二眼レフは、いかがですか?!  その26 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



往く夏を惜しんで、今さらの風鈴市はローライフレックス2.8Fで

null

 最初にネタばらしから。 前回「風鈴市3連発」なんて書きましたが、ちょっと間も空いちゃったし、やっぱり今年の分は来年に持ち越し!と思っていたんです。 …でも、今年の夏は暑かった… 無茶苦茶暑かった… 大型の台風も来たし… 結局、なんかグダグダしている間に気がつけば9月も下旬。 …っつか、この時期でもまだこんな暑いのはなぜ? 写真撮る気力もないまま、今に至ってしまいました。 …まずい、このままではまた忘れ去られてしまう… ……え~、皆さん、長かったこの夏を振り返る意味で、今一度川崎大師の風鈴市はいかが?!

 一昨年のプリモフレックス、去年のマミヤC220に続き、今年はローライフレックス2.8F(カールツァイス プラナー 80mmF2.8)をお伴に選びました。 持ってる二眼レフの中で、近接撮影に強いものをセレクトしています。 各回で書きましたが、プリモは最短撮影距離が約65センチ、C220は標準80mmで35センチ。 ローライは通常だとフィルム面から1メートルくらいですが、今回は接写用のローライナーも使用しました。

 二眼レフで近接撮影をする場合、撮影レンズとピント合わせのビューレンズが上下に離れているため、どうしてもファインダー上の画像と実際に撮れる画像とに差(パララックス)が生じます。 ローライフレックスはその対策もきちんと考えられていて、ファインダースクリーン下にある枠がフォーカシングダイヤルの動きと連動して前後し、ファインダー上で見える画像が補正されるようになっています。

null
  ペンで示したフレーム枠が前後します。 至れり尽くせりです。

さらに接写用レンズのローライナーも、ビューレンズ側につける方の内部レンズが斜めに設置されていて補正できる仕組みになっています。

null
  鏡胴に記されている赤い点が上にくるように装着すると、内部レンズが斜め下を向くようになっています。 これまた至れり尽くせり…

ローライナーは近接の度合いによって、3種類用意されています。

null
  一番弱いローライナー1は、最短撮影距離がフィルム面から55センチくらい。

null
  ローライナー2は、約41センチ。

null
  今回の風鈴市では使用しませんでしたが、ローライナー3は、約34センチ。

私の場合、スナップ撮影などでもうちょっと人や物に寄りたいなという時にローライナー1を、屋外で花なんか撮影するときには2を、本格的な接写には3を、という感じで使い分けていますが……なんかもう、どーでもよくなってきました……


……ええっと、気を取り直して本題です…
今年(2011年)の開催は7月17日から21日までの5日間。 ただ台風が近付いていて、後半の天気が危ぶまれたので、初日に行ってきました。
境内に入り会場に向かおうとしたところで、前にハッセルブラッドを下げた人が… 「キャラがかぶるじゃん…」 まずは、お参りを…

null
  (フジ・プロビア100F) 本堂下の風鈴は、風でみんな絡まっちゃってました。

さっそく運試しのおみくじを…

null
  ……「只管欲に走れば身は陥穽に墜つべし」とあります… はい、気をつけます…
 「恋愛:己が無理を省みよ先の愛は純真なり」…って、どういうこと?

……風鈴を撮りましょう…

null
  (プロビア100F ローライナー2使用) ローライナー2を使用したのは、これ1枚のみ。 近すぎてピント合わせや構図が難しかったです。 1がちょうど手頃でした。

null
  (プロビア400X ローライナー1使用) 毎年撮ってると同じような写真になってしまいます… こんなのもありかなと…

null
  (プロビア400X ローライナー1使用) ここまで撮っていてようやく気付きました。  今回軒下に電球がついていませんでした。 これも節電のためだと思われます。 …裸電球の明かりに照らされる風鈴も味があってよかったのですが…

…やはり初日だけあって、かなり混んでます。 デジタル一眼を持った方は、撮影後も画像の確認で動かないし…、って本当に動かないし… さらに皆さんいろいろな形で写真を撮られるので、順番待ちの時間が長くなります。 ……… ……えい!

null
null
(プロビア400X ローライナー1使用)

null
(プロビア400X ローライナー1使用) 優しい感じで浮き上がってます… 背景には、くっきりと絞りの五角形が…

null
(プロビア400X ローライナー1使用) ちょうどこの時期、マップカメラ全体の企画である作例写真「東京開放区」(様々なレンズの開放値の描写を、スタッフが撮った作例を通して見てもらおうという企画)の作品提出締め切りが近く、それを意識して撮った1枚。 背景が明るいと「二線ぼけ」なんかが目立つのですが、今回はセーフ。 後ろの人物も分からないくらい。 よしよし、なんて思ってたのですが…… でも、後で考えたら「川崎」でした… …「東京」ちゃうやん! …ってなわけで、ボツになりました。

そうこうするうちに、古くなったり壊れてしまった風鈴を供養する法要が始まりました。

null
  (プロビア400X) 別に浴衣のお姉さんを撮りたかったわけではありません…

null
  (プロビア400X) 別に… ……いいです…

null
  (プロビア400X) 招き猫を模しているのでしょうが… 腕 太っ! なんか怖い…

null
  (プロビア400X) 忘れていました。 毎年恒例のだるま風鈴です。 昨年、一昨年の写真と比較してください。 ……って何を?

そろそろ、もう一つのお楽しみ、屋台コーナーへ!

null
  (プロビア100F) 強烈な日差しに晒され、アンパンマンもかなりアチチでした…

null
  (プロビア100F) でも、ぎゅっ…

null
  (プロビア100F) こちらも、真剣…

null
  (プロビア100F) そうそう、こうやって大事なお小遣いが消えていくんですよね…

null
  (プロビア100F) おお、ハッカパイプ売りのおばちゃん、今回はお客さんも多そう! でも、思いっきり日に照らされてます… くれぐれも熱中症には、お気を付けください。

それにしても、暑い中かなり歩き回りました。 そろそろ水分補給が必要です… そういえば、前回までの記事を見て、親切な同僚が「ビールは利尿効果が高いから、水分補給には向かないよ」とアドバイスしてくれました…

null
  ……余計なお世話だ!! 暑い日のビール! 休みの日のビール! 昼間っからビール! …うん。

…で、気がつけば終りの午後6時が近づいていました… フィルムの最後に秋田の手鞠風鈴を…

null
  (プロビア100F) やっぱり電燈がないと、ちょっと寂しいかも…

…この後の日程は、本当に台風も近づいてしまい、結構大変だったようです。

…って、また忘れるところでした。 今回のお買い上げ風鈴は、こちら。

null
  有田焼風鈴です。 よい音です… 今聞くとちょっと寒いですが…

…そう、この原稿、書き始めで「暑い、暑い」って言ってましたが、その後一気に秋めいてきました。 本当に往く夏を惜しむ記事になりました。

次回は、ちゃんと「秋」の記事を書きます… …たぶん…
……「秋」といえば、「秋味」かなぁ…

続く…  (文責・イット)

[ Category:etc.]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 2017年10月23日
ゾフォートの特別限定モデルのご予約を受付中です! 2017年11月発売予定 Leica ゾフォート LimoLand by Jean Pigozzi こちらのモデルは写真家、実業家、アートコレクターなど多彩な顔をもつ、 フランス系イタリア人のジャン・ピゴッツィ氏とのコラボレーションモデル。 ゾフォートのホワイトモデルをベースに、 前面・背面に同氏が立ち上げたファッションレーベル「LimoLand」の アイコニックなロゴである「Mr.Limo」が色彩豊かにデザインされています。 インスタント写真の純粋な楽...
続きを読む
null 【Leica】何コレっ?! 第17回  『13356』 2017年10月22日
思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。まるで江戸時代の眼鏡ようなこれは、いったい何でしょう? ライカのコードネーム13356は、ユニバーサル偏光フィルターです。 ↓ このようにレンズの前に取付けます。 (カッコいい~!) 画像は、クリックすると大きく表示されます。 二つのリングがつながった部分を中心に前側のリングが、180度展開します。 偏光フィルターは、水面やガラス面の反射を除去したり、 青空や木の葉の色合いやコントラストを調整するネイチャーフォトのは欠か...
続きを読む
Voigtlnader NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM 【Voigtlander】NOKTON 40mmF1.2VM ご予約受付開始! 2017年10月20日
続きを読む
null 【MAPCAMERA × SIGMA】シグマ会津工場レポート 2017年10月19日
シグマ製品の故郷、福島・会津を訪ねて。 2017年10月初旬、東北新幹線・郡山駅から磐越西線へと乗り継ぎ、私たちが目指したのは福島・磐梯町。車窓からは黄金色の田園風景と雄大な姿の磐梯山。「会津は朝晩冷えますよ」という会話をしながら駅のホームへ降りると、ひんやりと澄んだ風に乾いた草木の香りが少し混じっていました。なぜマップカメラがここへ来たのかというと、魅力的な製品を作り続けるカメラ・レンズメーカー『シグマ』の唯一の生産拠点が...
続きを読む
null 【Leica】甦るタンバール!!ご予約受付中! 2017年10月18日
Leicaが通称赤ズマロンと呼ばれる 28mm F5.6を復刻し、世界に衝撃を与えた記憶がまだ新しい中、 再び衝撃的なニュースが飛び込んできました! なんと タンバール90mm F2.2を復刻するというではありませんか! タンバールと言えばLeica Lマウントのレンズ群の中でも一際人気があるレンズ。(上記画像) 1935~42年の間に生産。生産本数は3,000に満たないという希少性と、 その柔らかな描写、センターフィルターを使ったソフトフォーカス撮影など、 現代のレンズにはない描写で、世界中のファン...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]