2011年 コシナ長野工場『コシナレンズ工場見学バスツアー』レポート » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



今年も行ってきました!

9月7日(水)に長野県にある株式会社コシナの工場見学ツアーへ行ってきました!!

今年で工場見学ツアーも三回目を迎える事ができました。

おかげさまで開催する事ができましたのは、お客様がご応募して頂いた事と工場見学をさせて頂いた株式会社コシナの皆様、旅行会社の新日本紀行さんのご協力のおかげです。本当にありがとうございました!



当日は、前日の大雨(東京都心は大雨でした)を吹き飛ばすほどの晴天で、とても気持ちの良い旅行日和でした。
お客様も受付時間より早くお見えになった方がほとんどで、今日を本当に楽しみにして来て下さったのだと感じました。

null

8時過になり、いよいよ出発!!


首都高速を通り関越に入り上信越道へ。


長野県小布施へは12時少し前に到着。

昼食場所は小布施を代表とする老舗栗菓子店桃井甘精堂本店「泉石亭」で頂きました。
今回も前回と同じく長野の名物「おそば」&小布施名物「栗おこわ」の入った昼食を頂きました。

null
毎回のことながら大変美味しく頂きました!皆様にもご満足頂いたようすです。

昼食場所からコシナの営業さんと技術・設計等のスタッフの方と合流をして、
昼食を頂きながら今回もお客様にはお一人ずつ自己紹介をして頂きました。
毎回皆様に共通して言えることは...

『カメラが大好きだーーー!」と言う事です。

カメラが好きでその中でもコシナ製品が大好きだという事が皆様のお話しを聞いていると強く感じました。
コシナ製品を購入した時のお話や、お持ちの好きなコシナ製レンズのお話し等面白いお話をたくさんして頂きました。
皆様ありがとうございました。

その中で、マップカメラの店舗に週5日や毎日お越し頂いているお客様や商品を買って頂いている方もいらっしゃって
大変大~変感激致しました!!ありがとうございます。

色々なお話を聞いて、皆様和気あいあいとなった頃、休憩も終わり午後はいよいよ工場見学ツアーへスタート!!!


一箇所目は、『小布施事業所』

ここでは、光学ガラスの溶解・製造をしています。


車で走ると一瞬にしてわかるコシナの看板。白地に青が映えています。
null
null
コシナの営業さん(大塚さん)が事業所に入る前、事業所内について少し説明してくれました。


と、工場内は撮影禁止なので写真はここまで...。

光学ガラスの元となる材料をガラスにし、板状の「バー材」というものにします。
そこから「バー材」を小分けに切断して溶解するところまでを行います。
事業所内では実際に作業しているスタッフを間近で見ることができ、コシナ営業(大塚さん) が一工程ずつ説明してくれました。


二箇所目は『中野事業所』

ここでは、機械部品加工・組み立てをしています。

null

中野事業所では、事業所内での見学以外に会議室をお借りして技術者の専門スタッフの方がパワーポイントを基に
コシナの歴史についてお話して頂きました。

特別に少し写真でお見せ致します。



「Map camera x コシナ工場見学」かっこよくタイトルを付けて頂きコシナさんありがとうございました!
null
コシナの第一号コンパクトカメラが登場!開発秘話等お話して頂きました。
その他歴代のカメラも続々登場しました。


その後は、実際に事業所にて製品レンズを綺麗にしている仕事をされている女性スタッフの方に登場して頂きレンズ拭きの実践をして頂きました。
特別にお客様にもレンズ拭きを体験して頂きました。




少し緊張している様子・・・。

レンズ拭きは皆様興味津々で、「どんな液体で拭くのが一番いいか?」「どの素材がいいか?」など色々質問していました。


三箇所目は、『飯山事業所』

ここでは、レンズのスムージング・研磨をしています。
研磨前のガラスはまだ表面がざらざらしているのですが、研磨機にかかるとツルッツルになってここでようやく皆様が見たことあるレンズの表面に近づきます。
昔は職人さんが全て手作業で行っていて、当時作業していた頃の貴重な道具も見せて頂きました。



全てのスケジュールも終わり、新宿に着いたのはPM20:45頃でした。
予定より少し遅くなってしまいましたが、事故も無く無事にツアーは終了致しました。
(ご参加された皆様、帰路は無事にご帰宅できたのでしょうか?)

今回も平日にも関わらずご参加頂きましたお客様、本当にありがとうございました。
また、協賛して頂きました株式会社コシナのスタッフの皆様、ご協力頂きありがとうございました。

その他企画と共に来年もこの「コシナ工場見学バスツアー」ができるよう、これからもご愛顧の程、宜しくお願い致します。



※撮影機材→OLYMPUS『PEN Lite E-PL3

[ Category:Information|掲載日時:09月09日 11時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Panasonic】パナライカと過ごす日常 (茨城編) 2017年12月15日
私生活で絶対に手放せない機材がある。 それは『Panasonic LUMIX DMC-GM5』と『Panasonic LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. 』。 写真下段のコンパクトカメラ『Leica X(Typ113)』と比較すると、その小ささが際立つ。 そして、ミニマムなボディサイズからは想像もつかぬ存在感。 今回の旅の目的は『新鮮な浜焼き』。 このミニマムな組み合わせで茨城県大洗市へ出かけた。 東京から車で走ること2時間。大洗港に到着。 2011年3月11日の震災時には津波の被害を受けたが、 今では津...
続きを読む
Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 【Canon】TS-Eレンズと遊ぶ 2017年12月14日
TS-Eレンズと遊ぶ TS-E17mm F4L TS-E24mm F3.5L Ⅱ TS-Eレンズ・・・ 聞いた事や見た事があっても実際に使って写真を撮ったことがある読者の方は少ないのではないでしょうか。 TS-Eレンズとは、キヤノンがラインアップしているティルト・シフトレンズの名称であり 遠近感とピントの合う範囲をコントロールできる、アオリ機構を搭載したレンズです。 オートフォーカスの機能は無いのでピントは全てマニュアルでフォーカスします。 故に三脚を据えて撮影するのが好ましいレンズです。 筆者は...
続きを読む
null 【Nikon】 本気のFX 58mm ~現代の銘玉で日常にスパイス~ 2017年12月13日
日常にスパイス 02 深まる紅葉も徐々に散ってゆくこの季節。 今年最後の紅葉狩りに、 紅葉撮影の決定版を持ち出してみるのはいかがでしょうか。 今回は、AF-S 58mm F1.4GとD5の組み合わせでお届けします。 まずは絞り込んでパシャリ! 浅瀬から滝つぼの淵へのグラデーションを良く写し取ってくれます。 D5は高感度での性能を重視する設計といわれていますが、 ISO100でもこれだけ豊かな階調表現が可能です。 しばらくあたりを散策していると、あっというまに真っ暗に、 最近は...
続きを読む
null 【Leica】クセ玉 ズマリット L50mm F1.5 を Leica T で撮ってみました 2017年12月12日
今年の紅葉は、綺麗でした。 Leicaのオールドレンズ、「クセ玉」として有名なズマリット L50mm F1.5を APS-Cシステムカメラのモダンライカ Leica T と組み合わせて紅葉を撮影しましたので、ご覧ください。 Leica MレンズアダプターとM/L変換リングを使用しています。ボディは、藍色のLeica T CHALIE VICE。限定生産モデルです。 逆光線を受けて、輝くような赤や黄色の葉が滲んだように柔らかく写りました。 絞り開放(F1.5)の時、最もこのレンズの個性を発揮します。 ...
続きを読む
新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2017年11月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2017年12月12日
新品デジカメ11月ランキング 1位 SONY α7RIII レンズ交換式デジタルカメラ 2位 Canon EOS 6D Mark II レンズ交換式デジタルカメラ 3位 Nikon D850 レンズ交換式デジタルカメラ 4位 OLYMPUS Tough TG-5 コンパクトデジタルカメラ 5位 FUJIFILM X-T2 レンズ交換式デジタルカメラ 6位 Canon EOS 5D Mark IV レンズ交換式デジタルカメラ 7位 SONY α7II レンズ交換...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]