに進化を 遂げ、Merrillの4600万画素から2900万画素へ縮小したものの、従来比での解像度が30%アップしたと公表する驚愕のスペックを持つセンサーだ。

上記の写真を見てもその非凡な性能を垣間みれるはずだ。ピントの合ったつぼみと水滴は実に繊細で立体感のある描写をしてくれる。
はたして新しいdp2 Quattroはどんな世界を見せてくれるのか、早速カメラを携え撮影に赴く事にした。

dp2 quattro 絞り:F4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100 / 使用機材:SIGMA dp2 Quattro


ハイライトが当たる部分の鈍い光り方など大理石の質感表現が見事な一枚だ。


dp2 quattro 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:SIGMA dp2 Quattro





dp2 quattro 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:SIGMA dp2 Quattro
dp2 quattro

まず初めてカメラを握ったときの印象は、想像以上に手になじむという事。 微妙な曲線で前面部へ迫り出したグリップ部は指先でピタリと押さえる事ができる。そして背面のセレクターボタン部。この部分がすこし内側へはみ出しているのだが、これがちょうど親指の上へ引っかかり、本体重量を支えることができるのだ。
もちろん手や指の大きさでこの感じは変わるとは思うが、このボディデザインはしっかりとカメラを使う為に考えられたものだ。

そしてもう一つの理由は熱源である電源や電子回路をセンサーやレンズ部から離す事を目的に考えられている。このデザインはカメラの性能をフルに活かすために設計されているという事も忘れてはならない。

dp2 quattro 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100 / 使用機材:SIGMA dp2 Quattro


少し渋い色合いもFoveonが得意とする表現の一つだ。


dp2 quattro 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:SIGMA dp2 Quattro


レンガの解像感もさることながらグレーの濃淡も階調豊かだ。本格的なモノクローム写真もこのカメラは楽しむことが出来る。


dp2 quattro 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:SIGMA dp2 Quattro



dp2 quattro 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:320 / 使用機材:SIGMA dp2 Quattro


浮き出たサビと剥離した塗装の色合いがすばらしい。この扉の重厚感が伝わってくる。


dp2 quattro 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100 / 使用機材:SIGMA dp2 Quattro




dp2 quattro 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:800 / 使用機材:SIGMA dp2 Quattro



金属、ガラスなど光沢のある固いイメージの被写体は非常に得意なカメラだ。


dp2 quattro

デザインにばかり目を奪われがちだが、操作性・ボディバランスなど使うカメラとしてしっかりと考えられている点がプロダクトデザインとして素晴らしい。 そしてシャッターを切れば圧倒的な解像力と表現力で撮る者を魅了する。
美しいカメラで、美しい写真を撮る事が出来るSIGMA dp2 Quattro。一枚一枚自分の作品を撮る事に向き合える一台だ。

Photo by MAP CAMERA Staff






Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー: SIGMA   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:171票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

418:常に持ち歩きたくなる1台『FUJIFILM X-T20』 418:常に持ち歩きたくなる1台『FUJIFILM X-T20』 2017年04月21日
焦点距離:33mm(換算50mm)/ 絞り:F3.6/ シャッタースピード:1/240秒 / ISO:200/ 使用機材:FUJIFILM X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS 今回のKasyapaでは、フジフイルムのミドルクラスミラーレス一眼『X-T10』の後継機である『X-T20』をご紹介いたします。 フジフイルムらしい洗練されたクラシカルなデザインが目を引く本機。X-T10と比べると全くと言っていいほど外観の違いはありませんが、なんとフラッグシッ...
続きを読む
417:伝統と現代が重なる135mmゾナー『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』 417:伝統と現代が重なる135mmゾナー『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』 2017年04月20日
絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:800/ 使用機材:SONY α7RII + Carl Zeiss Batis 135mm F2.8 Eマウント専用レンズとしてツァイスより展開している『Batis』シリーズに伝統の135mmという焦点距離が登場しました。今回はその新レンズである『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』を早速レポートいたします。 戦前のレンジファインダーレンズから通常のラインアップとして存在していた135mm。時代が一眼レフに変わっても135mmは存在していましたが、F1.4...
続きを読む
416:被写体の魅力を引き出してくれる1本『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』 416:被写体の魅力を引き出してくれる1本『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』 2017年04月06日
絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV ボディ + SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM 次々にハイクオリティなレンズやカメラを生み出しているシグマから、またまた新レンズの登場です。その名も『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』。 私は前々からシグマのレンズが大好きで、中でもArtラインレンズシリーズの大ファンです。ボケの美しさもさることながら、がっちりピントが合った時のあのカミ...
続きを読む
415:圧倒的な解像力と写真画質『FUJIFILM GFX 50S』 415:圧倒的な解像力と写真画質『FUJIFILM GFX 50S』 2017年03月30日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100使用機材:FUJIFILM GFX 50S + GF 63mm F2.8 R WR / フィルムシミュレーション:CLASSIC CHROME フジフイルムといえば、やはりXシリーズ。・・・というのは最近の話で、昔から様々なフォーマットのカメラや写真関連用品を作り、日本の写真文化を支えてきたメーカーです。その中でもブローニーフィルムを使う中判カメラは、今までこんなに多くの種類を出しているのかと驚くほどのバリエーション数。そして現在も『GF670...
続きを読む
414:極上のボケ味と解像力『SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS』 414:極上のボケ味と解像力『SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS』 2017年03月26日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400/ 使用機材:SONY α7R II + FE 100mm F2.8 STF GM OSS 「新しいソニーのFEレンズは、STFらしいよ。」そんな話を聞いた時、ついにミノルタの伝家の宝刀をEマウントへ持ち出したな。と勝手ながらに思いました。 STFこと、“Smooth Trans Focus”(スムース・トランス・フォーカス)とは、アポダイゼーション(APD)光学エレメントという、レンズの周辺にいくほど通る光の量(透過光量)が少なくなる特殊効果フィルター(...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |