Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト » Summicron 50mm/f2.0 3rd 
Select Language


LEICA M + Summicron 50mm/f2.0 3rd 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M + Summicron 50mm/f2.0 3rd


ライカMマウント不動の標準レンズといえば、やはりSummicronを思い描く人は多い。
1939年に銘玉Summitar 50mm/F2.0を開発し、ライツ社のレンズ開発者として名高いMax Berek氏。その彼の最後の弟子、Walter Mandler氏が、師の創り上げたSummitarの接合面に改良を加えて1953年に世に送り出したのがSummicronである。

このSummicron 50mm第3世代は、コンピュータによる工学設計を取り入れて1979年から製造が開始された4群6枚のそれまでと異なる新設計で、ライカ・ニュージェネレーションの1本と呼ばれている。


LEICA M + Summicron 50mm/f2.0 3rd 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summicron 50mm/f2.0 3rd

さすがズミクロンと唸らせる描写だ。現行のボディの中でも突出した性能を誇るM-Monochromでも全く負けていないその描写力はライカレンズの底力を感じさせるものである。


LEICA M + Summicron 50mm/f2.0 3rd 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M + Summicron 50mm/f2.0 3rd


Summicronの語源は、ラテン語で“最高の~”を表す「Summa」に、“小さい”を意味する「Micron」を組み合わせた造語であると言う。
設計に無理もなく、安定して高い解像力を発揮する点や、先の世代よりも1割ほど軽量となった点。いろいろな観点からより一層Summicronの名に相応しいレンズとなっているように感じられる。
Elmarと双璧を成す、Leicaの代表的なレンズとして、初代空気レンズから続く伝統を守りながら、現行デジタル機で用いても遜色の無い高いポテンシャルを魅せてくれる。


LEICA M + Summicron 50mm/f2.0 3rd 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + Summicron 50mm/f2.0 3rd

Leica M (Typ240)での1コマ。
この日は非常に寒く、レンズ前玉が曇ってしまった為、あたかもソフトフォーカスレンズのような描写になった。このレンズ本来の写りではないが、光の加減が気に入っている。


LEICA M + Summicron 50mm/f2.0 3rd 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summicron 50mm/f2.0 3rd

LEICA M + Summicron 50mm/f2.0 3rd 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1200 / 使用機材:LEICA M + Summicron 50mm/f2.0 3rd

かなり暗いシーンでの1コマ。光量の少ない周辺部も潰れずに様相を呈してくれる。
ボディ側の性能もあるが、30年以上前に設計されたとは思えない解像力だ。

LEICA M + Summicron 50mm/f2.0 3rd 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Summicron 50mm/f2.0 3rd

M Monochromで撮影した開放での1コマ。高いコントラストと、立体感が情景を伝えてくれる。






50mmのSummicronはこの世代から先、レンズの基本構成を変更していない。次代の第4世代も、フードなど変更点はあるものの、同様に4群6枚の変形ガウスタイプを採用し、現在にまで至っている。
見方を変えれば、1970年代の後半に、既にLeicaは現代でも通用するだけのレンズを創り上げていた。とも言えないだろうか。
このレンズが誕生して35年、世相が目まぐるしく変わっていく中でも、変わらずにそこにあり続ける。言葉にするのは簡単だが、容易には真似の出来ない芸当だ。
Max Berek氏や、Walter Mandler氏が追求した拘りは、今も確かに、ライカユーザーの手の中に宿っている。


Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら
ライカデジタルボディのお買い物はこちら

レンズカテゴリートップへ戻る"
KasyapaforLEICAトップへ戻る"





カテゴリー:Summicron  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

null Leica Summicron M35mm F2 ASPH. 5th 2017年09月12日
絞り:F4/ シャッタースピード:1/90秒 / ISO:200/ 使用機材:LEICA M (Typ240) + Summicron M35mm F2 ASPH. (5th) もしこれからライカの始める方に「初めに買っておくべきレンズは?」と質問されたら、私はこのレンズを推薦すると思う。『ズミクロン M35mm F2 ASPH.』、被写体との距離を意識すれば広角寄りにも標準寄りにも写真を見せられる画角と、開放F2の安定感のある描写、そしてコンパクトで主張しすぎない大きさはスナップ...
続きを読む
APO-Summicron 50mm F2.0 ASPH. APO-Summicron 50mm F2.0 ASPH. 2015年09月08日
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica (ライカ) M(Typ240) + Leica (ライカ) アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH. 2013年のフォトキナでデビューを飾って以来、“究極のレンズ”として人々から羨望の眼差しを受け続けてきた『Leica (ライカ) アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH.』。赤、青、紫、三波長の焦点位置を揃え、色収差を徹底的に抑えたアポクロマート設計を採用。更にはフローティング機構の内蔵により、全域において他の現行レンズを寄...
続きを読む
Summicron 35mm F2 1st (8elements) Black Chrome Summicron 35mm F2 1st (8elements) Black Chrome 2015年09月01日
絞り:F4/ シャッタースピード:1/350秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica (ライカ) M-P (Typ240) + Leica (ライカ) Summicron 35mm F2 1st (8elements) Black Chrome 1954年に登場したライカの伝説的なレンズ・ズミクロン50mm F2。そこから約4年後の1958年にカナダライツでもう一つの伝説的なレンズが生み出された。6群8枚からなるレンズ構成から通称『8枚玉』と呼ばれるズミクロン35mm F2 ファーストモデルの登場である。数多くの銘玉が揃うライカレンズの中でも、この...
続きを読む
LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2.0 1st Collapsible Summicron 50mm/f2.0 1st Collapsible-Model 2014年03月13日
絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2.0 1st Collapsible レンズの名称で"Summicron"ほど有名なレンズは他に無いかもしれない。そこまで言わしめる程、その存在には特別な響きがある。 この沈胴ズミクロンは1954年にL39マウントからMマウントに換装され、『LEICA M3』と共にライカ黄金期を形作った立役者的な存在であり、そしてその突出した性能から世界のレンズの標準を引き上げさせたとも言われる伝説的な存在だ。...
続きを読む
LEICA M9-P + Summicron C 40mm/f2.0 Summicron C 40mm/f2.0 2014年03月06日
絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron C 40mm/f2.0 コンパクト・ライカとして人気の"LEICA CL"、その専用レンズとして開発されたのがこの『Summicron C40mm/f2.0』である。軽量コンパクトを主眼に開発されたレンズだけあって、100gちょっとという 重量とサイズが非常に魅力的なレンズだ。それでいてF2.0としっかり大口径であり、またその広角すぎない40mmという焦点距離からも独自の魅力を持つレンズである。 モノクロ...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]