Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト » APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH. 
Select Language


LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH. 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH.



ライカの最新レンズ群では"アポクロマート補正"と"非球面レンズの採用"がキーワードになっている様だ。このレンズでも5枚のレンズ群のうち2枚の異常部分分散レンズ、1枚の非球面レンズを採用し、画面全域に渡って高いコントラストとシャープネスを実現していると言う。
細かいスペック的な事は置いておくとしても、このレンズの開放からのシャープネスの高さには驚くばかり。上の写真でも雪面の細かなエンボスまで実に細かく描き出している。さくさくとした雪の感触まで伝わってくる様で、色の発色の良さに至るまでLEICA望遠レンズの性能の高さを遺憾なく発揮してくれる1本だ。




LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH. 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH.

色合いも、実に瑞々しい再現である。古い波ガラスのゆらめきと、そこに反射する様々な光をしっかりと描き出している。端から端までピントの良いのも実感できる描写だ。




LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH. 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH.



後ろボケは時に少々うるさくなるが、このレベルであれば良い方だろう。ピント面は確かにシャープではあるのだが、カリカリとした神経質な描写ではない。ボケとの分離も良いので、被写体が浮き上がる様な独特の描写を楽しむ事が出来る。
外観はなかなか大柄な本レンズだが、凝縮感のあるデザインと幅広の使いやすいヘリコイドローレットと相まってなかなか使いやすいレンズである。F2.0と明るい事からも様々なシチュエーションで生かせる万能性の高い1本だろう。




LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH. 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH.

以前レポートした『Summicron 90mm/f2.0 2nd』も含め、Summicron 90mmの系譜はどれも高性能なレンズとして知られているが、比べてみるとコントラスト等で大きな違いが見られる。
そして被写体の違いもあると思うが、予想に反して『APO-Summicron 90mm/f2.0 ASPH.』はしっとりと湿度感のある描写をする様だ。しかし海外でも評判の高い本レンズ、その描写には恐れ入るばかりだ。




LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH. 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH.






LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH. 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH.






LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH. 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/3000秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH.

近接領域でも、その描写は崩れる事が無い。複雑な背景だがボケも大きく美しい。




LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH. 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH.

モノクロームでもその描写は健在だ。歳月を刻んだ鉄の扉、その細かな傷の1本1本までしっかりと描写する。



LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH. 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:250 / 使用機材:LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH.






LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH. 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:250 / 使用機材:LEICA M9-P + APO-Summicron90mm/f2.0 ASPH.







コンパクトとは言いがたいが、90mm/f2.0というそのスペックを考えれば、十分小さいサイズに収まっていると言えるだろう。太めの鏡筒はホールディングも良く、撮影時のとり回しも良好だ。 昔から「LEICAの望遠レンズに悪いものは無い。」と言われていたが、アポクロマート補正とASPH化が図られた本レンズ、その性能は素晴しいものである。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら

LEICAデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"






カテゴリー:Summicron  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

Leica Price Guide Leica Price Guide 2017年03月01日
 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2017年3月1日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む
ライカM10 インタビュー【後編】 ライカM10 インタビュー【後編】 2017年02月06日
最新機種のライカM10が発売されたのに、このような質問で恐縮なのですが、今なお、CCDセンサー機の新型Mデジタルの登場を待ち続ける人は多いように思います。 今後CCDセンサーを搭載した製品が登場する可能性はあるのでしょうか?また、そうした方々にライカM10の魅力を訴えかけるならば、どのような製品の特徴がありますか? 新型のCCDセンサーを搭載したカメラは今のところ予定し...
続きを読む
ライカM10 インタビュー【前編】 ライカM10 インタビュー【前編】 2017年02月06日
  ついに登場したM型ライカの最新モデル『ライカM10』。通常のデジタルカメラならば新しい機能を追加するのが『進化』かもしれませんが、ライカM10は純粋に写真を撮影するカメラとして、動画機能を無くし、ボタンの数も減らし、よりシンプルで直感的に操作できるカメラへと生まれ変わりました。そして一番のポイントと言っていいのがボディのサイズ感。“ドリームサイズ”と呼ばれていたM型フィルム機とほぼ同じ厚みを実現した事により、手にピタリとフィットする『理想のMデジ...
続きを読む
LEICA M10 LEICA M10 2017年01月27日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica M10 + APO-SUMMICRON M50mm F2 ASPH. 2017年1月19日 午前5時。新型のMデジタルがついに発表されました。そのカメラの名は『M10』。Mシステムの新たな歴史を刻む本機には、なんと途切れていたMのナンバリング名が復活しています。 大きな特徴として、『M10』は今までのMデジタルの中で最もコンパクトなサイズになっており、トップカバーの厚みはフィルム機とほぼ同じの33.7mm。今まで多...
続きを読む
M10 国内発表会レポート M10 国内発表会レポート 2017年01月26日
  2017年1月26日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、 新型のMデジタルである『LEICA M10』の国内発表が行なわれました。 『ライカブティック MapCamera Shinjuku』も正規店として招待されましたので その模様を皆様にいち早くレポートしたいと思います。 プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。 今回の『LEICA ...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]