二眼レフは、いかがですか?! 2nd season  その1 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



フランス製カメラで、日本のパリ(?)を…

null

 2nd seasonの始まりです。 ……えぇ、海外ドラマの見過ぎです… よくあるでしょう? 時間がある時なんかに観ていたドラマが、ある日、新聞の番組欄で突然の「最終回」。 でも、観ててもちっとも最終回らしくないなぁ…なんて思っているうちに「THE END」の文字が… ???というところに、数ヶ月後スタートする2nd seasonの宣伝… な~んだとなるわけです。 で、実際に始まった新シリーズも流れに特に大きな変化はなく、「前と同じパターンか」と、ちょっと安心したりします。
 ……ところがです。 ある時から、突然の急展開。 主人公の隠されていた過去が明らかになり、それがもとで仲間との間に亀裂が生じたりします。 さらには、信頼していた上司が、実は敵の組織の一員で… ……さぁ、そんな波乱に満ちた2nd seasonの幕開けです。
 ちなみに、ネタばらしをしてしまうと、今回のシリーズの最終回はもう決まっています。 最後、私が絶体絶命のピンチに陥ったところで、画面がブラックアウト… 鳴り響く銃声の中、「To be continued… (3rd seasonに続く…)」のテロップが… ……う~ん、どうなっちゃうんだろう、私…

 …えっと、本題。 ある日、フランス製の二眼レフを手に入れました。 (気がついたら、仲間に加わってました…) 「二眼レフ = ローライ = ドイツ」という印象が強いですが、勿論、日本をはじめ様々な国の二眼レフカメラが存在します。 もともとこのコーナー、「ローライだけが二眼レフじゃない!」っていうところから始まったような気が(そんな遠い記憶が…)します。 とはいえ、ローライの出番が圧倒的に多かったですが…
 ここらで初心に戻り、いろんな二眼レフを紹介できたらいいなぁ…ということで、フランス製カメラ2台の登場です。 一度に2台!というのも、実は詳しい資料がなく、あんまりカメラのお話が出来ないからなんですが…

 上の写真の、まずは右から、セム社の「セムフレックス」。 この個体はグレー革ですが、黒革のものもあります。 どこか軽妙なデザインがドイツ製とは一味違った印象を与えます。 日本では珍しいフランス製の中にあって、比較的目にする機会の多いカメラです。 撮影レンズは「サム ベルチオ 75mm F4.5」というレンズ。 1/250秒までのシャッター速度で、赤窓式のフィルム送り。

null

 そして左が、アトムス社の「エグロン レフレックス」。 1950年くらいのもので同じく赤窓式のフィルム送りですが、シャッター速度は1/150秒までしかありません。 上下のレンズが歯車でかみ合って繰り出されるタイプ。 この個体、外装がかなりくたびれていましたが、それでも手に入れたのは搭載レンズが「アンジェニュー 75mm F4.5」であったから。 フランスを代表する銘玉「アンジェニュー」。 とはいえ、いろんなマウントのものがあり、写りも様々とか… 「では、二眼のレンズはどうだろう?」という、ただただ興味本位からです。

null

 では、そんなフランス製のカメラでどこを撮るか? これも考えものです。 フランスといえばパリ… ファッション性豊かな街です。 服や靴のおしゃれな店が並び、オープンカフェなんかがあったりして… う~ん、代官山、白金台… ……ムリ、そんなとこ、私にゃ合わん… レンズ向けるだけで緊張しちゃう… もっと考えましょう。 ……パリでしょ、…凱旋「門」があって、エッフェル「塔」があって……

 ……あった! 「門」!!

null
  セムフレックス (フジ・プロビア100F 以下同じ)

null
  セムフレックス  門をくぐると聞こえてくるのは、中国語や英語、フランス語… ここ浅草は、まさに異国の街です! ところで、カメラ的には周辺減光が気になるところ… でも上の雷門といい、線の細かさは出てます。

 そして、服やら履物やらのおしゃれな店が軒を連ね…

null
  セムフレックス

null
  エグロン レフレックス

null
  エグロン レフレックス  シャープで、かつグラデーションもなかなか…


null
  セムフレックス

null
  エグロン レフレックス

 一歩寄ってしまったことで、条件が変わってしまいましたが、セムの方が色乗りは豊かか…

null
  セムフレックス

null
  セムフレックス  「ポシュッ…」という、ちょっと頼りげないシャッター音からは想像もできない写りです。

 そして、「塔」!

null
  エグロン レフレックス

 おっと、こっちにも「塔」あったじゃん…

null
  エグロン レフレックス

 なんて調子よくカメラをとっかえひっかえして撮影していたら、突然背後に自転車を押したおじさんが近寄ってきて、「なぁ、兄ちゃん、あの木撮ったか?」 「はい?」 「あそこの立派な木だよ。 頼朝公の植えたすごい木だよ。」 「はぁ…」 「あの木、撮んなきゃ。 とにかくすごい木なんだから! 頼朝公の植えた!」 「……」 ……確かに立派な銀杏の大木ですが、周りに人がいっぱい座って談笑してるからレンズ向けるのも気が引けるし、標準レンズの画角でスクエアだと近寄ると部分的にしか撮れないし… とりあえず木のほうに進んでから、後ろ振り返ると… おじさん、まだこっち見てるし… …えっと、とにかくパシャ…

null
  セムフレックス  と、撮ったど~!


 それでは参拝しようかと本堂に向かいましたが、かなりの人… 平日なのに行列になってました…

null
  セムフレックス

 考えてみたら、今年になってまだちゃんとお参りしてないかも… いわゆる「初詣」… よし、しっかりお願いしとこ… 「給料アップ、給料アップ、給料アップ…」
 …で、初おみくじタイム! ところが、前に中国人の若い女性グループが… 筒から1本の棒を引き出し、書いてある番号の引き出しからおみくじを引くタイプなのですが、一人ひとりが、とにかく長い… あの、後ろ待ってるんですが… 「ジャラジャラジャラ…」と熱心なのは微笑ましいのですが、ねぇ、引いたらその場で見せ合いっこせずにどこうよ… あ、まだ引いてない子いるんだ… だから、ねぇってば… だぁー!! 
 やっと番がきて、えいっと…

null
  ど~ん! …いや、こういう「お約束」は、いらないから… …って、ひとつもいいこと書いてないし…

 境内を離れ、周辺の散策に移りました。 う~ん、数年前にも二眼持って撮影に来ましたが、その時より街並みがかなりきれいになっているような… もっとディープで撮影スポットいっぱいあったよなぁ…

null
  エグロン レフレックス  公演後だったらしく、役者さんが女性たちに囲まれてました。 若い女性陣で、ちょっとびっくり… …あ、驚かないような人たちもたくさんいましたが…

 そして、ありました「オープンカフェ」!

null
  エグロン レフレックス

null
  セムフレックス

null
  セムフレックス

 でも、ここも前よりはきれいか… 結構団体さんなんかが入って、にぎわっているし… お腹もすいていて、かなり気になったんですが、ちょっと一人では入りづらいか… 結局、近くのうどん屋さんにしました。

null
  まぁ、お約束の…

 カウンターの隣席に若い男女2人が。 頼んだ天丼セットの、まずは天丼が運ばれてきました。 一口食べただけで、「この天丼、美味しいね」「うん、ほんと美味しいね」 次にうどんが… 「おうどんも美味しいね」「ほんとだ、美味しいね」 ……あ~、ビール美味しい…

 さらに撮り歩いているうちに、陽も暮れてきました。

null
  エグロン レフレックス  暗かったので開放で。 後ろ、ちょっと流れてます。

null
  エグロン レフレックス

null
  セムフレックス  こういうほうが、浅草らしいか…

 最後にもう一度境内に行くと、5時すぎて閉店してるのに、まだ行列が…

null
  セムフレックス  この場合、お願い事の聞き入れ業務は、翌日に持ち越されるのでしょうか?

 まだ、おみくじも営業してました…… えいっ…

null
  ひとつレベルアップ… うん、こっちにしとこう!

 と、「吉」で始まった2nd seasonですが、次回、敵の卑劣な罠にはまり、誤って同僚を撃ってしまったりするかもしれません… 大変、どうなる、私?!

続く…  (文責・イット)

[ Category:etc.|掲載日時:03月25日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】”ルックス”重視で決めるレンズ選び。 2018年01月23日
「ファッションとは、前を向く事」 ファッション雑誌アメリカ版「ヴォーグ」の編集長アナ・ウィンターの言葉です。 いろいろな意味を含んでいると思います。 そのひとつとして、 好きなものを身につけること、 欲しかったものを手に入れること、 それによってきっと人は気持ちが前向きになるのではないかと思います。 カメラや交換レンズにおいても同じことが言えるのではないでしょうか? しかしその選択肢によっては、 その数の多さでなかなか決めることが出来ない場合もあると思い...
続きを読む
null Panasonic G9 PRO 改めてその魅力に迫ります 2018年01月22日
ミラーレス市場を最前線で率いてきたパナソニック G1発売から10周年という記念すべき節目に投入されたのが スチル向けフラッグシップモデル G9 PROです。 今までの機種とは一線を画する本機 店頭スタッフも唸るスペックとこだわりが感じられます。 発売日まで残り3日と迫った本機の魅力を、改めてご紹介いたします。 -パナソニック史上最高の表現力- G9 PROは写真撮影でもっとも重要な要素のひとつである色作りを一新。 まるで生きているかのような、生命力が伝わってくる質感と色合い...
続きを読む
写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 2018年01月22日
渡辺 浩徳氏 1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業 20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。 現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。 焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス 小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困難...
続きを読む
null 【Voigtlander】潮風に吹かれて。HELIAR 40mm F2.8 VM 2018年01月22日
潮風を浴びたくて横濱に来た。 手の中には「SONY α7II」と「Voigtlander VM-E Close Focus Adapter」越しに付けた 「Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 」 設定はモノクローム。余計な事は考えないでシャッターを切った。 欄干には手袋一つ。 道端で落ちている手袋は、何故だかいつも片方だけだ。 相棒を失った手袋が再び再会出来る確率はどれぐらいなのだろうか。 光の中で。 男女の声はこちらまで届かない。静かに時間だけが流れている。 暖房の効いた大桟橋の中で、二人...
続きを読む
車両のない鐵道写真2 写真展のご案内 〜 GTYと愉快な仲間たち 写真展『車両のない鐵道写真2』 2018年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは GTYと愉快な仲間たち 写真展 - 『車両のない鐵道写真2』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]