Nippon kogaku japan 5cm f1.4 の音色 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



Nippon kogaku japan 5cm f1.4 の音色

[ Category:Nikon|掲載日時:2017年12月03日 20時00分]



null
Nippon kogaku japan nikkor-s.c 5cm f1.4 ライカLマウント(写真右)

日本光学工業株式会社(現ニコン)は、戦後の一定期間、他社用にLマウントのレンズを供給していましたが、
自社用Sマウントレンズには無くて、一部のLマウントレンズにしかないものがあります。
古いレンズがお好きな方はピンとくることと思いますが、それは、ピントリングのストッパー機構です。
今回は、少々マニアックですが、このストッパー機構の音色についてです。

null
null

個人的にゾナー型のレンズの写りが大好きで、5cm f1.4のこのレンズを愛用しているのですが、
写真を撮る際に、このストッパーが煩わしくもあり、この優しい感触が楽しくもあります。
だいぶ使い込まれた個体であるため経年変化で優しい感触になっているのかもしれませんが、
このストッパーの定位置に戻す際の音も佳いのです。

このストッパー機構、ライカのズマリット50mm F1.5などにもあるですが、ノブに指を当てて戻す際は、
ライカが精密感ある「カチン」という高く響くような乾いた音色に対して、
ニッコールは「カチッ」という、やや低くやわらかい優しい音色。
ライカ同様、精密感溢れる感触や音だろうと思い込んでいただけに、このニコンの優しさは意外でした。

null
ストッパーにノブが固定されている状態

null
ストッパーからノブが解除された状態

個体ごとの製造年数はわかりませんが、1951年から製造されていた為、初期ロットであれば70年近い年月が流れていることになります。
このレンズが新品として売られていた時、どんな音色を響かせていたのでしょうか。
もっと精密感ある音色だったのか、それとも当初から優しい音色だったのか、今となっては確かめる術もありません。

凛と空気が張り詰める冬の夜、クラシックレンズの描写だけではなく、その音に耳を傾けてみてください。
レンズそのものが駆け抜けてきた時代に想いを馳せるのも、またひとつのレンズの楽しみです。

もちろん描写そのものも、3群7枚のクラシックゾナーらしい、開放ではとても雰囲気のある描写をしますので、
撮影でも楽しめるのは間違いありません。

null
Voigtlander BESSA R3A, Nippon kogaku japan nikkor-s.c 5cm f1.4(L)

null
Sony α7, Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター,
Nippon kogaku japan nikkor-s.c 5cm f1.4(L)

※さらに初期のロットには、Nippon kogaku Tokyo銘のレンズが存在しますが、筆者は未だ実物に巡り会えた事がありません。
※音の感じ方には個人差がありますので、ご了承ください。また、ピントリングを掴んで戻すと音色の印象は変わります。
※当店では、同レンズの商品名を Nikon (ニコン) NIKKOR-S.C (L) 50mm F1.4と表記しております。







〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓





[ Category:Nikon|掲載日時:2017年12月03日 20時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 2018年05月22日
5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。 カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。 ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。 それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては… そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。 「二眼...
続きを読む
【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む
【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 2018年05月21日
皆様こんにちは。 今回はLeicaのプレミアムモデル「Leica M-P(Typ240) チタンセット」をご紹介! 2016年に世界限定333台で発売された数少ないレアモデル! 通常モデルはカメラボディに真鍮を使っていますが、当モデルはその名の通りチタンを使用! 軽くて頑丈な金属として近年注目を浴びている素材で、通常モデルのM-P(Typ240)よりも90gほど軽量化が図られています。 気になるセット内容は… ・Leica M-P(Typ240) ・ズミクロン M28mm F2 ASPH ・アポズミクロン M50mm F2 ASPH レンズはチタンアル...
続きを読む
null 【RICOH】 GR II 原宿 2018年05月20日
先日ぶらりと原宿に行ってきました。 こんな時は、名スナップシューターRICOH GR IIの出番です。 早速、写真をご紹介。 GRII、本当によく写ります。 ここで、使っていてのお気に入りのポイントベスト4を発表します! その1 レンズ先端から10cmまで寄れるマクロモードがお気に入りです。 カメラひとつでスナップを撮っていると、寄って撮りたくなる時があります。 そんなとき、このマクロモードでクローズアップできると撮影の幅がぐんと広がります。 ...
続きを読む
null 【SONY】 α7RIIIでプロレスの写真を撮る。 2018年05月19日
本日はプロレスの写真撮影に再挑戦する為に「SONY α7RIII + FE 70-300mm F4.5-5.6 G」を携えて格闘技の聖地「後楽園ホール」に再びやって参りました。 今回もリングに最も近い最前列での観戦です。 この日の試合はお昼からのスタートでしたが、第一試合から白熱する闘いが繰り広げられました。 選手達の熱い表情を「FE 70-300mm」が鮮明に捉えてくれます。 「α7RIII + FE 70-300mm」の組み合わせならば最前列からでもリング中央での熱戦をいとも簡単に撮影する事が可能です。 「...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]