愛犬と向き合おう » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





愛犬と向き合おう


Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8D + Nikon D200
焦点距離50mm(35mm判換算75mm),SS 1/125,F4.0,ISO 400


鏡開きも過ぎた今日この頃。
筆者にとっては、本日がお客様への年頭挨拶でございます。
皆様の期待に応えるべく精進してまいりますので、
本年もよろしくお願いいたします。

皆様ご存じのことと思いますが、今年は戌年です。
カメラ好きな方なら脳裏によみがえることでしょう。
「Nikon New FM2/T 戌」がリリースされた、あの戌年です。
24年前のリリースと聞くと、何ともいえない衝撃が走ります。

さて、マップカメラでは戌年を記念して、「愛犬撮影におすすめカメラ」という特集を実施しています。
皆様にとっての最高の1枚をアシストすべく、使い勝手の良い機能や撮影上のポイントを掲載しています。

愛犬を可愛く撮ろう!

今回はこの特集にあやかり、愛犬の表情を撮るのに最適な「中望遠」レンズをご紹介いたします。


愛犬撮影の鉄則
~撮影場面のイメージ~


お客様より「愛犬撮影におすすめのレンズは?」というご相談を多数いただきます。

端的に申しますと、明確な答えは存在しないのです。
愛犬と飼主の距離、画面上に占める愛犬の大きさ、そしてレンズの選択肢など、
様々な要素によって最適解が都度変化することが理由です。

レンズに話を絞ってみましょう。
たとえば広角レンズ。名前の通り、広い範囲を撮影できるレンズです。
「大半のスマートフォンで採用されているレンズ」といえば、ピンとくる方は多いはず。
顔にグッと近づけて撮ると、顔は大きく胴体は小さく、遠近感の強調された写真を撮ることができます。
広角レンズと対照的存在になる望遠レンズも、選択肢として挙げられます。
愛犬との距離があっても望遠レンズを使用すれば、画面いっぱいに愛犬の姿を写すことができます。
ドッグランなどのシーンにおいて愛犬の雄姿を収めるのなら、大活躍間違いなしでしょう。

まずは愛犬をどのように撮影したいのか、イメージを明確にしてみましょう。


愛犬の表情を撮るには
~人物写真の王道「中望遠」がおすすめ~


Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8D + Nikon D200
焦点距離50mm(35mm判換算75mm),SS 1/125,F4.0,ISO 400


愛犬の仕草や表情は、いつどこで見ても心を和ませてくれます。
その姿を撮影するにあたって、筆者は「中望遠」と呼ばれるレンズを多用していました。
少々機材知識の話となりますが、レンズスペックで耳にすることが多い「焦点距離:○○mm」という数字が、
一般的に70~90あたりのものを指しています。人物写真のポートレート撮影ではお馴染みの存在です。
広角レンズ特有の遠近感や歪みが発生せず、かつ望遠レンズほど撮影対象との距離を取らずに済む中望遠レンズ。
モデルとの意思疎通を取りやすいことから、「中望遠=ポートレート」という構図が生まれたようです。
筆者はこの構図を丸ごと利用して、愛犬の表情を正攻法で撮影していました。



私が撮りたかったもの
~辿り着いたポートレート~


Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8D + Nikon D200
焦点距離50mm(35mm判換算75mm),SS 1/80,F2.8,ISO 640


筆者は10代の頃、ゴールデンレトリバーと一緒に生活をしていました。
熟れるまで待っておいたバナナを、留守中に皮ごと食べられた衝撃は、
今でも鮮明に思い出してしまいます。「皮、食べるんだ…」って。
絶対取られないと踏んで棚の上に置いても、
彼らは人間の行動をしっかりと観察しているようです。

とはいえ、可愛くて可愛くて仕方がない大切な家族です。
お手頃価格の単焦点レンズ「Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8D」を
Nikon D200と組み合わせて、即席の中望遠レンズとしてシャッターを切っていました。
愛犬が寝そべっているときには、自らも這いつくばり目線を合わせてみたり…
今思えば、わが子の成長を記録する気分で、撮影に没頭していました。


時は流れ、10年前の写真を振り返る今日この頃。
最近は可動式モニター搭載のカメラが増え、より楽に撮影できるようになってきました。
カメラの進化と歩調を合わせるように、レンズも考えられないほどの高性能化を果たしています。

最新の機材を組み合わせて、愛犬の「今」を記録してみてはいかがでしょうか。



期間限定キャンペーン!
犬写真投稿で、もれなく500pt贈呈中!

 
OLYMPUS PEN E-P3+M.ZUIKO 14-42mm F3.5-5.6R II
焦点距離41mm(35mm判換算82mm),SS 1/100,F5.6,ISO 500


現在マップカメラでは「コミュレビ犬賞」を実施しております。

愛犬とともに「犬」賞をもらおう!

「大賞」ではございません。「」賞です。
1月31日までの期間内に、機材レビューと愛犬写真を投稿してくださったお客様に、
当店で利用可能なSyuppinポイント500円分を、もれなく差し上げております。
ぜひ、可愛い愛犬の写真と一緒に、お使いのカメラやレンズのレビューをご投稿ください。
皆様のレビューを読んだことで、愛犬撮影家が増えるかもしれません!
戌年の本年を、皆様と盛り上げていけたら幸いです。

ビバ、戌年!


おすすめ中望遠レンズ


今回、写真撮影に使用したメーカーはニコン。
最大手のキヤノン、急成長中のソニーなどと同じく、
高級ラインからお手頃価格のレンズまで、予算に応じて選べるのが嬉しいところです。
加えて近年は、「サードパーティー」と呼ばれる
レンズ専業メーカーの躍進もあり、市場はまさに戦国時代。
ぜひ、お客様の特別な一本をお求めください。



サードパーティーの躍進目覚ましい今日この頃。
究極の描写力を実現したSIGMA Artシリーズ、
レンズ内に強力な手振れ補正機構を搭載したTAMRON SPシリーズなど、
個性的なレンズも揃っております。


いざというときに助かる!
防汚加工フィルター!


愛犬を撮影しようとカメラを向けたら、光り輝く鼻がレンズに…
すぐに清掃すれば済むのですが、面倒で後回しにしていると汚れが固着してしまい、
余計に時間がかかってしまうものです。
大前提として、デリケートなレンズ表面は、可能な限り手を触れたくないというのが率直なところでしょう。
この悩みを一挙に解決するのが「防汚」加工の施されたフィルターです!
汚れが付着しても、楽々と清掃できます。
何よりレンズ先端に付けておくことで、レンズへの直接的なダメージを防げる点がありがたいです。

こちらのアイテムは、レンズによってフィルターサイズ(口径)が異なります。
お求めの際は、お手持ちのレンズのフィルター口径をご確認ください。




〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:01月13日 11時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Ring color of Zeiss】Touit 50mm F2.8 ~ Zeiss Lens Taste 04 ~ 【Ring color of Zeiss】Touit 50mm F2.8 ~ Zeiss Lens Taste 04 ~ 2018年01月24日
【Ring color of Zeiss】 青いリングに込められた想いは・・・ 青いリングがもたらす力は、優雅に羽ばたく鳥である。 青いリングでツァイスレンズの神話がよみがえり、 青いリングがツァイスレンズの宇宙を鮮明にする。 青いリングと共に旅立ちの時、 いま、最後の列車が動き出す・・・リングカラー・オブ・トゥイート。 Zeiss Lens Taste 04【花の力】 花と光の楽園!足利フラワーパーク! 今となっては、とても有名な栃木県足利市にある花の公園! 今回はマクロレンズで...
続きを読む
null 【Leica】”ルックス”重視で決めるレンズ選び。 2018年01月23日
「ファッションとは、前を向く事」 ファッション雑誌アメリカ版「ヴォーグ」の編集長アナ・ウィンターの言葉です。 いろいろな意味を含んでいると思います。 そのひとつとして、 好きなものを身につけること、 欲しかったものを手に入れること、 それによってきっと人は気持ちが前向きになるのではないかと思います。 カメラや交換レンズにおいても同じことが言えるのではないでしょうか? しかしその選択肢によっては、 その数の多さでなかなか決めることが出来ない場合もあると思い...
続きを読む
null Panasonic G9 PRO 改めてその魅力に迫ります 2018年01月22日
ミラーレス市場を最前線で率いてきたパナソニック G1発売から10周年という記念すべき節目に投入されたのが スチル向けフラッグシップモデル G9 PROです。 今までの機種とは一線を画する本機 店頭スタッフも唸るスペックとこだわりが感じられます。 発売日まで残り3日と迫った本機の魅力を、改めてご紹介いたします。 -パナソニック史上最高の表現力- G9 PROは写真撮影でもっとも重要な要素のひとつである色作りを一新。 まるで生きているかのような、生命力が伝わってくる質感と色合い...
続きを読む
写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 2018年01月22日
渡辺 浩徳氏 1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業 20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。 現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。 焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス 小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困難...
続きを読む
null 【Voigtlander】潮風に吹かれて。HELIAR 40mm F2.8 VM 2018年01月22日
潮風を浴びたくて横濱に来た。 手の中には「SONY α7II」と「Voigtlander VM-E Close Focus Adapter」越しに付けた 「Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 」 設定はモノクローム。余計な事は考えないでシャッターを切った。 欄干には手袋一つ。 道端で落ちている手袋は、何故だかいつも片方だけだ。 相棒を失った手袋が再び再会出来る確率はどれぐらいなのだろうか。 光の中で。 男女の声はこちらまで届かない。静かに時間だけが流れている。 暖房の効いた大桟橋の中で、二人...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]