二眼レフは、いかがですか?!  最終回  » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



ローライ3.5Fと歩く(さまよう)秋の京都!(後編の2)

null

 まずは、前回のお詫び…
 結局、前回は極めて趣味性の高い話で終始してしまいました。 天候に恵まれず、かつ室内の撮影も多くて、作例になるような写真もなかったし…
 でも、同僚からの反応は比較的良く、掲載直後から「私もついこの前、向源寺と彦根城に行ってきた。 ひこにゃん、本当にゆるかったよぉ」とか「僕、ファンなんで今度豊郷行ってみたいなぁ」とか… あ、だけどロケ地訪問が思いのほか楽しかったって話したら、女性スタッフに「そっちの道に進むのはどうかと…」って、ちょっと引かれてしまいました… 気をつけよう… う~ん、でももう一か所行ってみたいところあるんだよねぇ… 実際景色良さそうだし、ローライ35売ってる身としては是非ねぇ… …って、いかんいかん、話がまたマニアックな方に…

 …ってなふうに、周りの反応を探っているうちに、あっという間に旅行から一月経ってしまいました。 もうすっかり冬になっちゃたし… ちゃちゃっと最終日の話を書き上げ、コーナーを締めくくらないと未完のまま終了になってしまいます。

 …で、最終日(11月24日)の朝。 ♪ベッドの中で魚になったあと~~ 目覚ましが鳴ってからも、ダブルベッドの広さを1人で堪能… ゴロゴロ… 「う~ん、起きたくないよぉ… あと5分だけ…」 「…って、誰に甘えてんだぁ!!」 最後は自分にツッコミを入れ、起床。

 チェックアウトの後、京都駅のロッカーに荷物を預け、まず向かった先は京都タワー。 そう、駅前のでっかいローソクです。 今年(2011年)は紅葉が遅く、11月20日過ぎでもまだまだという現状を、最後に上から確認してみようというわけです。
 入場料770円を支払い、展望室に上がるエレベーターへ乗り込むと、案内の女性スタッフと二人きり… 「では、地上100メートルの展望室へ向かいます。」 「………」 「………」 「………」 …う~、なんだ、この気まずさは… …重い沈黙が続くなか、仕方なくずっと扉上の高さ表示を見つめていました… 
…やっと上まで上がると、澄み切った青空の下、京都の街が一望できました。 そして遠くには、青々とした山々が…

null
  (ローライフレックス3.5F・プラナー75mmF3.5 フジ・プロビア100F) 比叡山・大原方面です。

 だめだぁ~ 盛りなら後ろの山が真っ赤になっているのですが… 本当、まだまだって感じです。

null
  (3.5F) 手前の建物は、東本願寺。 修復中のようですが、大型バスが何台も停まり、人がぞろぞろと吸い込まれていくさまが見えました。

 どこぞの若いご夫婦の会話。 旦那さん「あの下のが東本願寺だって」 奥さん「へぇ、でもなんか近代的な建物ねぇ… もっと古くないと有り難味がないよねぇ…」 奥さん、違う! 修復中なんだってば! ってか、旦那さん、ツッコメよ! カメラを持つ手がプルプルしてしまいました。

null
  (3.5F) PC上では解りづらいかもですが、さすがブローニーフィルム、細かいところまでよく写ってます。

 眺めを十分堪能した後、下りのエレベーターへ。 …しまった、またお姉さんと二人きりだ… 「本日は、京都タワーをご利用いただき、ありがとうございました。」 また重い沈黙が続くのかなと覚悟していると、丁寧なお辞儀から顔を上げたお姉さんが、それまでより一段大きな声で、「お客さん、そのカメラすごいですね!」 「あ、えぇ、どうも…」 「レンズ2つも付いてるんだ。 なんか、すごい! フィルムで撮るんですよね?」 「えぇ、まぁ。 古いタイプのカメラなんですが…」 「へぇ、お客さん、物持ちいいんですね!」 「(…えっと、そういう問題か?) …はぁ、どうも…」 あっという間に、地上に到着しました… エレベーターを降り際、「ありがとうございました」と、再び丁寧なお辞儀。 (こちらこそ、ありがとう。 とても楽しかったです。 もし古いカメラに興味をお持ちなら、是非マップカメラにお電話ください!) 心の中でいっぱい宣伝しました。

 降りてすぐの所で、京都タワーのマスコット、たわわちゃん(……)がお出迎え。 一緒に記念撮影ができるようです。 昨日のひこにゃんの無念があるし、ここはひとつ。 どれどれ、手前のテーブルにカメラをセットして撮ればいいのか。 まずは1枚…

null

 では、受付のお姉さんが見てないうちに、セルフタイマーで…

null
  ……規格外でした…


 2日前同様、満員のバスで向かったのは銀閣寺。 近場で数少ない、紅葉「今が見頃」の場所に永観堂(禅林寺)があったので、こちら方面を選びました。

 バスを降り、修学旅行と思しき中学生の集団とともに哲学の道を歩き、銀閣寺の中に入ると、まぁすごい人… 人を写し込まず撮るのは、至難の業という状態。 ローライをあちこちに向け、ようやく撮ったのが下の1枚。

null
  (3.5F) 円月台。 思いっきり光入りました。 でも逆に幻想的?

null
  (ライカM3・エルマリート28mmF2.8 コダック・エリート100) 線の細い描写と立体感は、さすがエルマリート。

null
  (M3)

null
  (M3) 高台に上り、1枚。 デジカメだと、のっぺりした描写になりやすい場面です。

 う~ん、ここはあまり紅葉ないなぁ… 上空には雲も多く、晴れてはいるのですが日が陰りやすい状況。 予定ではのんびり哲学の道を散策し、途中食事でもして永観堂に向かうつもりでしたが、撮影の時間帯を逃してしまうといけないので、バスで永観堂まで。

 こちらは、銀閣寺よりもさらに多くの人が… 大型バスも何台も乗り入れていました。  さすが「今が見頃」。

null
  (3.5F) 順番待ちの1枚。

null
  (3.5F)

null
  (M3) こちらも、狭い所でカメラを持ち換えて… 後ろに人待ってましたが、まぁ、デジカメの人が1枚撮っては、その場で液晶画面を確認して動かないことを思えば、早い方なんではと…

null
  (3.5F) 見上げるとこんな感じ… でも雲の流れが速く、すぐ陰ってしまう状況…

null
  (M3)

 お茶屋があり、かなりの盛況ぶり。 ……お腹すいた…… もう今日はお昼はあきらめ、とにかくお腹に入れておこう…

null
  …というわけで、一服。 紅葉に映える愛機… どうよ。 …近くに座った外国人が「おぅ」って感じで見てました・・・ えへへへ・・・って、アホです・・・ えぇ、わかってます・・・

 ・・・ようやく落ち着いてからは、撮影に専念しました。

null
  (3.5F) 人が集まるところに名所あり。 多宝塔の撮影スポットでした。

null
  (M3)

 同じ露出、絞りF8ですが、ブローニー標準画角では手前がぼけ、35mm広角ではこんな感じ… ローライとM3+28mmの組み合わせは、慣れると自分的にはベストでした。 本当、今回50mmの出番なし… 

 本尊のみかえり阿弥陀様を拝観した後は、先の多宝塔まで登る道を。 まさに「今が見頃」でした。


null
  (3.5F)

null
  (M3)

null
  (3.5F)

 というわけで、「今が見頃」(しつこい)の永観堂を後にして、お隣の南禅寺へ。 有名な三門があります。

null
  (M3)  巨大な三門。 その前に立ちはだかる石段を、上ります…

null  
  (M3) 上り… ました…

 あと、ローマの水道橋を模した「水路閣」も有名。 レンガ造りに映える紅葉を期待したのですが、一帯は日陰になってしまっていて、紅葉もまばら…

null
  (3.5F フジ・プロビア400X) 感度400でも、シャッター速度1/15秒… ギリギリです…

null
  (3.5F) 撮影スポットですからね、カップルがいっぱい記念撮影してましたよ… この裏にもね… ちっ… そんな人たちが陰になるのを粘って待った1枚。

null
  (3.5F) 今度来るときは、もっと早い時間にします。

 帰りのバスに乗る頃には、辺りも暗く、すっかり冷え込んでしまいました。 天気予報でも、「今夜から厳しい冷え込みが…」とか言ってたっけ… 遅れていた紅葉も一気に早まるんだろうな… って、もう東京へ帰るんですけど……

 名残惜しい気持ちを残しながら、京都駅へ… は向かわずに、また四条烏丸の「太郎屋」さんへ。 今回の旅、出発が早朝でしたが、帰りも夜9時前の新幹線と、4日間丸々満喫出来る日程。 最後に京都のお酒を十分楽しんだ後、列車に乗り込みました。 (せめて、「太郎屋」さんの店構えの写真でもと思っていたのですが、食事の後、外のあまりの寒さに、写真撮るのすっかり忘れてしまいました。) 新幹線で隣の席だった人、かなり酒臭かったと思います、ごめんなんさい… 

null
 今回の旅でゲットした品々と… あ、ひこにゃん入れ忘れた… …勿論、会社へのお土産も買いましたよ、ちっとだけど…

 貴方も、日常を忘れる旅のお供に、二眼レフはいかがですか?!

 (文責・イット)

[ Category:etc.|掲載日時:12月26日 21時15分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Ring color of Zeiss】Touit 50mm F2.8 ~ Zeiss Lens Taste 04 ~ 【Ring color of Zeiss】Touit 50mm F2.8 ~ Zeiss Lens Taste 04 ~ 2018年01月24日
【Ring color of Zeiss】 青いリングに込められた想いは・・・ 青いリングがもたらす力は、優雅に羽ばたく鳥である。 青いリングでツァイスレンズの神話がよみがえり、 青いリングがツァイスレンズの宇宙を鮮明にする。 青いリングと共に旅立ちの時、 いま、最後の列車が動き出す・・・リングカラー・オブ・トゥイート。 Zeiss Lens Taste 04【花の力】 花と光の楽園!足利フラワーパーク! 今となっては、とても有名な栃木県足利市にある花の公園! 今回はマクロレンズで...
続きを読む
null 【Leica】”ルックス”重視で決めるレンズ選び。 2018年01月23日
「ファッションとは、前を向く事」 ファッション雑誌アメリカ版「ヴォーグ」の編集長アナ・ウィンターの言葉です。 いろいろな意味を含んでいると思います。 そのひとつとして、 好きなものを身につけること、 欲しかったものを手に入れること、 それによってきっと人は気持ちが前向きになるのではないかと思います。 カメラや交換レンズにおいても同じことが言えるのではないでしょうか? しかしその選択肢によっては、 その数の多さでなかなか決めることが出来ない場合もあると思い...
続きを読む
null Panasonic G9 PRO 改めてその魅力に迫ります 2018年01月22日
ミラーレス市場を最前線で率いてきたパナソニック G1発売から10周年という記念すべき節目に投入されたのが スチル向けフラッグシップモデル G9 PROです。 今までの機種とは一線を画する本機 店頭スタッフも唸るスペックとこだわりが感じられます。 発売日まで残り3日と迫った本機の魅力を、改めてご紹介いたします。 -パナソニック史上最高の表現力- G9 PROは写真撮影でもっとも重要な要素のひとつである色作りを一新。 まるで生きているかのような、生命力が伝わってくる質感と色合い...
続きを読む
写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 2018年01月22日
渡辺 浩徳氏 1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業 20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。 現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。 焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス 小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困難...
続きを読む
null 【Voigtlander】潮風に吹かれて。HELIAR 40mm F2.8 VM 2018年01月22日
潮風を浴びたくて横濱に来た。 手の中には「SONY α7II」と「Voigtlander VM-E Close Focus Adapter」越しに付けた 「Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 」 設定はモノクローム。余計な事は考えないでシャッターを切った。 欄干には手袋一つ。 道端で落ちている手袋は、何故だかいつも片方だけだ。 相棒を失った手袋が再び再会出来る確率はどれぐらいなのだろうか。 光の中で。 男女の声はこちらまで届かない。静かに時間だけが流れている。 暖房の効いた大桟橋の中で、二人...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]