Select Language


M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph. 絞り:F5.7 シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 使用レンズ:M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph.


Leicaの単焦点レンズには同一の焦点距離でも様々な開放値のレンズが存在しています。この21mmという焦点距離にも、現行商品ではこれより更に明るいSummilux21mmという開放F1.4の弩級超広角レンズが存在しています。もちろんプライスも飛びぬけていますが…では暗いレンズは廉価版なだけなのか。その答え、実際に写真を見ていただければと思います。滑らかなトーン、前ボケ、後ろボケともに柔らかくどことなしに湿度を感じさせる美しい描写です。廉価版か否か、その答えはもちろん"No"でしょう。



M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph. 絞り:F8/ シャッタースピード:1/90秒 / ISO:160 / 使用レンズ:M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph.

特に金属の連続する階調や、滑らかなトーンが続いている被写体は得意なレンズのようです。描写も緻密で、破綻の無いのはさすがはLeica。



M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph. 絞り:F8/ シャッタースピード:1/180秒 / ISO:160 / 使用レンズ:M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph.




M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph. 絞り:F8/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:800 / 使用レンズ:M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph.




M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph. 絞り:F5.7/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:250 / 使用レンズ:M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph.

個々の素材の質感や、陰影の描写もじっくりと映し出す、迫力の描写です。強烈なボケなどで画が形作られるのではなく、細部、細部を突き詰めるような描写は素晴らしいものです。モノクロームでコントラストを強く出しても、画面全域に渡って破綻無く、描き出しすぎる程の描写力。画面の端々に写りこむ被写体もしっかりと存在感を持ち、軽量な事もあいまってスナップにも申し分ない相棒になってくれそうです。




M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph. 絞り:F4.8/ シャッタースピード:1/45秒 / ISO:800 / 使用レンズ:M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph.




M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph. 絞り:F8/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph.




M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph. 絞り:F8/ シャッタースピード:1/90秒 / ISO:500 / 使用レンズ:M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph.




M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph. 絞り:F6.7/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:320 / 使用レンズ:M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph.

後ろボケがイビツなのは、流し撮りのブレの為。広角レンズでの街撮りはなかなか楽しく、ついつい撮影枚数がかさんでしまいます。開放のF値も実際使用する上では何ら制約無く、気持ちの良い撮影が可能でした。描写はこれだけ撮影しても、何ら破綻をきたさない優秀さ。これだけしっかりした画を創ってくれれば、撮影やプリント段階で少々手荒な事をしても、十分なクォリティを確保してくれます。スペックだけでは測れない良いレンズ、オススメの1本です。



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

お買い物はこちら

レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




Leicalens-Report.


カテゴリー:Elmar  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

タンバール M90mm F2.2 LEICA THAMBAR M90mm F2.2 2018年05月04日
絞り:F2.2/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA M10 + タンバール M90mm F2.2 LEICA THAMBAR-M 90mm F2.2 ライカには過去に発売された様々な銘玉が存在するが、まさかこの伝説的なソフトフォーカスレンズがリメイクされ登場するとは思いもしなかった。今回は約80年の時を超えて復活した“最新”のタンバール、『タンバール M90mm F2.2 』をご紹介しよう。 2016年に60年...
続きを読む
Leica Price Guide Leica Price Guide 2018年04月23日
 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2018年4月21日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む
null LEICA NOCTILUX M75mm F1.25 ASPH. 2018年04月06日
絞り:F2/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA M10 + ノクティルックス M75mm F1.25 ASPH. LEICA NOCTILUX-M 75mm F1.25 ASPH. ライカレンズの中でも特別な存在と言えるノクティルックス。初代のF1.2から現行のF0.95まで50mmレンズとして存在してきたが、新たに75mmという焦点距離が加わった。今回はその新レンズ『ノクティルックス M75mm F1.25 ASPH.』の実力に迫る。 ...
続きを読む
null LEICA APO-SUMMICRON SL 75mm / 90mm F2 ASPH. 2018年03月30日
絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:400/ 使用機材:LEICA SL (Typ601) + アポズミクロン SL75mm F2.0 ASPH. LEICA APO-SUMMICRON SL 75mm / 90mm F2 ASPH. ライカの新たなプロ用カメラとして登場したSL。一眼レフとミラーレスの良いところを組み合わせたようなカメラで、撮影に最も重要とも言えるEVFファインダーは440万画素という他の最新機種を寄せ付けない孤高のスペックを誇るミラーレ...
続きを読む
null ライカSL 新レンズ説明会レポート 2018年02月02日
LEICA SL 75mm / 90mm 製品説明会 Report 2018年1月26日、東京・中央区にあるスタジオにて、ライカより発表・発売された新レンズ『アポズミクロン SL75mm F2.0 ASPH.』と『アポズミクロン SL90mm F2.0 ASPH.』の製品説明会が行なわれました。今回は実機を使用するプログラムも用意されており、実際に撮影した写真も交えてレポートしたいと思います。 ...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]