【RICOH】RICOH THETAで簡易HDRI作成~IBLに挑戦!!~ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





RICOH THETA最大の魅力は一回の撮影で360°の画像が作成できる点です。
今回はこの画像を利用したRICOH THETAの少しマニアックな活用方法を紹介致します。


RICOH (リコー) THETA m15

3D制作で役立つRICOH THETA活用術
~THETAで撮影した画像を3DCGのライティングとして使う~
3DCG制作において重要な要素の一つがライティングです。
特に、フォトリアルな描写が必要な場合、現実に近い自然な光源を再現する必要があります。

そんな時にIBL(イメージベースドライティング)と呼ばれるライティング方法がよく行われます。
これは、撮影現場の光源を360度フルパノラマのHDRIとして記録し使用します。

それを環境データとして読み込み、ライティングや背景、写り込み等の素材として使用する事で、
3Dモデルがその空間に存在しているような自然なレンダリング結果を得ることができます。

従来は、このHDRIを作成するには機材と手間、時間が必要となり、
個人で作成するにはハードルがありましたが、RICOH THETAシリーズを使用することで、
時間の掛かるパノラマ画像作成の手間を大幅に簡略化できます。

~HDRI撮影~
幅広いダイナミックレンジを得るために、露出の異なる画像をブラケットで撮影します。
「RICOH THETA S」では「マルチブラケット」撮影が可能となっていますが、
今回は、THETA m15を使用したのでiOS向けの無料アプリ「360HDR」を使用し、ブラケット撮影を行いました。
RICOH (リコー) THETA m15
HDRIにする理由として、一般的な画像データはRGBの各色256階調で表現されており、
画像を光源とするIBLでは、光源再現に必要な情報をカバーする事が出来ません。
そこで256階調を超えるダイナミックレンジ情報を持つHDRIが必要になります。

~HDRI作成~
撮影した画像をPCに読み込み、複数の画像をHDRとして一つにまとめます。
RICOH (リコー) THETA m15
今回は、三脚が写っていますが三脚の映り込みを少なくする為に、自立一脚を使用したり編集で消込を行う事でより良いHDRI素材になります。
今回のHDRI編集にはPhotoshopを使用し、人物の消込を行っています。

~HDRI読み込み~
作成したHDRIファイルを光源として、CGソフトに読み込ませます。
3Dモデル
CGソフト上で適当な3Dモデルとマテリアルを割り当てました。


HDRIを元にレンダリングした画像です。
RICOH (リコー) THETA m15
簡易的に作成したHDRIですが、撮影場所の光源再現が上手く出来ました。

より精度の高い光源や色再現が必要な場合は、一眼レフなどを使い情報量の多いRAWで撮影・編集するのが好ましいですが、
撮影の手間や扱い易さを考えるとTHETAは非常に便利です。

THETAを使用することで個人制作ではハードルのあった、パノラマHDRI作成を簡単に行えます。
本来のパノラマカメラとしては勿論、HDRI撮影場所の確保が難しい所や撮影時間の無い現場等、
初心者でも扱いやすく、個人の3D制作でも活躍してくれるカメラです!

↓撮影に使用したカメラ&オススメはコチラから↓







「36回払いまで金利ゼロ!!」でお馴染みの
「超低金利ショッピングクレジット!!」もご利用いただけます。

↓↓詳しくはバナーをクリック!!↓↓


↓↓お電話でのご注文もお気軽にどうぞ!↓↓







〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:07月07日 19時25分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】Leicaと行く北海道旅行 【Leica】ズマールと行く北海道旅行 2018年02月18日
冬の寒さが最も厳しくなる2月。札幌で行われるさっぽろ雪まつりを終着点に設定し、5泊6日の北海道旅行へと行ってきました。 持って行った機材は『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』と『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』の計3点。今回のマップタイムズでは、その中でも『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』の組み合わせで撮影した写真をご紹介いたします。 時期はすこしずれていますが、別のスタッフも最近北海道旅行に行っていたよう...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 2018年02月17日
50mm F0.95 1/125秒 ISO3200 皆様こんにちは! 本日載せるのは、去年私が追いかけていたバンドの定例ライブの最終回(12月開催)です。 11月に行ったライブ風景はコチラ! ボーカルはライブが始まる前にお客さんとオセロで勝負。 ボーカルが黒、お客さんが白。果たして勝敗は…。後程、載せます。 50mm F0.95 1/125秒 ISO2500 ほぼ毎月撮っている場所なので、何となくですがホームに来た感があります。 撮っていて落ち着くと言いますか。 24mm F1.4 1/125秒 ISO5000 今回はズミルック...
続きを読む
null フィルム紹介 『BERGGER Pancro 400』 2018年02月17日
2000年代以降デジタルカメラの台頭によりフィルムの需要が減少し、 フィルムのバリエーションも年を追うごとに少なくなってきています。 しかし最近では、SNSの影響などもありフィルムカメラへの関心が高まっています。 街中でも首からフィルムカメラを下げている方を多く見かけるようになりました。 フィルムカメラの写りの要になってくるのがレンズとフィルムです。 レンズ選びもさることながら、どのフィルムがその撮影に適しているのか、自分好みなのか選ぶことは悩みどころです。 そこでこのブロ...
続きを読む
【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 2018年02月16日
X-T2、X-Pro2に次ぐフジフイルム第3のフラッグシップ機として2018年2月15日に発表された『FUJIFILM X-H1』。中判ミラーレス機GFX 50Sを彷彿とさせる外観と、Xシリーズ初の最大5.5段分のボディ内手ブレ補正機能が搭載された本機の登場に驚かれた方も多いのではないでしょうか。 今回マップタイムズでは、同日に開催された『FUJIFILM Xスペシャルイベント』の様子をお伝えいたします。 開催場所は、港区・赤坂。 事前申込制で先着200名限定のイベントだったので...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 2018年02月16日
50mm F0.95 1/125秒 ISO1600 皆様こんにちは。 最近はよく知人・友人に誘われて撮影に行くことが多いです。 カメラ好きとして、冥利に尽きます。本当にありがたいことです。 横浜の白楽まで行ってきました。 バーの店内で行われたライブです。 今回持っていったのは Leica SL (Typ601)、ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH、ズミルックス M24mm F1.4 ASPHです。 照明の色被りは敢えてほとんど直さず、明るさなどはLightroomで補正しています。 50mm F0.95 1/125秒 ISO4000 今回の撮...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]