Select Language



Panasonic_GF7 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:200 / 効果:クロスプロセス / 使用機材:Panasonic DMC-GF7 + LUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.

Panasonic_GF7


今回はビギナーにも使いやすいPanasonic『LUMIX DMC-GF7』のご紹介です。 小型なレンズ交換式一眼カメラとして人気のGFシリーズも本モデルで7代目。簡単操作と自撮り性能が向上し、どなたでも写真を楽しめるカメラになっています。 また軽量なマイクロフォーサーズ機ということでベテランユーザーのサブ機としても人気のある本機種。やはりカメラとしての基本性能・描写力も気になるところです。 早速試写でその実力を確かめてみました。

Panasonic_GF7 絞り:F4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:250 / 効果:ファンタジー / 使用機材:Panasonic DMC-GF7 + LUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.


1枚目2枚目はクリエイティブコントロールを使用して撮影をしてみました。『LUMIX DMC-GF7』は22種類のフィルター効果を選ぶ事ができ、写真の印象やメッセージ性も簡単に変えることができます。 また新機能としてP/A/S/Mモード選択時でも「クリエイティブコントロール」と同じ画像効果を適用可能になり、好みの露出設定で効果を楽しむ事ができるようになりました。


Panasonic_GF7 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:200 / 使用機材:Panasonic DMC-GF7 + LUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.

光を浴びるシクラメン。ピント面はシャープに解像しつつも花びらの柔らかさを見事に写し出しています。
小さなカメラなのでいつでも携帯ができ、日常にある美しい瞬間を写真に納める事ができます。また、この小ささは携帯性だけではなく『写真を撮る気構え』も緩和してくれるような気がします。


Panasonic_GF7 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:640 / 使用機材:Panasonic DMC-GF7 + LUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.


カフェに停めてあるイタリアのベスパ。色表現も強すぎず落ち着いた印象です。 エントリーユーザー向けの機種ではありますが、解像力・描写性などカメラの実力はかなりのもの。マニュアルで好みの露出に合わせれば上位機種と比べても見劣りしない表現が可能です。


Panasonic_GF7 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:640 / 使用機材:Panasonic DMC-GF7 + LUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.





Panasonic_GF7 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:3200 / 効果:インプレッシブアート / 使用機材:Panasonic DMC-GF7 + LUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.


落ちた花びらをフィルター効果『インプレッシブアート』で撮影。フィルター効果はトイカメラの様に楽しむ要素が多いですが、GF7はそのまま写真作品にも使用ができるクオリティの高いものです。


Panasonic_GF7 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:500 / 使用機材:Panasonic DMC-GF7 + LUMIX G VARIO 35-100mm F4.0-5.6 ASPH. MEGA O.I.S


可愛らしいリスをキットの望遠ズームで撮りました。よく見ると毛の一本一本まで写し出しています。そしてタッチパネルで操作できるAFポイントはリスが止まった一瞬に素早くピントを合わせる事ができました。


Panasonic_GF7 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:250 / 使用機材:Panasonic DMC-GF7 + LUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.





Panasonic_GF7 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200 / 使用機材:Panasonic DMC-GF7 + LUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.


オートモードだと明るい印象の露出になりますが、アンダーに振れば暗いだけでなく渋い表現も非常に得意と感じました。
Panasonicはライカカメラ社の品質基準に基づいたライカブランドのレンズも生産するメーカーです。もしかするとその技術がエントリーモデルにもフィードバックされているのかもしれません。


Panasonic_GF7 絞り:F8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 / 使用機材:Panasonic DMC-GF7 + LUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.


シャドウ部もしっかりと写し出し、木の存在感をより引き立てています。


Panasonic_GF7


『LUMIX DMC-GF7』は手のひらに乗る小さなボディのカメラでしたが、解像力や色表現などその性能は大きな一眼レフにも負けない実力を秘めていると感じました。 今回の試写ではご紹介しきれませんでしたが写真を楽しむ・シェアする機能が盛りだくさんで、特に自撮りモードが誰でもキレイに撮れるように工夫されています。 私は旅行が好きなのですが、『LUMIX DMC-GF7』を旅先に持っていけば風景を美しく写真に残せるだけでなく、友人や出会った人たちと一緒に撮りシェアする事が可能です。そして豊富なマイクロフォーサーズレンズと組み合わせればその楽しみ方は一層広がる事でしょう。
本機はビギナーだけでなく写真好きなベテランユーザーにも是非使っていただきたいと思える一台でした。

Photo by MAP CAMERA Staff





Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー: Panasonic   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:73票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

null 422:最高峰の性能をもつ歴史的な一台『SONY α9』 2017年05月28日
焦点距離:159mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:800 / 使用機材:SONY α9 + FE 70-200mm F2.8 GM OSS 『α9』海外発表は衝撃的でした。以前よりα7系の最上位機種はネット上の噂として存在していましたが、電撃発表された機種はα7シリーズではなく『α9』という全く新しいカメラだということ。そしてフルサイズRAW書き出しで秒間20コマ連写という今までの常識では考えられない技術が投入されていること。さらに付け加えるなら、EVFなのに連写時のブラ...
続きを読む
421:ハイスペック超広角ズーム『Panasonic LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH.』 421:ハイスペック超広角ズーム『Panasonic LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH.』 2017年05月25日
焦点距離:8mm(換算16mm)/ 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:200/ 使用機材:Panasonic LUMIX DC-GH5+LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH. パナソニックから、新たに超広角ズームレンズが登場しました。その名も『Panasonic LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH.』。 「エルマリート」の明るさを誇る超広角ズームレンズですが、本レンズの特徴はその明るさだけでなく、ライカの基準...
続きを読む
SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM 420:破壊力抜群のライト・バズーカ『SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM』 2017年05月19日
焦点距離:400mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV+SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM シグマから小型軽量と高い光学性能を両立した新しい望遠ズーム『Contemporary 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM 』が発売されました。 新レンズのポイントは、何と言ってもその軽さです。約1160gにまで軽量化されたレンズは想像以上に持ちやすく、被写体の動きに合わせ自由に振り回すことができます。まずはこのメリットを活かすべ...
続きを読む
null 419:誰しもが楽しめるF0.95『中一光学 SPEEDMASTER & CREATOR』 2017年04月22日
純正レンズでは無い、いわゆるサードパーティー製と呼ばれるレンズの中でも絶対的な明るさで注目されているのが、中一光学『SPEEDMASTER』シリーズです。F1.4よりも明るいF1.2~F0.95という開放値を持ちながら、価格は想像以上にリーズナブル。でも国産レンズじゃないんでしょ?肝心の写りはどうなの??という皆様の疑問に答えるべく、今回はSPEEDMASTERを含む中一光学製レンズ6本のフォトプレビューとなります。ぜひご覧ください。 絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/8000秒...
続きを読む
418:常に持ち歩きたくなる1台『FUJIFILM X-T20』 418:常に持ち歩きたくなる1台『FUJIFILM X-T20』 2017年04月21日
焦点距離:33mm(換算50mm)/ 絞り:F3.6/ シャッタースピード:1/240秒 / ISO:200/ 使用機材:FUJIFILM X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS 今回のKasyapaでは、フジフイルムのミドルクラスミラーレス一眼『X-T10』の後継機である『X-T20』をご紹介いたします。 フジフイルムらしい洗練されたクラシカルなデザインが目を引く本機。X-T10と比べると全くと言っていいほど外観の違いはありませんが、なんとフラッグシッ...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |