Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト » Leica M-P(Typ240) 
Select Language


LEICA M-P (typ240) 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M-P (typ240) + Summilux 50mm/f1.4 ASPH.

LEICA M-P (typ240)


現在のM型デジタルライカ最新機種である『LEICA M』に新たなラインアップに加わった。
『LEICA M-P』
機能面は『LEICA M』をそのままに、より速い連写性能を実現するため2GBのバッファメモリーを搭載。 背面液晶モニターには硬質なサファイアガラスを採用。 そして表面からは通称「赤バッヂ」とも呼ばれる赤いロゴマークを取り払い、トップカバー上面には往年のライカを彷彿とさせる筆記体の刻印。
ライカの歴史100年という節目の年に登場したこの特別仕様の「M-P」持って早速撮影へ出かけるとしよう。

LEICA M-P (typ240) 絞り:F1.4 / シャッタースピード:0.5秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M-P (typ240) + Summilux 50mm/f1.4 ASPH.



LEICA M-P (typ240) 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M-P (typ240) + Summilux 50mm/f1.4 ASPH.



LEICA M-P (typ240) 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M-P (typ240) + Summilux 50mm/f1.4 ASPH.



LEICA M-P (typ240)
『M-P』と聞いて『Leica MP』を思い浮かべた方も多いのではないだろうか。 オリジナルはM3をベースに報道機関向けに開発された機種である。
シャッターチャンスを逃さない為に、素早いフィルムの巻上げを可能にするライカビットを装備したプロ仕様のM3で402台しか生産されなかった希少なライカだ。

そしてこの『M-P』もライカがプロ仕様として登場させてきたモデルである。
ライカビットの代わりに手に入れたバッファ増設による連射機能と、現場でのハードな使用に耐えうる強化ガラス、静かに目立たず撮影をするための控えめなルックス。これらはオリジナルMPと同じくシャッターチャンスを逃さない為の変更点であり、そのアイデンティティを具現化したものだ。

LEICA M-P (typ240) 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M-P (typ240) + Summilux 50mm/f1.4 ASPH.




LEICA M-P (typ240) 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M-P (typ240) + Summilux 50mm/f1.4 ASPH.



LEICA M-P (typ240) 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M-P (typ240) + Summilux 50mm/f1.4 ASPH.



LEICA M-P (typ240) 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/8秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA M-P (typ240) + Summilux 50mm/f1.4 ASPH.



LEICA M-P (typ240) 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M-P (typ240) + Summilux 50mm/f1.4 ASPH.



LEICA M-P (typ240) 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M-P (typ240) + Summilux 50mm/f1.4 ASPH.



LEICA M-P (typ240)


使用して感じたことは、『M-P』は『M』の完成系であるということ。
それはライカは最高のスナップシューターであるという筆者の想いがあるからかもしれないが、よりカメラとして純粋になった印象を受けた。
たとえば赤いロゴマークを無くした事は他のカメラから見れば小さなことかもしれない、しかしライカにとって目立たなく撮影できることは大きなメリットとなり機能となる。
今回の仕様変更は“ライカであるため”に非常に的を得た内容ともいえるだろう。 『M』か『M-P』か悩んでいる方も多いと思うが、一度この『M-P』を手にとって見てほしい。
写真を撮る為に進化した本機とあなたの想いとが合致すれば最高のパートナーとなってくれるはずだ。

Photo by MAP CAMERA Staff


レンズカテゴリートップへ戻る" KasyapaforLEICAトップへ戻る"




カテゴリー:Leica Body  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

Leica TL2 Leica TL2 2017年07月20日
絞り:F5/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica TL2 + ズミクロン TL23mm F2.0 ASPH. 他に類を見ない独創的かつスタイリッシュなデザインが目を引くライカTLシステムから、新たに『Leica TL2』が発表されました。 2014年に基盤となる『T(Typ701)』が発売され、2016年にはマイナーチェンジモデルである『TL』が発売されたライカTLシステム。TからTLではほとんど変化がありませんでしたが、今...
続きを読む
Leica Price Guide Leica Price Guide 2017年07月04日
 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2017年7月4日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む
ライカM10 インタビュー【後編】 ライカM10 インタビュー【後編】 2017年02月06日
最新機種のライカM10が発売されたのに、このような質問で恐縮なのですが、今なお、CCDセンサー機の新型Mデジタルの登場を待ち続ける人は多いように思います。 今後CCDセンサーを搭載した製品が登場する可能性はあるのでしょうか?また、そうした方々にライカM10の魅力を訴えかけるならば、どのような製品の特徴がありますか? 新型のCCDセンサーを搭載したカメラは今のところ予定し...
続きを読む
ライカM10 インタビュー【前編】 ライカM10 インタビュー【前編】 2017年02月06日
  ついに登場したM型ライカの最新モデル『ライカM10』。通常のデジタルカメラならば新しい機能を追加するのが『進化』かもしれませんが、ライカM10は純粋に写真を撮影するカメラとして、動画機能を無くし、ボタンの数も減らし、よりシンプルで直感的に操作できるカメラへと生まれ変わりました。そして一番のポイントと言っていいのがボディのサイズ感。“ドリームサイズ”と呼ばれていたM型フィルム機とほぼ同じ厚みを実現した事により、手にピタリとフィットする『理想のMデジ...
続きを読む
LEICA M10 LEICA M10 2017年01月27日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica M10 + APO-SUMMICRON M50mm F2 ASPH. 2017年1月19日 午前5時。新型のMデジタルがついに発表されました。そのカメラの名は『M10』。Mシステムの新たな歴史を刻む本機には、なんと途切れていたMのナンバリング名が復活しています。 大きな特徴として、『M10』は今までのMデジタルの中で最もコンパクトなサイズになっており、トップカバーの厚みはフィルム機とほぼ同じの33.7mm。今まで多...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]