Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト » Super-Elmar 21mm/f3.4 
Select Language


M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph. 絞り:F5.7 シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 使用レンズ:M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph.


Leicaの単焦点レンズには同一の焦点距離でも様々な開放値のレンズが存在しています。この21mmという焦点距離にも、現行商品ではこれより更に明るいSummilux21mmという開放F1.4の弩級超広角レンズが存在しています。もちろんプライスも飛びぬけていますが…では暗いレンズは廉価版なだけなのか。その答え、実際に写真を見ていただければと思います。滑らかなトーン、前ボケ、後ろボケともに柔らかくどことなしに湿度を感じさせる美しい描写です。廉価版か否か、その答えはもちろん"No"でしょう。



M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph. 絞り:F8/ シャッタースピード:1/90秒 / ISO:160 / 使用レンズ:M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph.

特に金属の連続する階調や、滑らかなトーンが続いている被写体は得意なレンズのようです。描写も緻密で、破綻の無いのはさすがはLeica。



M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph. 絞り:F8/ シャッタースピード:1/180秒 / ISO:160 / 使用レンズ:M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph.




M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph. 絞り:F8/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:800 / 使用レンズ:M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph.




M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph. 絞り:F5.7/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:250 / 使用レンズ:M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph.

個々の素材の質感や、陰影の描写もじっくりと映し出す、迫力の描写です。強烈なボケなどで画が形作られるのではなく、細部、細部を突き詰めるような描写は素晴らしいものです。モノクロームでコントラストを強く出しても、画面全域に渡って破綻無く、描き出しすぎる程の描写力。画面の端々に写りこむ被写体もしっかりと存在感を持ち、軽量な事もあいまってスナップにも申し分ない相棒になってくれそうです。




M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph. 絞り:F4.8/ シャッタースピード:1/45秒 / ISO:800 / 使用レンズ:M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph.




M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph. 絞り:F8/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph.




M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph. 絞り:F8/ シャッタースピード:1/90秒 / ISO:500 / 使用レンズ:M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph.




M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph. 絞り:F6.7/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:320 / 使用レンズ:M9-P + Super-Elmar21mm f3.4 asph.

後ろボケがイビツなのは、流し撮りのブレの為。広角レンズでの街撮りはなかなか楽しく、ついつい撮影枚数がかさんでしまいます。開放のF値も実際使用する上では何ら制約無く、気持ちの良い撮影が可能でした。描写はこれだけ撮影しても、何ら破綻をきたさない優秀さ。これだけしっかりした画を創ってくれれば、撮影やプリント段階で少々手荒な事をしても、十分なクォリティを確保してくれます。スペックだけでは測れない良いレンズ、オススメの1本です。



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

お買い物はこちら

レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




Leicalens-Report.


カテゴリー:Elmar  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

null LEICA CL 2017年12月08日
絞り:F3.5/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA CL + エルマリート TL18mm F2.8 ASPH. LEICA CL ライカの話をすると必ず過去の名機・名玉の名前が会話の中に登場する。それほど長い間愛され続けられるカメラやレンズは他にはないと思うが、その歴史の中に『CL』というフィルムカメラが存在したのをライカファンの方ならご存知だろう。当時ミノルタとの共同で開発されたCLはコンパクトなボディにレンズ交...
続きを読む
null LEICA CL 国内発表会 レポート 2017年11月27日
LEICA CL 国内発表会 Report 2017年11月22日、東京・渋谷区にあるアルフレックス東京にて、ライカより発表された新製品『LEICA CL』の国内発表会が行なわれました。今回はその会場の様子と、実機に触れた感想をレポートしたいと思います。 APS-Cシステムの新たなカメラとして登場した『LEICA CL』。2424万画素センサーを内蔵し、『SL...
続きを読む
Leica Price Guide Leica Price Guide 2017年11月24日
 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2017年11月24日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む
null Leica Summicron M35mm F2 ASPH. 5th 2017年09月12日
絞り:F4/ シャッタースピード:1/90秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA M (Typ240) + Summicron M35mm F2 ASPH. (5th) もしこれからライカの始める方に「初めに買っておくべきレンズは?」と質問されたら、私はこのレンズを推薦すると思う。『ズミクロン M35mm F2 ASPH.』、被写体との距離を意識すれば広角寄りにも標準寄りにも写真を見せられる画角と、開放F2の安定感のある描写、そしてコンパクトで主張しすぎない大きさはスナップ...
続きを読む
Leica TL2 Leica TL2 2017年07月20日
絞り:F5/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica TL2 + ズミクロン TL23mm F2.0 ASPH. 他に類を見ない独創的かつスタイリッシュなデザインが目を引くライカTLシステムから、新たに『Leica TL2』が発表されました。 2014年に基盤となる『T(Typ701)』が発売され、2016年にはマイナーチェンジモデルである『TL』が発売されたライカTLシステム。TからTLではほとんど変化がありませんでしたが、今...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]