Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト » LEICA M Monochrom 
Select Language



LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2 絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/45秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2



希望的なものも含め、ライカがモノクローム専用のカメラを企画しているという噂を聴いた時は、そんな素晴らしいカメラが出来るならぜひ使ってみたいと思ったものでしたが、それがこんなも早く実現するとは夢にも思いませんでした。 『ライカ Mモノクローム』、モノクロームに最適化され輝度情報のみを着実に捉える35mmフルサイズセンサーと、数多くの名作写真を生み出してきたライカM型とのマッチング。

モノクロームを愛する皆様、お待たせ致しました。ライカから「正真正銘の」モノクロームの贈り物です。




LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2 絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2

RAWデータを展開した時に、まず感じるのはその途方も無いデータ量です。高輝度部ももちろんですが、暗部のデータ量は驚くべきもので明度を持ち上げていくと隠れていたディテールが様々に浮かび上がってきます。『APO-Summicron』の実力はシャンデリアの金属部の重厚な輝きに見取って頂けると思います。



LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2 絞り:F4.5/ シャッタースピード:1/90秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2


RAWデータを展開した情報を見ていると、どの部分を残すかで写真の印象が大きく変わる事が分かります。全てを残す事が出来る反面、どの部分のデータを飛ばしてしまうかが作者に委ねられていると言えるでしょう。まさにモノクロームネガの持つ情報量の多さに似て、どのコントラストで、どこを焼き込むか。大いなる可能性を保持してくれるカメラです。




LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2





LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2 絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/350秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2

立体感と、存在感のある画です。カーテンの肌理まで解像するその描写力にはただただ圧倒されます。色を捨てた事によるアドバンテージの大きさを感じずにはいられません。これで手のひらサイズ、高機動なM型ライカのパッケージングなのですから素晴らしい。



LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2 絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2

アポクロマート仕様のズミクロンも更に尖鋭度が増し、シャープネスが上がった様です。これだけピントの立ちが良いのはアポクロマート仕様の恩恵でしょう。開放でこの描写、そして立体感なのですから、「Mレンズの中でも卓越したレンズ」というライカ社の談も納得の性能です。



LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2 絞り:F2.5/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Hektor 50mm/f2.5

もちろんオールドレンズとの相性も気になるところ。ライカLマウントの『ヘクトール 50mm/f2.5』。80年近く前のレンズもまだまだ現役で活躍するのがライカのすごい所です。描写も『APO-Summicron』とはうってかわってソフト。収差の多いながらピントは精緻なオールドレンズならではの写りも、『ライカ Mモノクローム』はしっかり受け止めてくれました。



LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2 絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/350秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2

金属質な文字の、エッジの鋭い感覚。手触りを感じさせる質感描写と、そこにあるような立体感。圧倒されてしまいます。




LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2 絞り:F2.5/ シャッタースピード:1/750秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Hektor 50mm/f2.5

暗い中にひらめく一条の光。周りのトーンを残しつつ、柔らかく暗部の中に被写体を沈めていくこういった描写が出来るのも、『ライカ Mモノクローム』の実力があってこそ。 このポテンシャルの高さは、撮り手の世界観にしっかりついてきてくれる事でしょう。






デザインは極力シンプルに。素っ気ないほどのその佇まいは、逆にその実力の高さを伺わせます。外装で新しくなったレザーはかなりグリップが良く、取り回しの良い仕上がりでした。

このサイズであの実力。まさに唯一無二のカメラと言って良いでしょう。
ライカモノクロームの結晶。あなたは何を描きますか?

>>同時発表のAPO-Summicronの試写レポートはこちら



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら


ボディカテゴリートップへ戻る" KasyapaforLEICAトップへ戻る"






カテゴリー:Leica Body  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

null Leica Summicron M35mm F2 ASPH. 5th 2017年09月12日
絞り:F4/ シャッタースピード:1/90秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA M (Typ240) + Summicron M35mm F2 ASPH. (5th) もしこれからライカの始める方に「初めに買っておくべきレンズは?」と質問されたら、私はこのレンズを推薦すると思う。『ズミクロン M35mm F2 ASPH.』、被写体との距離を意識すれば広角寄りにも標準寄りにも写真を見せられる画角と、開放F2の安定感のある描写、そしてコンパクトで主張しすぎない大きさはスナップ...
続きを読む
Leica TL2 Leica TL2 2017年07月20日
絞り:F5/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica TL2 + ズミクロン TL23mm F2.0 ASPH. 他に類を見ない独創的かつスタイリッシュなデザインが目を引くライカTLシステムから、新たに『Leica TL2』が発表されました。 2014年に基盤となる『T(Typ701)』が発売され、2016年にはマイナーチェンジモデルである『TL』が発売されたライカTLシステム。TからTLではほとんど変化がありませんでしたが、今...
続きを読む
Leica Price Guide Leica Price Guide 2017年07月04日
 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2017年7月4日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む
ライカM10 インタビュー【後編】 ライカM10 インタビュー【後編】 2017年02月06日
最新機種のライカM10が発売されたのに、このような質問で恐縮なのですが、今なお、CCDセンサー機の新型Mデジタルの登場を待ち続ける人は多いように思います。 今後CCDセンサーを搭載した製品が登場する可能性はあるのでしょうか?また、そうした方々にライカM10の魅力を訴えかけるならば、どのような製品の特徴がありますか? 新型のCCDセンサーを搭載したカメラは今のところ予定し...
続きを読む
ライカM10 インタビュー【前編】 ライカM10 インタビュー【前編】 2017年02月06日
  ついに登場したM型ライカの最新モデル『ライカM10』。通常のデジタルカメラならば新しい機能を追加するのが『進化』かもしれませんが、ライカM10は純粋に写真を撮影するカメラとして、動画機能を無くし、ボタンの数も減らし、よりシンプルで直感的に操作できるカメラへと生まれ変わりました。そして一番のポイントと言っていいのがボディのサイズ感。“ドリームサイズ”と呼ばれていたM型フィルム機とほぼ同じ厚みを実現した事により、手にピタリとフィットする『理想のMデジ...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]