【トル・アソブ】ヨコハマお散歩、PENwithPEN » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





(GR DIGTALⅢ クリックするとポップアップします)

OM-Dが発売され、いま熱いオリンパスのカメラ。そんなオリンパスのデジタルカメラPEN E-P3とハーフサイズフィルムカメラPEN Fをも携えてヨコハマの町を歩いてきました。
 
旅のはじめはJRの石川町駅からスタートです。この日は予報では曇り、駅を出ると曇り空の中から時々青空が覗いています。予報にあわせてKODAK ULTLAMAX400をPEN Fに詰めてきたので、ちょっと失敗したかなと思いながら歩き出します。


(OLYMPUS PEN F MEDICAL F.ZUIKO 38mm F1.8) 

細い階段を抜けてまずはじめに目指すのは外交官の家です。


(OLYMPUS PEN E-P3 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mmⅡR アートフィルター:ラフモノクローム)

外交官の家は、明治政府の外交官内田定槌の邸宅を移築したもの洋館で、
隣には外国人用住宅として建てられたブラフ11番館も移築されています。


(OLYMPUS PEN F MEDICAL F.ZUIKO 38mm F1.8)

館内は明るく、所々に花が置かれ、柱や手すりにもその歴史を感じます。


(OLYMPUS PEN E-P3 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mmⅡR)

裏には丘の上の庭園が有り、噴水の水が跳ね風の吹く美しい庭園があります。


(OLYMPUS PEN E-P3 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mmⅡR)

外交官の家を出て尾根道を歩いていきます。
さすが、山の手というだけあって所々見える階段や坂道に、丘の上にあることを実感します。


(OLYMPUS PEN E-P3 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mmⅡR アートフィルター:ジオラマ)

さらに歩くこと少し、今度はベーリックホールに向かいます。


(OLYMPUS PEN E-P3 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mmⅡR)

横浜の洋館で最大規模のベーリックホールはイギリス人貿易商B.R.ベリックの邸宅として建てられたもので、子供部屋として作られた部屋の美しい窓枠や緑色の壁などは是非必見です。


(OLYMPUS PEN E-P3 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mmⅡR)

ベーリックホールを出たところでトラブル発生。なんとPEN Fの裏蓋が開いているのを発見。とりあえず裏蓋を締めて数回巻き上げます。
後から現像に出して確認したらやっぱり何枚かはアウト、これが実際に感光して救えた一枚です。


(OLYMPUS PEN F MEDICAL F.ZUIKO 38mm F1.8)

がっかりしながらあるく山手にシャッターを切る回数も減ります。外人墓地などもあったのですが、何となく撮らずに通過。向かうのは港の見える丘公園です。さすが港の見える丘公園、ベイブリッジやコンテナを吊り上げるキリンたちがよく見えます。


(OLYMPUS PEN E-P3 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mmⅡR アートフィルター:ジオラマ)

本牧ふ頭と大黒ふ頭を結ぶ、ベイブリッジは平成元年9月27日に開通した長さ860m、高さ175mの大きなつり橋です。
やはりここで使いたくなるのが、アートフィルターのジオラマ。大きなベイブリッジも一瞬にしてミニチュアに早変り。アートフィルターに設定してベイブリッジを中心にタッチパネルでポンと押すだけで簡単にこんな写真が出来上がります。
このタッチシャッター、最初はあんまり使っていなかったのですが、その使いやすさにいつの間にかハマってしまいます。


(OLYMPUS PEN F MEDICAL F.ZUIKO 38mm F1.8)

港の見える丘公園を出て今度はフランス山の方に向かいます。
やはり新旧のPENを持っていると、カンをフルに使って露出やピントを一つづつ決めていくフィルムの持つリズムと、瞬間的にシャッターを切ることが出来るデジタルの持つリズムの違いに新鮮な驚きを感じます。


(OLYMPUS PEN F MEDICAL F.ZUIKO 38mm F1.8)

このあたりは、かつてフランス領事館があり、そのことからフランス山と呼ばれるようになったそうです。林の中には領事館の遺構がひっそりと残っています。このあたりの土地は明治元年(1864)から昭和四十六年(1971)までフランス政府のものだったそうです。このようなエピソードを知ると、港町ヨコハマを深く感じます。

印象的な風車が、わずかな風に揺れていました。


(OLYMPUS PEN E-P3 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mmⅡR アートフィルター:ジオラマ)

今回のコースは、都心からも近く歩いてのんびりと巡れるのでとてもおすすめです。
港の見える丘公園を下ると元町や中華街、みなとみらいや山下公園にも足を伸ばすことが出来ますで、カメラを持って赴くままに足を運んでみてはいかかでしょうか。

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:07月16日 13時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Ring color of Zeiss】Touit 50mm F2.8 ~ Zeiss Lens Taste 04 ~ 【Ring color of Zeiss】Touit 50mm F2.8 ~ Zeiss Lens Taste 04 ~ 2018年01月24日
【Ring color of Zeiss】 青いリングに込められた想いは・・・ 青いリングがもたらす力は、優雅に羽ばたく鳥である。 青いリングでツァイスレンズの神話がよみがえり、 青いリングがツァイスレンズの宇宙を鮮明にする。 青いリングと共に旅立ちの時、 いま、最後の列車が動き出す・・・リングカラー・オブ・トゥイート。 Zeiss Lens Taste 04【花の力】 花と光の楽園!足利フラワーパーク! 今となっては、とても有名な栃木県足利市にある花の公園! 今回はマクロレンズで...
続きを読む
null 【Leica】”ルックス”重視で決めるレンズ選び。 2018年01月23日
「ファッションとは、前を向く事」 ファッション雑誌アメリカ版「ヴォーグ」の編集長アナ・ウィンターの言葉です。 いろいろな意味を含んでいると思います。 そのひとつとして、 好きなものを身につけること、 欲しかったものを手に入れること、 それによってきっと人は気持ちが前向きになるのではないかと思います。 カメラや交換レンズにおいても同じことが言えるのではないでしょうか? しかしその選択肢によっては、 その数の多さでなかなか決めることが出来ない場合もあると思い...
続きを読む
null Panasonic G9 PRO 改めてその魅力に迫ります 2018年01月22日
ミラーレス市場を最前線で率いてきたパナソニック G1発売から10周年という記念すべき節目に投入されたのが スチル向けフラッグシップモデル G9 PROです。 今までの機種とは一線を画する本機 店頭スタッフも唸るスペックとこだわりが感じられます。 発売日まで残り3日と迫った本機の魅力を、改めてご紹介いたします。 -パナソニック史上最高の表現力- G9 PROは写真撮影でもっとも重要な要素のひとつである色作りを一新。 まるで生きているかのような、生命力が伝わってくる質感と色合い...
続きを読む
写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 2018年01月22日
渡辺 浩徳氏 1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業 20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。 現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。 焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス 小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困難...
続きを読む
null 【Voigtlander】潮風に吹かれて。HELIAR 40mm F2.8 VM 2018年01月22日
潮風を浴びたくて横濱に来た。 手の中には「SONY α7II」と「Voigtlander VM-E Close Focus Adapter」越しに付けた 「Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 」 設定はモノクローム。余計な事は考えないでシャッターを切った。 欄干には手袋一つ。 道端で落ちている手袋は、何故だかいつも片方だけだ。 相棒を失った手袋が再び再会出来る確率はどれぐらいなのだろうか。 光の中で。 男女の声はこちらまで届かない。静かに時間だけが流れている。 暖房の効いた大桟橋の中で、二人...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]