Select Language



オールドレンズで子供を撮ろう

[ Category:etc.|掲載日時:2018年01月05日 17時25分]


null
レンズ:Leica SUMMICRON 5cm F2 (L39 沈胴アンダーミリオン)
カメラ:SONY α7


我が家には4歳の息子と2歳の娘がいます。

私自身、カメラ好きなパパと思っているのですが、家には“ある物”がありません。

それは、子供撮りに必要不可欠とも言える“ズームレンズ”と“AFレンズ”。

今回はちょっと偏った趣味のパパが撮る『オールドレンズで子供を撮ろう』をご紹介いたします。


null
レンズ:Leica SUMMICRON 5cm F2 (L39 沈胴アンダーミリオン)
カメラ:SONY α7


黄色ガラスとちょっと曇りのある沈胴ズミクロンはお気に入りの一本。
光を入れるとふわっと広がるフレアがたまりません。


null
レンズ:CarlZeiss Sonnar 5cm F1.5 (西ドイツ製・後期:CarlZeiss刻印)
カメラ:SONY α7


null
レンズ:CarlZeiss Sonnar 5cm F1.5 (西ドイツ製・後期:CarlZeiss刻印)
カメラ:SONY α7


null
レンズ:CarlZeiss Sonnar 5cm F1.5 (西ドイツ製・後期:CarlZeiss刻印)
カメラ:SONY α7


Contax CマウントのレンズをKievヘリコイドを改造したMマウントアダプターに
VM-E クローズフォーカスアダプターの合わせ技で使用しています。


開放は少し暴れますが、F2に絞ると途端に扱いやすくなるレンズ。
発色の良さとコントラストはさすがツァイスと思わせる描写です。


null
レンズ:ロシアレンズ HELIOS-103 53mm F1.8 (アーセナル製・Kievマウント)
カメラ:SONY α7


M42のぐるぐるボケレンズとしておなじみのHELIOS。
私が持っているのはContax C互換のKievマウントのレンズになります。

レンズ構成は他のHELIOSと同じ4群6枚のBiotarタイプ。
中央解像力と発色の良さは源流と言えるツァイスにも引けを取らない実力を持った1本です。


null
レンズ:ロシアレンズ Jupiter-12 35mm F2.8(アーセナル製・Kievマウント)
カメラ:SONY α7


null
レンズ:ロシアレンズ Jupiter-12 35mm F2.8(アーセナル製・Kievマウント)
カメラ:SONY α7


ロシアレンズの中でも「良く写る」として知られるJupiter-12。

Biogonベースということもあって後玉がシャッター幕ギリギリまでせり出しているのが特徴です。
(カメラによっては装着不可なので注意が必要です)

ロシアレンズ全般に言える逆光の弱さはご愛嬌。条件がハマれば現代のレンズにも引けを取らない描写力を持っています。



いかがでしたでしょうか?現代のレンズやエフェクト機能では味わえない独特の描写が魅力のオールドレンズ達。

私はこの“曖昧さ”が写真らしいと感じるので愛用しています。

あとは、将来子供に写真を見せた時「なんでお父さんの写真はこんなのばっかりなの!?」と怒られないか少し心配です。







〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年01月05日 17時25分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

お気に入りの撮影地 お気に入りの撮影地 2018年05月25日
5月も半ばが過ぎ、夏のような暑い日が続くようになりました。 気温が高いということは、南から暖かい風が吹いているということ。そんな時期になると毎年決まって行きたくなる場所があります。 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR JR京浜東北線の大森駅から路線バスに乗り、東京湾の人工島へ。訪れたのは大田区の城南島海浜公園です。 海に面した部分が砂浜になっており、この時期は潮干狩りを楽しむこともできま...
続きを読む
EOS5D MarkⅣ+EF14mm F2.8L Ⅱ USM 【Canon】超広角単焦点レンズの世界へ 2018年05月24日
筆者は時々レンズを衝動買いすることがります。 今回は「広角単焦点レンズ」を求め、 キヤノンのEF14mm F2.8L Ⅱ USMを購入しました。 今まで汎用性の高い画角を好んできた筆者にとっては初めての領域です。 しかし、こんなレンズこそ何か特別なものを撮ることができます。 このレンズは水平方向104°を写すことが可能な広角単焦点レンズで、 キヤノンLレンズのラインアップの中では最も広角といえる単焦点レンズです。 Ⅱ型とはいえ発売は2007年9月で現行レンズとしてはやや古いことから、 新品価格に...
続きを読む
ユカイハンズ企画展#007 『塩川雄也 写真集『OASIS』出版記念展』 写真展のご案内 〜 ユカイハンズ企画展#007 『塩川雄也 写真集『OASIS』出版記念展』 2018年05月24日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは ユカイハンズ企画展#007 - 塩川雄也 写真集『OASIS』出版記念展 -です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー ~第二部~ ~第二部~ G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー 2018年05月23日
第一部の講義を終え、いよいよポートレート撮影が始まります! 今回お招きしたモデルさんは成田 彩美さん。長時間たくさんのカメラに囲まれつつも、最後まで素敵な笑顔を見せてくれました。 G9 PROによるポートレート撮影を行うために用意したLEICA DGレンズラインナップは以下の通り。5月24日発売の新製品『LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.』も先行で試すことができました。 LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 A...
続きを読む
G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー ~第一部~ ~第一部~ G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー 2018年05月23日
2018年5月19日(土)マップカメラからほど近い新宿ファーストウエストビルにて『Panasonic LUMIX G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー』を開催いたしました。 講師にお招きした上田 晃司氏には以前にも何度かマップカメラのイベントに出演していただいておりますが、今回はパナソニックの静止画のフラッグシップ機である『LUMIX DC-G9 PRO』でポートレート撮影をする際のテクニックをご教示いただきます。 マップカメラでは様々なセミナーを開催してお...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]