【PENTAX】アプトの道をゆく FA31mm » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/60s f/2.8 ISO1600)

信越本線の横川駅 - 軽井沢駅間旧線は1963年に廃止されてから時間が経っていますが、
山深い場所に今も鉄道遺構が残っており、一部は「アプトの道」としてしっかり整備されています。

今回はSONY α7IIにPENTAX FA31mm Limited, Sonnar T* FE 55mmを携えてお散歩して参りました。
どちらも納得の描写にも関わらず細身で携帯するのが嫌になりません。


SONY α7II + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
SONY α7II + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA (1/100s f/1.8 ISO100)

隧道の入り口にて。何か取り付けてあったのでしょうか。
苔のついた煉瓦が時間の経過を感じさせます。


SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/60s f/1.8 ISO640)


SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/60s f/1.8 ISO1600)

横川方面より歩くと、このような煉瓦積みの隧道がメガネ橋まで5本続きます。


SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/60s f/1.8 ISO640)

現代のコンクリート造りのトンネルも悪くありませんが、
煉瓦造りは雰囲気があって非日常を感じます。


SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/60s f/1.8 ISO1250)


SONY α7II + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
SONY α7II + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA (1/2000s f/3.2 ISO100)


SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/320s f/5.6 ISO100)

5号隧道を抜けると碓氷第三橋梁 通称「メガネ橋」と呼ばれています。1893年(明治26年)に竣工とのこと。
歴史的経緯は深く存じませんが、前後の隧道も含めて100年以上経っています。
後から作られた橋や隧道が廃道になりあっという間に自然に還るケースを考えると、凄いことなのではと思います。


SONY α7II + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
SONY α7II + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA (1/400s f/5.6 ISO100)


SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/320s f/5.6 ISO100)

他社に無い31mmという画角。絶妙で気に入っています。
35mmのようにちょっと狭いかなと思う事もなければ
28mmのようにパースを感じる事もあまりなく。
開放F1.8の明るさもあって、様々なシチュエーションで活躍します。


SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/60s f/2.8 ISO2500)

橋を渡りきると、また隧道が続いているのでした。
今回はここらへんで折り返しです。

個性派が揃うペンタックスレンズもα7シリーズなら
35mmフルフレームの画角で軽快にお使い頂けます。
機会があれば、往年のFA☆シリーズも試してみたいと思うこの頃です。
ペンタックスボディ同様に7II系であればボディ内に手振れ補正を内蔵。
今回の様な薄暗いシチュエーションでも躊躇なく撮影に臨めます。



せっかく買うなら新品で。こちらよりご購入頂けます。



気兼ねなく使いたいから中古品で。
良品・並品のFA31mmは新品との値段差が大きくお買い得です!









〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓




[ Category:Pentax Ricoh|掲載日時:01月08日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 2018年02月17日
50mm F0.95 1/125秒 ISO3200 皆様こんにちは! 本日載せるのは、去年私が追いかけていたバンドの定例ライブの最終回(12月開催)です。 11月に行ったライブ風景はコチラ! ボーカルはライブが始まる前にお客さんとオセロで勝負。 ボーカルが黒、お客さんが白。果たして勝敗は…。後程、載せます。 50mm F0.95 1/125秒 ISO2500 ほぼ毎月撮っている場所なので、何となくですがホームに来た感があります。 撮っていて落ち着くと言いますか。 24mm F1.4 1/125秒 ISO5000 今回はズミルック...
続きを読む
null フィルム紹介 『BERGGER Pancro 400』 2018年02月17日
2000年代以降デジタルカメラの台頭によりフィルムの需要が減少し、 フィルムのバリエーションも年を追うごとに少なくなってきています。 しかし最近では、SNSの影響などもありフィルムカメラへの関心が高まっています。 街中でも首からフィルムカメラを下げている方を多く見かけるようになりました。 フィルムカメラの写りの要になってくるのがレンズとフィルムです。 レンズ選びもさることながら、どのフィルムがその撮影に適しているのか、自分好みなのか選ぶことは悩みどころです。 そこでこのブロ...
続きを読む
【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 2018年02月16日
X-T2、X-Pro2に次ぐフジフイルム第3のフラッグシップ機として2018年2月15日に発表された『FUJIFILM X-H1』。中判ミラーレス機GFX 50Sを彷彿とさせる外観と、Xシリーズ初の最大5.5段分のボディ内手ブレ補正機能が搭載された本機の登場に驚かれた方も多いのではないでしょうか。 今回マップタイムズでは、同日に開催された『FUJIFILM Xスペシャルイベント』の様子をお伝えいたします。 開催場所は、港区・赤坂。 事前申込制で先着200名限定のイベントだったので...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 2018年02月16日
50mm F0.95 1/125秒 ISO1600 皆様こんにちは。 最近はよく知人・友人に誘われて撮影に行くことが多いです。 カメラ好きとして、冥利に尽きます。本当にありがたいことです。 横浜の白楽まで行ってきました。 バーの店内で行われたライブです。 今回持っていったのは Leica SL (Typ601)、ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH、ズミルックス M24mm F1.4 ASPHです。 照明の色被りは敢えてほとんど直さず、明るさなどはLightroomで補正しています。 50mm F0.95 1/125秒 ISO4000 今回の撮...
続きを読む
【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 先行展示中! 【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 先行展示中! 2018年02月16日
【FUJIFILM X-H1 先行展示実施中】 フジフイルムの大型新製品 X-H1が発表されました。 ただいまマップカメラ本館3階では、X-H1の発売に先駆けて先行展示を行っております。 X-H1はX-Pro2、X-T2に続くフジフイルム第三のフラッグシップ機種になります。 最先端の技術を次々と取り入れXシリーズは進化し続けています。 さらにカメラとして使ってみたいと心を揺さぶる機能美やデザインが要求されます。 濃厚な雰囲気を漂わせ、その喜びを満たしてくれる第三のフラッグシップモデル! 究極の表現力を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]