Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト » LEICA Q (Typ116) 
Select Language


LEICA Q (Typ116) 焦点距離 : 28mm / 絞り:F4/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA Q (Typ116)

LEICA Q (Typ116)

先日ライカより新たなカメラが発表されました。その名も『ライカ Q (Typ116)』。なんとフルサイズセンサーを搭載したコンパクトカメラです。

驚くのは小さなボディにたくさんの最新機能を搭載されている事。2400万画素のフルサイズCMOSセンサーは最大ISO50000までの超高感度撮影が可能。レンズはこのクラスのカメラで最も明るい『ズミルックス 28mm F1.7 APSH.』を専用設計、そこには光学式手ブレ補正機能も搭載しています。シャッターの最高速度は1/16000(電子シャッター)まで切る事ができ、秒速10コマという高速連射も実現。本体には368万ドットの電子ビューファインダーも内蔵し、背面液晶はタッチフォーカス・タッチレリーズも可能なので直感的に操作・撮影することができます。
他にもWi-Fi機能の搭載やフルHD(30p/60p)での動画撮影も出来ますので、写真や動画をワイヤレスでスマートフォンやタブレット、パソコンに転送する事も出来ます。

これほど多くの最新技術と機能が詰め込まれた『ライカ Q (Typ116)』。その描写性能はいかなるものか、早速見て行きましょう。

LEICA Q (Typ116) 焦点距離 : 35mm(デジタルクロッピング機能) / 絞り:F4/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA Q (Typ116)


今回の撮影で最も感動したのが、ボタン一つで28mm/35mm/50mmの画角が選べるデジタルクロッピングがある事。28mm単焦点ながら3つの画角を直感的に使い分けること可能で、ストリートスナップでは大変重宝しました。これは本機の特徴である2400万画素フルサイズセンサーを“写真を撮ること”に生かした機能と言っていいでしょう。そしてファインダー内には選択した画角のブライトフレームが表示される事でフレーミングのしやすさはもちろん、いかにもライカらしい演出に心をくすぐられてしまいます。


LEICA Q (Typ116) 焦点距離 : 35mm(デジタルクロッピング機能) / 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA Q (Typ116)


モノクローム表現もさすがはライカ。階調豊かながら深みのある黒を出してくれました。


LEICA Q (Typ116) 焦点距離 : 28mm / 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA Q (Typ116)


搭載されている『ズミルックス 28mm F1.7 APSH.』は本機のために設計された最新光学のレンズです。シャープでクリアなその描写力はフルサイズセンサーの性能を余す事無く引出し、高精細で階調豊かな写真に仕上げてくれます。


LEICA Q (Typ116) 焦点距離 : 50mm(デジタルクロッピング機能) / 絞り:F1.7/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA Q (Typ116)


標準レンズ画角の50mmクロッピングでもF1.7で撮影すればボケ味を生かした撮影も可能です。ファインダーは28mm画角にブライトフレームが表示されるので、周りを確認しながらフレーミング・撮影出来るのがとても便利でした。


LEICA Q (Typ116) 焦点距離 : 28mm/ 絞り:F1.7/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA Q (Typ116)





LEICA Q (Typ116) 焦点距離 : 35mm(デジタルクロッピング機能) / 絞り:F4/ シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA Q (Typ116)


普段は35mm単焦点レンズがメインの方も多いと思いますが、そんな方にもLEICA Q (Typ116)はとても使いやすい機種だと感じました。
街中で使用してみて『最高のスナップシューター』という印象を受けたカメラです。


LEICA Q (Typ116) 焦点距離 : 28mm/ 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA Q (Typ116)





LEICA Q (Typ116) 焦点距離 : 50mm(デジタルクロッピング機能) / 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA Q (Typ116)


LEICA Q (Typ116)にはマクロモードも備わっています。レンズ鏡胴部分にあるリングを回せば最短撮影距離が30cmから17cmへ切り替わり、レンズの開放F値も1.7から2.8へ変わります。F値は変われど描写性能はさすがズミルックス、キレのあるフォーカス部と深い色の描写が特徴です。クロッピングも併用すれば手軽にクローズアップ撮影を楽しむ事が出来ます。


LEICA Q (Typ116) 焦点距離 : 28mm/ 絞り:F1.7/ シャッタースピード:1/40秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA Q (Typ116)





LEICA Q (Typ116) 焦点距離 : 50mm(デジタルクロッピング機能) / 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA Q (Typ116)





LEICA Q (Typ116) 焦点距離 : 28mm / 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/200秒 / ISO:3200/ 使用機材:LEICA Q (Typ116)


高感度での撮影も試してみました。まずはISO3200で撮影した写真をご覧下さい。葉脈まではっきりと分かる鮮明度に驚かされます。シャドウ部を見てもノイズらしさは感じられません。


LEICA Q (Typ116) 焦点距離 : 50mm(デジタルクロッピング機能) / 絞り:F1.7/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:6400/ 使用機材:LEICA Q (Typ116)


続いてはISO6400で撮影。写真では明るく撮れていますが、薄暗い街灯のみでの撮影でした。拡大すれば確かに高感度ノイズはみられますが、ディティールはかなりしっかり表現されているのが分かります。ISO6400でしたら多くの方が常用で使える高感度と言っていいでしょう。


LEICA Q (Typ116) 焦点距離 : 28mm / 絞り:F3.5/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:6400/ 使用機材:LEICA Q (Typ116)





LEICA Q (Typ116)


LEICA Q (Typ116)


LEICA Q (Typ116)


『ライカ Q (Typ116)』は今まで手にした機材の中でも描写性能・操作性共にトップレベルのカメラだと感じました。
『ズミルックス 28mm F1.7 APSH.』の見せる開放からシャープな描写性能と、その光を受け止めるフルサイズCMOSセンサーは階調表現と高感度性能にとても優れたものです。 操作系はシンプルで分かりやすく、しっかりとグリップできるボディの形状とサムレスト部も使用してみて好印象でした。 撮影をする為に研ぎすまされた性能と操作性、洗練されたカメラデザイン。この2点は今までのライカにも言えた事でしたが、『ライカ Q (Typ116)』はそこに現在のフォトグラファーへ向けた使いやすさをプラスした意欲作です。
ライカ100年のアイデンティティが込められた最新のデジタル機『ライカ Q (Typ116)』。このカメラで見えるあなただけの新しい世界を写し出してください。


Photo by MAP CAMERA Staff











レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




カテゴリー:Leica Body  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

Leica TL2 Leica TL2 2017年07月20日
絞り:F5/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica TL2 + ズミクロン TL23mm F2.0 ASPH. 他に類を見ない独創的かつスタイリッシュなデザインが目を引くライカTLシステムから、新たに『Leica TL2』が発表されました。 2014年に基盤となる『T(Typ701)』が発売され、2016年にはマイナーチェンジモデルである『TL』が発売されたライカTLシステム。TからTLではほとんど変化がありませんでしたが、今...
続きを読む
Leica Price Guide Leica Price Guide 2017年07月04日
 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2017年7月4日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む
ライカM10 インタビュー【後編】 ライカM10 インタビュー【後編】 2017年02月06日
最新機種のライカM10が発売されたのに、このような質問で恐縮なのですが、今なお、CCDセンサー機の新型Mデジタルの登場を待ち続ける人は多いように思います。 今後CCDセンサーを搭載した製品が登場する可能性はあるのでしょうか?また、そうした方々にライカM10の魅力を訴えかけるならば、どのような製品の特徴がありますか? 新型のCCDセンサーを搭載したカメラは今のところ予定し...
続きを読む
ライカM10 インタビュー【前編】 ライカM10 インタビュー【前編】 2017年02月06日
  ついに登場したM型ライカの最新モデル『ライカM10』。通常のデジタルカメラならば新しい機能を追加するのが『進化』かもしれませんが、ライカM10は純粋に写真を撮影するカメラとして、動画機能を無くし、ボタンの数も減らし、よりシンプルで直感的に操作できるカメラへと生まれ変わりました。そして一番のポイントと言っていいのがボディのサイズ感。“ドリームサイズ”と呼ばれていたM型フィルム機とほぼ同じ厚みを実現した事により、手にピタリとフィットする『理想のMデジ...
続きを読む
LEICA M10 LEICA M10 2017年01月27日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica M10 + APO-SUMMICRON M50mm F2 ASPH. 2017年1月19日 午前5時。新型のMデジタルがついに発表されました。そのカメラの名は『M10』。Mシステムの新たな歴史を刻む本機には、なんと途切れていたMのナンバリング名が復活しています。 大きな特徴として、『M10』は今までのMデジタルの中で最もコンパクトなサイズになっており、トップカバーの厚みはフィルム機とほぼ同じの33.7mm。今まで多...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]