Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト » Summicron 50mm/f2.0 1st Rigid 
Select Language


LEICA M9 + Summicron 50mm/f2.0 1st Rigid 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA M9 + Summicron 50mm/f2.0 1st Rigid


1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の標準を引き上げたとすら言われるLeica標準レンズ伝説の1本。それがこの『Summicron 50mm/f2.0』だ。半世紀以上の永きにわたって続くレンズだけにバリエーションは多く、Lマウントの沈胴式のレンズが最初期にあたる。今回使用したのは固定鏡筒のMマウントのもの。Lマウントの頃から引き継がれた設計の第1世代モデルである。モノクロームで愛用される方も多いこのレンズ、その諧調表現等が気になる所だ。
まずは開放で、前ボケは柔らかく美しい描写だ。後ろボケは少々輪郭が出、少し回る。そんな中でもピント面の鋭さは印象的だ。光が強い中でも清々しい、気持ちよい発色をするのも好印象である。




LEICA M9 + Summicron 50mm/f2.0 1st Rigid 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA M9 + Summicron 50mm/f2.0 1st Rigid

少し絞り込んでの撮影。被写体は白く、光も強い、レンズにとっては厳しい条件だがいかがだろうか。手触りを感じさせる様な石材の細かなテクスチャーは言うに及ばず、滑らかなグラデーションで被写体の量感までしっかりと表現する。半世紀の古さを一切感じさせないその描写はさすがのものだ。




LEICA M9 + Summicron 50mm/f2.0 1st Rigid 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA M9 + Summicron 50mm/f2.0 1st Rigid


さすがにオールドレンズだけあり、コントラストは低めである。しかしピント面に柔らかく生じるフレアが画面全体の湿度感を演出してくれる。モノクロ・フィルムでプリントをする時もこの僅かなフレアが優しい諧調を引き出してくれ、開放と絞り込んだシチュエーションとで異なった表情を見せてくれるのがこのレンズの魅力だ。
実は筆者にとって初めて購入したライカ50mmレンズがこのズミクロンであり、ボロボロの外観ながらM4にTri-Xを詰めて、このレンズだけでどこでも撮影していた事が思い出される。金属や雨の日の描写は特にすばらしく、全幅の信頼を置いていた1本であった。後ろボケの処置には少々気を使うが、フィルム派の方へもお勧めしたいレンズである。




LEICA M9 + Summicron 50mm/f2.0 1st Rigid 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA M9 + Summicron 50mm/f2.0 1st Rigid

被写体が浮かび上がる様な、説得力があるレンズだ。




LEICA M9 + Summicron 50mm/f2.0 1st Rigid 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA M9 + Summicron 50mm/f2.0 1st Rigid

西日の強いシチュエーションでもしっかりと粘る。コントラストの低さはこうした点ではメリットに変わる。




LEICA M9 + Summicron 50mm/f2.0 1st Rigid 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA M9 + Summicron 50mm/f2.0 1st Rigid






LEICA M9 + Summicron 50mm/f2.0 1st Rigid 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA M9 + Summicron 50mm/f2.0 1st Rigid






LEICA M9 + Summicron 50mm/f2.0 1st Rigid 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA M9 + Summicron 50mm/f2.0 1st Rigid

レンジファインダー機と50mmのレンズは非常に相性の良い組合わせの様に思える。50mmレンズは一眼だと少々狭く感じる事が有るが、周りの景色まで見えるレンジファインダーでは全く気にならない。むしろ風景を"切り取る"様なスナップシューティングに丁度良い焦点距離ではないだろうか。




LEICA M9 + Summicron 50mm/f2.0 1st Rigid 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA M9 + Summicron 50mm/f2.0 1st Rigid






LEICA M9 + Summicron 50mm/f2.0 1st Rigid 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA M9 + Summicron 50mm/f2.0 1st Rigid

若干硬質な、それでいて滑らかなトーンを持つ描写。それがこのレンズの持ち味の様だ。この植物の描写もまさにそういったトーンが良く出ている。




LEICA M9 + Summicron 50mm/f2.0 1st Rigid 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA M9 + Summicron 50mm/f2.0 1st Rigid








Leitzのプロダクトが1つの黄金期を迎えるのは、『Leica M3』発売の前後である。今見ても驚くほどに手のかかった製品が多いが、この『Summicron 50mm/f2.0』もそのうちの1本。真鍮と軽金属を巧みに仕上げたそのレンズはズッシリと重く、持つ喜びも感じさせるものである。今の時代にも十二分に通用するその魅力的な描写と相まって、これからも活躍していく事だろう。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら

ライカデジタルボディのお買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"






カテゴリー:Summicron  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

null Leica Summicron M35mm F2 ASPH. 5th 2017年09月12日
絞り:F4/ シャッタースピード:1/90秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA M (Typ240) + Summicron M35mm F2 ASPH. (5th) もしこれからライカの始める方に「初めに買っておくべきレンズは?」と質問されたら、私はこのレンズを推薦すると思う。『ズミクロン M35mm F2 ASPH.』、被写体との距離を意識すれば広角寄りにも標準寄りにも写真を見せられる画角と、開放F2の安定感のある描写、そしてコンパクトで主張しすぎない大きさはスナップ...
続きを読む
Leica TL2 Leica TL2 2017年07月20日
絞り:F5/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica TL2 + ズミクロン TL23mm F2.0 ASPH. 他に類を見ない独創的かつスタイリッシュなデザインが目を引くライカTLシステムから、新たに『Leica TL2』が発表されました。 2014年に基盤となる『T(Typ701)』が発売され、2016年にはマイナーチェンジモデルである『TL』が発売されたライカTLシステム。TからTLではほとんど変化がありませんでしたが、今...
続きを読む
Leica Price Guide Leica Price Guide 2017年07月04日
 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2017年7月4日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む
ライカM10 インタビュー【後編】 ライカM10 インタビュー【後編】 2017年02月06日
最新機種のライカM10が発売されたのに、このような質問で恐縮なのですが、今なお、CCDセンサー機の新型Mデジタルの登場を待ち続ける人は多いように思います。 今後CCDセンサーを搭載した製品が登場する可能性はあるのでしょうか?また、そうした方々にライカM10の魅力を訴えかけるならば、どのような製品の特徴がありますか? 新型のCCDセンサーを搭載したカメラは今のところ予定し...
続きを読む
ライカM10 インタビュー【前編】 ライカM10 インタビュー【前編】 2017年02月06日
  ついに登場したM型ライカの最新モデル『ライカM10』。通常のデジタルカメラならば新しい機能を追加するのが『進化』かもしれませんが、ライカM10は純粋に写真を撮影するカメラとして、動画機能を無くし、ボタンの数も減らし、よりシンプルで直感的に操作できるカメラへと生まれ変わりました。そして一番のポイントと言っていいのがボディのサイズ感。“ドリームサイズ”と呼ばれていたM型フィルム機とほぼ同じ厚みを実現した事により、手にピタリとフィットする『理想のMデジ...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]