二眼レフは、いかがですか?!  その28  » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



ローライ3.5Fと歩く(さまよう)秋の京都!(後編の1)

null

 前回の前編、かなりの長さになってしまいました。 こんなだらだらした文章、誰も読んでくれないんじゃ… 不安は尽きませんが、後編もだらだらいきます…
 前回は、長かった割にカメラの話があまりありませんでした…(…って、ダメじゃん)ので、今回はカメラ的お話から… 
 今回持っていったローライフレックス3.5F(プラナー)のフォーカシングスクリーンには、アメリカ・フレンネルオプティックス社製のインテンスクリーンが入っています。 これは、特殊加工により従来のスクリーンより明るいファインダー像が得られるもので、ローライ用以外にも、ニコンF3用やマミヤRZ67用・ライカR用など様々なものが作られていました。 どのくらいの明るさかというと、下のような具合。

null
  右がローライ製のもの、左がインテンスクリーン。 下地の透け具合からして違います。

null
  ローライ製。

null
  インテンスクリーン。 四隅まで明るく見えます。

 ローライ製のスクリーンも、古いローライや日本の二眼レフに多く使われていたすりガラスのスクリーンよりは、はるかに明るいのですが… 昔のものはよく「井戸の底をのぞくよう」なんて表現されていたように、中心部がやっと見えるくらいの本当に暗いスクリーンでした。(それはそれで、とてもノスタルジックな気分になり面白いですけど。) インテンスクリーンの明るさは、感動ものです。 シャッターを切らずとも、スクリーン上の景色を眺めているだけで、幸せな気分に浸れます。 現在日本では、ローライフレックスF用は中古で手に入れるしか入手方法はありません。 新品の最終価格は35000円くらいになっていましたが、中古の価格はまちまちです。 でも見つけたら、是非手に入れておきたいアイテムです。

 …と、またまた長い前置きの後、ようやく3日目のスタートです。 11月23日、この日の天気予報は雨。 所によっては雷雨という悲しい予報… 実際、いつ降り出してもおかしくない空模様。 昨日、青空の下の紅葉は堪能できたので、今日は紅葉は諦めプランBに移行。 滋賀の琵琶湖方面へと足を伸ばしました。

 琵琶湖もまだきちんと見たことなかったんですよね。 やっぱり遠いイメージがあったのですが、京都からJRの快速で1時間あまり。 …とはいえ、列車からはあまり湖は見えませんでしたが… 着いたのは高月駅。 歩いていける距離に、国宝の十一面観音立像を祀った向源寺があります。
 駅前からきれいに整備された道をたどりお寺に近づくと、何やらお経が… …お寺の前のお宅で、お葬式が営まれていました… お坊さんほか数名の読経と鐘の音が響く中、厳かな気持ちになりながら門前に… …写真撮りづらい…

null

 境内に入っても人がまばらで、いよいよ有名な十一面観音に会えるのかとわくわくしながら、本堂横の受付で拝観料を納め宝物庫に。 でも前に置かれた靴箱には大量の靴が…  …??…自動ドアが開くと、目の前にはあふれんばかりの人… 奥に十一面観音は確かにいらっしゃるのに、その前に立ちはだかる人々、100人はいるかも… みな住職の説明を聞いていました。 仕方なく入口で待つことに。 どうやら、お寺の裏にツアー用の大型バスが止まれる駐車場があるようです…
 説明が終わり、人々がもう一度観音様を拝む流れに沿って、ようやく近づくことができました。 彼らが出ていき空いたかなと思っていると、住職が再びマイクで、「次の団体さんは16名ですか、ではほかの方たちが出ていかれたら説明始めましょうか…」 …やだ! 来たばっかだもんね!! ほかの人たちも同様の思いだったようです。 誰も出ぬなか、住職の話。 「今回の団体さんは運がいい。 午後にはバス5台来る予定なんですよ。」 ひぇ~、さすが国宝!
 肝心の十一面観音様は、周囲をぐるっと回ることができ、11面全部のお顔と美しい立ち姿を鑑賞することができました。 …でもやっぱり人がなぁ… いつかオフシーズン(ってあるのかな?)に、もう一度ゆっくり来たいなぁと思いつつ、名残惜しいのですが退室しました。
 本堂も拝観し門まで戻ると、しめやかに出棺の時でした。 …なんか、俗世とあの世との挟間にまぎれたような、不思議な感覚を味わうことになりました…

 高月には、ほかにもいい仏像があるとのことですが、今回は次の予定を優先し、列車で来た道を戻り彦根に。


 そう、彦根城です。(…って、今パソコンで変換したら「彦根嬢」になった… んな、あほな…) でも、お城を観る前にお昼を。 お堀をぐるっと回り、お土産物屋さんの並ぶ通りに出ると、さすが休日、かなりの人通りでした。 あえて行列のできているところに並び、親子丼を…

null
  今回の旅行で一番贅沢な昼食。 手前の猫は、招き猫専門店でゲットしたもの。 スクリーンの説明で使った猫と同じ作者さんの手によるものです。 彦根は招き猫発祥の地だとか… 招き猫好きにはたまりません…

 満腹になり、やっとお城へ。 …といっても、お城マニアではないので、さらっと観ただけですが…

null
  (ローライフレックス3.5F・プラナー75mmF3.5 フジ・プロビア100F)

null
  お目当ては、こっち。

 ところが、時間になって登場場所に行くと、すでにすごい人が…

null
  アナウンス「ひこにゃんは、今この中にいます! お並びいただければ、お時間はかかりますが、必ず会うことができます!」

 ……ひこにゃん、十一面観音以上の人気ぶり… …どうする、並ぶか? 大の大人が、独りで、ひこにゃんのために並ぶか? ……後の予定もあるし、今度にしよう。 ひこにゃん、次は必ず…
 十一面観音に続き、ひこにゃんのおかげで、琵琶湖再訪が私の中で決定づけられました…


 そして、次の予定地へと向かいます。 彦根から近江鉄道本線に乗りました。 「鉄ちゃん」ではありませんが、地方の列車に乗るのはウキウキします。 1両編成の列車が動くと、大きなモーター音でアナウンスが聞こえません。 不安になりながらも乗り換えを間違えずに、今度は2両編成で目的地 豊郷駅に到着。

null
  (ライカM3・エルマリート28mmF2.8 コダック・エリート100) 無人駅です。

 駅で降りたのは、私のほかは地元の方と思しき人のみ… 駅から目的地と向かう途中、地方でよく見られる子供の飛び出し注意を促す看板がいたるところにありました。

null
  ん…

null

 やっと、目的地、旧豊郷小学校へ。

null
  (M3) おや…

null
  (M3)

 すでに廃校になっていますが、地元の公民館的役割を果たしているようで、中は大変きれいです。

null
  階段には、ウサギとカメの像が… …どこかで見たことあるような…

null
  (3.5F フジ・プロビア400X)

null
  (3.5F)

 …ここまでで気が付いた人いますでしょうか? 実はここ、アニメ「けいおん!」で主人公たちが通っていた学校のモデルになったところなんです。 琵琶湖周辺のガイドって少なくて、ネットなどであれこれ調べていたら偶然出てきたんです。 いろいろ見学できることを知り、マニアではないんですが、話の種になると出向いてみました。 同僚にファンもいるし… …ふふふ、自慢しちゃおう…

null
  (3.5F) 教室の中には、こんなセットも… う~ん、なんか楽しくなってきた…

null
  (3.5F) おじさんなんですが… でも、楽しい…

 隣の部屋をのぞいてみると…

null
  (3.5F) 一瞬どっきり… かぶりものをかぶっていたのですが… でもホントびっくりしました…

 小さな舞台があって、ファンの人たちが演奏するらしいです。 残念ながら終わった後でしたが、ちょっと聞いてみたかったかも… 帰る前に2教室ともきれいに掃除していました。 すると、「それローライですよね?」 振り返ると、私と同世代の方… 「あ、はい…」 「すごいですね、いくらくらいするんです?」 「えっと、今なら15万くらいですかね…」 「へぇ、いいなぁ… そういうクラシックカメラだと写真撮るのも楽しいでしょう?」 「ええ、まぁ…」 ここの方なのか、演奏していたグループの子たちとも気軽に話しています。 その後も、この学校が創立から75年も経つことなど教えてくださいました。 私はというと… (クラシックカメラに興味がおありなら、是非マップカメラにお電話ください。 いい品いっぱいありますよ!) …と、心の中で大いに宣伝し、お別れしました。

null
  せっかくなので、加わってみた…

 思いのほか満喫しましたが、気がつくと外は夕焼け… 帰りの電車も気になるし、ここらで後にしましょう…
この学校、前に大きな駐車場があって、ほとんどの人が車で来るようです。 帰りも真っ暗になったホームで1人ポツンと列車を待ちました…

 帰りは、近江八幡駅まで行きJRに乗り換え、かなり遅くなりましたが、無事3日目人気者を巡る旅、終了… と思いきや、もう1つサプライズ。
 今回の旅行、京都に3泊したのですが、3連泊ではなく、最終日だけ別のホテルにしました。 3泊目のホテルは大浴場付き。 やっぱり広いお風呂に入りたいよね(本当は3泊ともこちらにしたかったのですが空いていず…) 夜チェックインすると、フロントで「本日、宿泊者数の関係で、お申し込みいただいていたものより広いお部屋に変更になりました。 追加の料金等はいただきませんが、よろしいでしょうか?」 「…あ、ええ、いいですよ。」 あくまでも冷静に、ま、たまにあるよね…くらいの感じで。 (…ラッキー!!) ルームキーをもらい、エレベーターに乗り込むと… なんと、最上階! 明らかに各部屋の間隔が広い廊下を渡り、部屋を開けると…

null
  ダブルベッド、ドーン!

 避難経路図で確かめると、角に一番大きな部屋があって、その次クラス… う~ん、いいのか? …っつうか、どうせいっていうだ、こんな広いベッド…

 結局、その晩は1人でずっとゴロゴロしていました… ゴロゴロ…

null

 続く… …だぁ、まただらだら書いてしまった… 終わらなかった… すみません、次回、後編の2です。 そんでもって、次回、このコーナーの最終回です!  (文責・イット)

[ Category:etc.|掲載日時:12月06日 19時40分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】”ルックス”重視で決めるレンズ選び。 2018年01月23日
「ファッションとは、前を向く事」 ファッション雑誌アメリカ版「ヴォーグ」の編集長アナ・ウィンターの言葉です。 いろいろな意味を含んでいると思います。 そのひとつとして、 好きなものを身につけること、 欲しかったものを手に入れること、 それによってきっと人は気持ちが前向きになるのではないかと思います。 カメラや交換レンズにおいても同じことが言えるのではないでしょうか? しかしその選択肢によっては、 その数の多さでなかなか決めることが出来ない場合もあると思い...
続きを読む
null Panasonic G9 PRO 改めてその魅力に迫ります 2018年01月22日
ミラーレス市場を最前線で率いてきたパナソニック G1発売から10周年という記念すべき節目に投入されたのが スチル向けフラッグシップモデル G9 PROです。 今までの機種とは一線を画する本機 店頭スタッフも唸るスペックとこだわりが感じられます。 発売日まで残り3日と迫った本機の魅力を、改めてご紹介いたします。 -パナソニック史上最高の表現力- G9 PROは写真撮影でもっとも重要な要素のひとつである色作りを一新。 まるで生きているかのような、生命力が伝わってくる質感と色合い...
続きを読む
写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 2018年01月22日
渡辺 浩徳氏 1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業 20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。 現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。 焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス 小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困難...
続きを読む
null 【Voigtlander】潮風に吹かれて。HELIAR 40mm F2.8 VM 2018年01月22日
潮風を浴びたくて横濱に来た。 手の中には「SONY α7II」と「Voigtlander VM-E Close Focus Adapter」越しに付けた 「Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 」 設定はモノクローム。余計な事は考えないでシャッターを切った。 欄干には手袋一つ。 道端で落ちている手袋は、何故だかいつも片方だけだ。 相棒を失った手袋が再び再会出来る確率はどれぐらいなのだろうか。 光の中で。 男女の声はこちらまで届かない。静かに時間だけが流れている。 暖房の効いた大桟橋の中で、二人...
続きを読む
車両のない鐵道写真2 写真展のご案内 〜 GTYと愉快な仲間たち 写真展『車両のない鐵道写真2』 2018年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは GTYと愉快な仲間たち 写真展 - 『車両のない鐵道写真2』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]