Select Language


LEICA M + Summicron 50mm/f2.0 3rd 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Summicron 50mm/f2.0 3rd


ライカMマウント不動の標準レンズといえば、やはりSummicronを思い描く人は多い。
1939年に銘玉Summitar 50mm/F2.0を開発し、ライツ社のレンズ開発者として名高いMax Berek氏。その彼の最後の弟子、Walter Mandler氏が、師の創り上げたSummitarの接合面に改良を加えて1953年に世に送り出したのがSummicronである。

このSummicron 50mm第3世代は、コンピュータによる工学設計を取り入れて1979年から製造が開始された4群6枚のそれまでと異なる新設計で、ライカ・ニュージェネレーションの1本と呼ばれている。


LEICA M + Summicron 50mm/f2.0 3rd 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summicron 50mm/f2.0 3rd

さすがズミクロンと唸らせる描写だ。現行のボディの中でも突出した性能を誇るM-Monochromでも全く負けていないその描写力はライカレンズの底力を感じさせるものである。


LEICA M + Summicron 50mm/f2.0 3rd 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M + Summicron 50mm/f2.0 3rd


Summicronの語源は、ラテン語で“最高の~”を表す「Summa」に、“小さい”を意味する「Micron」を組み合わせた造語であると言う。
設計に無理もなく、安定して高い解像力を発揮する点や、先の世代よりも1割ほど軽量となった点。いろいろな観点からより一層Summicronの名に相応しいレンズとなっているように感じられる。
Elmarと双璧を成す、Leicaの代表的なレンズとして、初代空気レンズから続く伝統を守りながら、現行デジタル機で用いても遜色の無い高いポテンシャルを魅せてくれる。


LEICA M + Summicron 50mm/f2.0 3rd 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + Summicron 50mm/f2.0 3rd

Leica M (Typ240)での1コマ。
この日は非常に寒く、レンズ前玉が曇ってしまった為、あたかもソフトフォーカスレンズのような描写になった。このレンズ本来の写りではないが、光の加減が気に入っている。


LEICA M + Summicron 50mm/f2.0 3rd 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summicron 50mm/f2.0 3rd

LEICA M + Summicron 50mm/f2.0 3rd 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1200 / 使用機材:LEICA M + Summicron 50mm/f2.0 3rd

かなり暗いシーンでの1コマ。光量の少ない周辺部も潰れずに様相を呈してくれる。
ボディ側の性能もあるが、30年以上前に設計されたとは思えない解像力だ。

LEICA M + Summicron 50mm/f2.0 3rd 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summicron 50mm/f2.0 3rd

M Monochromで撮影した開放での1コマ。高いコントラストと、立体感が情景を伝えてくれる。






50mmのSummicronはこの世代から先、レンズの基本構成を変更していない。次代の第4世代も、フードなど変更点はあるものの、同様に4群6枚の変形ガウスタイプを採用し、現在にまで至っている。
見方を変えれば、1970年代の後半に、既にLeicaは現代でも通用するだけのレンズを創り上げていた。とも言えないだろうか。
このレンズが誕生して35年、世相が目まぐるしく変わっていく中でも、変わらずにそこにあり続ける。言葉にするのは簡単だが、容易には真似の出来ない芸当だ。
Max Berek氏や、Walter Mandler氏が追求した拘りは、今も確かに、ライカユーザーの手の中に宿っている。


Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら
ライカデジタルボディのお買い物はこちら

レンズカテゴリートップへ戻る"
KasyapaforLEICAトップへ戻る"





カテゴリー:Summicron  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

タンバール M90mm F2.2 LEICA THAMBAR M90mm F2.2 2018年05月04日
絞り:F2.2/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA M10 + タンバール M90mm F2.2 LEICA THAMBAR-M 90mm F2.2 ライカには過去に発売された様々な銘玉が存在するが、まさかこの伝説的なソフトフォーカスレンズがリメイクされ登場するとは思いもしなかった。今回は約80年の時を超えて復活した“最新”のタンバール、『タンバール M90mm F2.2 』をご紹介しよう。 2016年に60年...
続きを読む
Leica Price Guide Leica Price Guide 2018年04月23日
 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2018年4月21日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む
null LEICA NOCTILUX M75mm F1.25 ASPH. 2018年04月06日
絞り:F2/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA M10 + ノクティルックス M75mm F1.25 ASPH. LEICA NOCTILUX-M 75mm F1.25 ASPH. ライカレンズの中でも特別な存在と言えるノクティルックス。初代のF1.2から現行のF0.95まで50mmレンズとして存在してきたが、新たに75mmという焦点距離が加わった。今回はその新レンズ『ノクティルックス M75mm F1.25 ASPH.』の実力に迫る。 ...
続きを読む
null LEICA APO-SUMMICRON SL 75mm / 90mm F2 ASPH. 2018年03月30日
絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:400/ 使用機材:LEICA SL (Typ601) + アポズミクロン SL75mm F2.0 ASPH. LEICA APO-SUMMICRON SL 75mm / 90mm F2 ASPH. ライカの新たなプロ用カメラとして登場したSL。一眼レフとミラーレスの良いところを組み合わせたようなカメラで、撮影に最も重要とも言えるEVFファインダーは440万画素という他の最新機種を寄せ付けない孤高のスペックを誇るミラーレ...
続きを読む
null ライカSL 新レンズ説明会レポート 2018年02月02日
LEICA SL 75mm / 90mm 製品説明会 Report 2018年1月26日、東京・中央区にあるスタジオにて、ライカより発表・発売された新レンズ『アポズミクロン SL75mm F2.0 ASPH.』と『アポズミクロン SL90mm F2.0 ASPH.』の製品説明会が行なわれました。今回は実機を使用するプログラムも用意されており、実際に撮影した写真も交えてレポートしたいと思います。 ...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]