SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM F値の違いによる検証 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM


茨城の国営ひたち海浜公園に行ってきました。
使用カメラはCANON EOS 5D MarkⅢです。

シグマのArt標準50mmレンズでF値を変えて撮影すると、どんな風に写るのでしょうか。
今回はF値を変えて、写りにどんな違いがあるのか色々と試してみました。

写真データはPCで編集せず、撮影したそのままのデータで掲載させて頂いてます。
撮影時、ピクチャースタイルでコントラストと彩度高めで設定した写真が多いです。


SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/1600 ISO-100
撮影した時期は10月。
コキアはまだグラデーションカラーでした。
ピントは中央の辺りに合わせています。
F1.4で撮影。Artの特徴的な周辺のボケ味、色味が出ます。
私はこの周辺のボケ味が非常に好みで、ポートレートにもよく使いたくなります。



SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F10 1/125 ISO-100
今度はF10で撮影。
ピントは中央よりやや下のコスモスに合わせています。
周辺のボケがなくなり、すっきりと、引き締まった印象に。
単焦点だといつも開放で撮影することが多かったのですが、ぐっと絞った画も気に入りました。

コキアではアンバーなイメージ。コスモスではすっきり明るいイメージ。
全く異なったイメージなのに、設定を変えるだけでそれぞれのイメージに近付ける素晴らしいレンズ。



SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/5000 ISO-100


SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/1000 ISO-100


SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/1600 ISO-100
この3つは開放での撮影ですが、
やはり太陽の位置によっても周辺の落ち方が違います。
被写体との距離や、被写体と背景との距離を変えて撮影すると、ボケ方も変わります。
それを意識しながら撮影してみると、また楽しいです。



SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F4 1/640 ISO-100
奥の空にピントを合わせての撮影。
コントラスト強め、彩度低めにしたら、絵画のようなイメージに。
夕方、急に天気が暗くなってきて、少し不思議な感じとなりました。



ここからは、同じ画角の写真をそれぞれ絞り値を変えて撮影してみました。



SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/2000 ISO-100

SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F8 1/80 ISO-100




SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/4000 ISO-100

SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F8 1/125 ISO-100




SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/1000 ISO-100

SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F5.6 1/50 ISO-100

いかがでしょうか。
同じ被写体、同じ画角でも、絞り値を変えるとイメージがこれだけ変わります。

シグマのArtシリーズはコストパフォーマンスが非常に良いにも関わらず、
解像度が高く、滑らかで美しいボケ味、特徴的でシャープな描写力。
他者と差をつけるには持ってこいのレンズです。

あとはレンズの特性を知って、被写体のイメージによってF値や距離を変えると、
このレンズの良さを更に引き出せるかもしれません。
色々と検証してみると本当にイメージがガラっと変わるので、皆様も試してみて下さい。



SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F4 1/400 ISO-100
キレッキレの美しいピント。
他では決して出せない、シグマArtならではの力強い描写・色味・キレ味。
ぜひお客様のその手で味わって下さい。


********************

Artシリーズ85mmレンズの作例もあります。
同じシリーズでもボケ味の性質が異なるので、比べてみて下さい↓
SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM ポートレート撮影

********************



↓今回の撮影で使用した機材はコチラ!↓










〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:11月30日 17時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Nikon】超望遠レンズで競馬を撮る 【Nikon】超望遠レンズで競馬を撮る 2017年12月17日
先日、友人に誘われ、川崎競馬場で競馬を撮影する機会に恵まれました。 今まで経験がなかったのですが、友人の助言と自分なりの工夫によって、少しは良いなと思える写真が撮れました。 今回は試行錯誤の思い出とともに、競馬の写真を振り返ります。 この写真はパドックでゆっくりと歩いている馬の表情を捉えたものです。 機材は私が所有しているNikon D5と、友人から借りたAF-S NIKKOR 600mm F4E FL ED VR。 三脚を用意していなかったため手持ちでの撮影です。 とはいえAF-S NIKKOR 600mm F4E F...
続きを読む
null 子供を撮るカメラではなく、子育てで使うお勧めカメラ 2017年12月16日
突然ですが、ただ今、3歳の子供を育てている真っ最中のパパです。 今回は、子育てでこのカメラは紹介せずにはいられないというカメラ SONY Cyber-shot DSC-RX100M5のある機能について紹介したいと思います。 私の両親は離れて暮らしている為、孫の動画となればたとえスマホで撮った動画でもシェアするととても喜んでくれます。 だから送る方も嬉しいし、シェアしてあげたい。 でも、せっかくの成長記録なので、画質の良いカメラで撮りたいと思うのがカメラ好きの本音。 画質の良いカメラで撮...
続きを読む
null 【Panasonic】パナライカと過ごす日常 (茨城編) 2017年12月15日
私生活で絶対に手放せない機材がある。 それは『Panasonic LUMIX DMC-GM5』と『Panasonic LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. 』。 写真下段のコンパクトカメラ『Leica X(Typ113)』と比較すると、その小ささが際立つ。 そして、ミニマムなボディサイズからは想像もつかぬ存在感。 今回の旅の目的は『新鮮な浜焼き』。 このミニマムな組み合わせで茨城県大洗市へ出かけた。 東京から車で走ること2時間。大洗港に到着。 2011年3月11日の震災時には津波の被害を受けたが、 今では津...
続きを読む
Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 【Canon】TS-Eレンズと遊ぶ 2017年12月14日
TS-Eレンズと遊ぶ TS-E17mm F4L TS-E24mm F3.5L Ⅱ TS-Eレンズ・・・ 聞いた事や見た事があっても実際に使って写真を撮ったことがある読者の方は少ないのではないでしょうか。 TS-Eレンズとは、キヤノンがラインアップしているティルト・シフトレンズの名称であり 遠近感とピントの合う範囲をコントロールできる、アオリ機構を搭載したレンズです。 オートフォーカスの機能は無いのでピントは全てマニュアルでフォーカスします。 故に三脚を据えて撮影するのが好ましいレンズです。 筆者は...
続きを読む
null 【Nikon】 本気のFX 58mm ~現代の銘玉で日常にスパイス~ 2017年12月13日
日常にスパイス 02 深まる紅葉も徐々に散ってゆくこの季節。 今年最後の紅葉狩りに、 紅葉撮影の決定版を持ち出してみるのはいかがでしょうか。 今回は、AF-S 58mm F1.4GとD5の組み合わせでお届けします。 まずは絞り込んでパシャリ! 浅瀬から滝つぼの淵へのグラデーションを良く写し取ってくれます。 D5は高感度での性能を重視する設計といわれていますが、 ISO100でもこれだけ豊かな階調表現が可能です。 しばらくあたりを散策していると、あっというまに真っ暗に、 最近は...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]