【トル・アソブ】PENTAX Qで手持ちのレンズで超望遠撮影【1号店3階】 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



レンズ交換式デジタルカメラで最小の「PENTAX Q」で超望遠撮影を敢行しました。
望遠レンズが発売されていませんので手持ちの望遠レンズとマウントアダプターの組み合わせで
撮像素子が小さな「PENTAx Q」で35mm判レンズを使うと焦点距離が5.5倍換算になりますので望遠レンズも超望遠レンズに早変わり。
マウントアダプターは「PENTAX」純正で発表はありましが
まだ発売されていなので今回は「RAYQUAL(レイクォール)」製を使用しました。
null
次はレンズ選びです。選ぶと言っても今回のお題が「手持ちのレンズ」でと言うことで所有物から。
で、出してきたのは「smc-PENTAX A★135mm F1.8」「smc-PENTAX FA☆200mm F2.8ED[IF]」
「smc-PENTAX A★300mm F4」と「リアコンバーターA 2XL」。最大35mm判で400mm迄用意できました。
次はカメラ側の設定となりますが「PENTAX Q」は純正レンズで電気接点が無い
「ユニークレンズシリーズ」が有りますので面倒な設定変更は必要ありません。
次は被写体探しを今冬から自宅ベランダから富士山がよく見えたので富士山でいこう思っていましたが
なんと撮影当日は風があるにも関らず13階に上がったにもかかわらず全く見えず
第二候補の筑波山と思い反対側へ。
肉眼では薄っすら確認できるんですがカメラで絞り込んで露出補正最大にしても全く視認できず。
第三候補の東京タワーを、
先ずは「smc-PENTAX FA☆200mm F2.8ED[IF]」を付けて試し撮りを
PENTAX Q smc-PENTAX FA☆200mm F2.8ED[IF]
陽炎でしょうか?蜃気楼見たいな感じに。
遠すぎる、チョット左を見て東京スカイツリーをと思って見ましたが光線の具合が良くない。
桜が見頃なので見下ろす感じで撮って見ると風が思ったより強く
PENTAX Q smc-PENTAX FA☆200mm F2.8ED[IF]
幻想的な画になってしまいました。
もう、こうなたっら手当たり次第撮ってみてと荒川の河川敷を
PENTAX Q smc-PENTAX FA☆200mm F2.8ED[IF]
間違えなく陽炎の影響でボケボケ・・・
被写体選びでこんなに苦労するとは・・・
常識を超えたものを撮るのは大変なことに気がつき
最後は何の変哲もないビルの屋上のアンテナに決定。
null
ほぼ肉眼で見た感じです。
真ん中の茶色のビルのアンテナが目標、直線距離約150m.

撮影のセッティング開始。
超望遠撮影ですのでチョットしたブレも命取り、三脚を使用。
今回使うマウントアダプターには三脚座が有りますので助かります。
撮影モードはAV(絞り優先AE)、絞り込み測光で利用できます。絞りを絞った際撮像素子に届く光量が少なくなります。
しかし、カメラ側で自動的にゲインアップを行なうので、LCDの画像は思ったほど暗くなりません。
ピント合わせはお約束のマニュアル。
MFアシストは使用可能、OKボタンを押すとMFアシストが作動し、画面中央部が4倍に拡大されるます。
このとき十字キーを押すと拡大部分が自由に移動でき、さらにシャッターボタンを半押しすると全画面表示に戻ります。
撮影時のデータは全て絞りF8(200mmにリアコンバーターの場合はF4,みなし絞りF8)露出補正なし感度125。
画角比較で「K-5」で撮影したものを右側に掲載します。
アスペクト比は「PENTAX Q」4:3、「K-5」は3:2大きさが多少違います。

smc-PENTAX A★135mm F1.8
smc-PENTAX A★135mm F1.8
左PENTAX Q/35mm判換算焦点距離 742.5mm 右K-5/35mm判換算焦点距離 202.5mm
smc-PENTAX A★135mm F1.8 smc-PENTAX A★135mm F1.8

smc-PENTAX FA☆200mm F2.8ED[IF]
smc-PENTAX FA☆200mm F2.8ED[IF]
左PENTAX Q/35mm判換算焦点距離 1100mm 右K-5/35mm判換算焦点距離 300mm
smc-PENTAX FA☆200mm F2.8ED[IF] smc-PENTAX FA☆200mm F2.8ED[IF]

smc-PENTAX A★300mm F4
smc-PENTAX A★300mm F4
左PENTAX Q/35mm判換算焦点距離 1650mm 右K-5/35mm判換算焦点距離 450mm
smc-PENTAX A★300mm F4 smc-PENTAX A★300mm F4

smc-PENTAX FA☆200mm F2.8ED[IF]+リアコンバーターA 2XL
smc-PENTAX FA☆200mm F2.8ED[IF]+リアコンバーターA 2XL<br />
左PENTAX Q/35mm判換算焦点距離 2200mm 右K-5/35mm判換算焦点距離 600mm
smc-PENTAX FA☆200mm F2.8ED[IF]+リアコンバーターA 2XL smc-PENTAX FA☆200mm F2.8ED[IF]+リアコンバーターA 2XL

画角がかなり狭くなるのでチョットしたブレも大きくなり三脚に取り付けていても気をかなりつかいます。
電子シャッターだからでしょうか連続撮影をすると・・・
smc-PENTAX FA☆200mm F2.8ED[IF]+リアコンバーターA 2XL
ゆがんでしまいます。
これはこれで面白い写真だとは思いますが・・・・
PENTAX純正のマウントアダプターはレンズシャッター機構を
持っているので動いている被写体でなければゆがむことはないと思います。

次は大口径超望遠レンズのボケは、と思い試してみました。
レンズは「smc-PENTAX A★135mm F1.8」
35mm換算700mm超の開放は?
null
目標は真ん中の石柱距離15m 感度125 撮影モードはAV(絞り優先AE)
絞りF1.8
真ん中の石柱以外はかなりボケてます
真ん中の石柱以外はかなりボケてます。
絞りF2.8
二本目が若干ハッキリしだしてます
F1.8開放と変わらない感じですが真ん中より二本目が若干ハッキリしだしてます。
絞りF5.6
真ん中から二本目までハッキリしてきました
真ん中から二本目までハッキリしてきました。
絞りF8
後の三本目までハッキリしています
後の三本目までハッキリしています。前よりは後よりボケが大きいのが分かります。
絞りF11
絞りF8とほとんど同じです
絞りF8とほとんど同じです。

今回は単焦点レンズを使用しましたが
ズームレンズを使用すれば画角は調整できますので
撮影の幅が増えると思います。

手持ち撮影でも楽しめますが
やはり三脚を使ったほうがいいでしょう。
それも、丈夫なものがオススメです。
「PENTAX Q」はレリーズが使えないのでリモコンを使用します。
カメラ側のリモコン受光子が前側しかありませんので
使用時には注意が必要です。

超望遠撮影の世界に足を踏み入れてはいかがですか。

[ Category:SONY]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 2017年10月23日
ゾフォートの特別限定モデルのご予約を受付中です! 2017年11月発売予定 Leica ゾフォート LimoLand by Jean Pigozzi こちらのモデルは写真家、実業家、アートコレクターなど多彩な顔をもつ、 フランス系イタリア人のジャン・ピゴッツィ氏とのコラボレーションモデル。 ゾフォートのホワイトモデルをベースに、 前面・背面に同氏が立ち上げたファッションレーベル「LimoLand」の アイコニックなロゴである「Mr.Limo」が色彩豊かにデザインされています。 インスタント写真の純粋な楽...
続きを読む
null 【Leica】何コレっ?! 第17回  『13356』 2017年10月22日
思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。まるで江戸時代の眼鏡ようなこれは、いったい何でしょう? ライカのコードネーム13356は、ユニバーサル偏光フィルターです。 ↓ このようにレンズの前に取付けます。 (カッコいい~!) 画像は、クリックすると大きく表示されます。 二つのリングがつながった部分を中心に前側のリングが、180度展開します。 偏光フィルターは、水面やガラス面の反射を除去したり、 青空や木の葉の色合いやコントラストを調整するネイチャーフォトのは欠か...
続きを読む
Voigtlnader NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM 【Voigtlander】NOKTON 40mmF1.2VM ご予約受付開始! 2017年10月20日
続きを読む
null 【MAPCAMERA × SIGMA】シグマ会津工場レポート 2017年10月19日
シグマ製品の故郷、福島・会津を訪ねて。 2017年10月初旬、東北新幹線・郡山駅から磐越西線へと乗り継ぎ、私たちが目指したのは福島・磐梯町。車窓からは黄金色の田園風景と雄大な姿の磐梯山。「会津は朝晩冷えますよ」という会話をしながら駅のホームへ降りると、ひんやりと澄んだ風に乾いた草木の香りが少し混じっていました。なぜマップカメラがここへ来たのかというと、魅力的な製品を作り続けるカメラ・レンズメーカー『シグマ』の唯一の生産拠点が...
続きを読む
null 【Leica】甦るタンバール!!ご予約受付中! 2017年10月18日
Leicaが通称赤ズマロンと呼ばれる 28mm F5.6を復刻し、世界に衝撃を与えた記憶がまだ新しい中、 再び衝撃的なニュースが飛び込んできました! なんと タンバール90mm F2.2を復刻するというではありませんか! タンバールと言えばLeica Lマウントのレンズ群の中でも一際人気があるレンズ。(上記画像) 1935~42年の間に生産。生産本数は3,000に満たないという希少性と、 その柔らかな描写、センターフィルターを使ったソフトフォーカス撮影など、 現代のレンズにはない描写で、世界中のファン...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]