【Panasonic】動画撮影の新たな常識をつくるカメラ LUMIX GH5「4K動画レビュー」 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






~LUMIX DC-GH5標準ズームレンズキットでスタッフが撮影しました~


4K解像度で視聴可能!
使用機材:Panasonic GH5 + LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S



~撮影レポート~
LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S
Panasonic GH5 + LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S (4K/4:2:2 10bitからの切り出し)
重なり合う葉や枝の細かいディテールまで潰れる事なくしっかりと映し込まれている


Panasonic GH5 + LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S (4K/4:2:2 10bitからの切り出し)


LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S
Panasonic GH5 + LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S (4K/4:2:2 10bitからの切り出し)
解像感、空気感といい、4K10bitの豊かな描写力には息を飲むばかりだ

LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S
Panasonic GH5 + LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S (4K/4:2:2 10bitからの切り出し)

GH5はオプション(有償)でV-Log Lが用意されているが、今回はシネライクDで撮影した。

通常のビデオガンマとは違い、シネライクDはLogのような広いダイナミクスレンジで収録出来るのが特徴だ。
Logとビデオガンマの中間的な位置にあり、カラーグレーディングも通常ガンマに比べて編集の幅がある。

コントラストは少し浅くなるが、Logほどハイキーな色味ではなく、グレーディング無しでも使えるので、扱い易い。

今回撮影してみて、4Kで撮影出来るカメラは数多く有るが、GH5 が捉える4Kの描写能力には感動すら覚えた。
機動力や操作性も含め、「素晴らしい」の一言に尽きる、というのが実感だ。


~Panasonicは映像業界に様々な旋風を巻き起こして来た~

例えば、2002年に発売されたAG-DVX100
今となっては当たり前だが、当時としては画期的な24p撮影・シネライクガンマを採用した。
テレビは秒60フィールドのインターレース映像、映画は秒24コマの静止画の連続。
映画ビデオには大きな壁があった。

そんな中、DVX100はデジタルシネマカメラに搭載されていた24コマ撮影をビデオカメラで実現させたのが画期的だった。
つまりビデオカメラで、シネライク(映画らしく)に撮れるということで、
多くのクリエイターから支持を集め、以後他社も同様の機能を搭載して追随することになる。

その後も、VFR(バリアブルフレームレート)に対応したAG-HVX200を発売し、映像業界を驚かせた。
元々この機能は同社のシネマカメラ(VARICAM)にしか搭載されていなかった。
そんな、売りの機能を1/10以下の価格のカメラに搭載させたのだ。

そして今回発売されたGH5では、これまで培われてきた映像技術を惜しげもなく凝縮させている。

4K60P撮影10bit記録など高価な業務機に搭載されていた機能を民生機のカメラ、
しかも小型なミラーレス機に搭載させたのだから驚きだ。

このようにPanasonicは次々と斬新な機能を取り入れ、
シネマカメラよりも桁違いに安い価格のカメラでそれらを実現させて来た。この大胆さは流石だ。

GH5は動画機能強化のアップデートも控えており、今後も目が離せない!!

↓GH5のご購入はコチラから!!↓




スタッフ一同、当店のご利用を心よりお待ちしております。
マップカメラへGO!
電話でのお問合せも受け付けております。
お気軽にお問合せくださいませ。




〓〓新製品〓〓

[ Category:Panasonic|掲載日時:04月18日 19時40分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】Leicaと行く北海道旅行 【Leica】ズマールと行く北海道旅行 2018年02月18日
冬の寒さが最も厳しくなる2月。札幌で行われるさっぽろ雪まつりを終着点に設定し、5泊6日の北海道旅行へと行ってきました。 持って行った機材は『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』と『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』の計3点。今回のマップタイムズでは、その中でも『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』の組み合わせで撮影した写真をご紹介いたします。 時期はすこしずれていますが、別のスタッフも最近北海道旅行に行っていたよう...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 2018年02月17日
50mm F0.95 1/125秒 ISO3200 皆様こんにちは! 本日載せるのは、去年私が追いかけていたバンドの定例ライブの最終回(12月開催)です。 11月に行ったライブ風景はコチラ! ボーカルはライブが始まる前にお客さんとオセロで勝負。 ボーカルが黒、お客さんが白。果たして勝敗は…。後程、載せます。 50mm F0.95 1/125秒 ISO2500 ほぼ毎月撮っている場所なので、何となくですがホームに来た感があります。 撮っていて落ち着くと言いますか。 24mm F1.4 1/125秒 ISO5000 今回はズミルック...
続きを読む
null フィルム紹介 『BERGGER Pancro 400』 2018年02月17日
2000年代以降デジタルカメラの台頭によりフィルムの需要が減少し、 フィルムのバリエーションも年を追うごとに少なくなってきています。 しかし最近では、SNSの影響などもありフィルムカメラへの関心が高まっています。 街中でも首からフィルムカメラを下げている方を多く見かけるようになりました。 フィルムカメラの写りの要になってくるのがレンズとフィルムです。 レンズ選びもさることながら、どのフィルムがその撮影に適しているのか、自分好みなのか選ぶことは悩みどころです。 そこでこのブロ...
続きを読む
【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 2018年02月16日
X-T2、X-Pro2に次ぐフジフイルム第3のフラッグシップ機として2018年2月15日に発表された『FUJIFILM X-H1』。中判ミラーレス機GFX 50Sを彷彿とさせる外観と、Xシリーズ初の最大5.5段分のボディ内手ブレ補正機能が搭載された本機の登場に驚かれた方も多いのではないでしょうか。 今回マップタイムズでは、同日に開催された『FUJIFILM Xスペシャルイベント』の様子をお伝えいたします。 開催場所は、港区・赤坂。 事前申込制で先着200名限定のイベントだったので...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 2018年02月16日
50mm F0.95 1/125秒 ISO1600 皆様こんにちは。 最近はよく知人・友人に誘われて撮影に行くことが多いです。 カメラ好きとして、冥利に尽きます。本当にありがたいことです。 横浜の白楽まで行ってきました。 バーの店内で行われたライブです。 今回持っていったのは Leica SL (Typ601)、ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH、ズミルックス M24mm F1.4 ASPHです。 照明の色被りは敢えてほとんど直さず、明るさなどはLightroomで補正しています。 50mm F0.95 1/125秒 ISO4000 今回の撮...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]