【トル・アソブ】ヨコハマお散歩、PENwithPEN » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





(GR DIGTALⅢ クリックするとポップアップします)

OM-Dが発売され、いま熱いオリンパスのカメラ。そんなオリンパスのデジタルカメラPEN E-P3とハーフサイズフィルムカメラPEN Fをも携えてヨコハマの町を歩いてきました。
 
旅のはじめはJRの石川町駅からスタートです。この日は予報では曇り、駅を出ると曇り空の中から時々青空が覗いています。予報にあわせてKODAK ULTLAMAX400をPEN Fに詰めてきたので、ちょっと失敗したかなと思いながら歩き出します。


(OLYMPUS PEN F MEDICAL F.ZUIKO 38mm F1.8) 

細い階段を抜けてまずはじめに目指すのは外交官の家です。


(OLYMPUS PEN E-P3 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mmⅡR アートフィルター:ラフモノクローム)

外交官の家は、明治政府の外交官内田定槌の邸宅を移築したもの洋館で、
隣には外国人用住宅として建てられたブラフ11番館も移築されています。


(OLYMPUS PEN F MEDICAL F.ZUIKO 38mm F1.8)

館内は明るく、所々に花が置かれ、柱や手すりにもその歴史を感じます。


(OLYMPUS PEN E-P3 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mmⅡR)

裏には丘の上の庭園が有り、噴水の水が跳ね風の吹く美しい庭園があります。


(OLYMPUS PEN E-P3 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mmⅡR)

外交官の家を出て尾根道を歩いていきます。
さすが、山の手というだけあって所々見える階段や坂道に、丘の上にあることを実感します。


(OLYMPUS PEN E-P3 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mmⅡR アートフィルター:ジオラマ)

さらに歩くこと少し、今度はベーリックホールに向かいます。


(OLYMPUS PEN E-P3 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mmⅡR)

横浜の洋館で最大規模のベーリックホールはイギリス人貿易商B.R.ベリックの邸宅として建てられたもので、子供部屋として作られた部屋の美しい窓枠や緑色の壁などは是非必見です。


(OLYMPUS PEN E-P3 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mmⅡR)

ベーリックホールを出たところでトラブル発生。なんとPEN Fの裏蓋が開いているのを発見。とりあえず裏蓋を締めて数回巻き上げます。
後から現像に出して確認したらやっぱり何枚かはアウト、これが実際に感光して救えた一枚です。


(OLYMPUS PEN F MEDICAL F.ZUIKO 38mm F1.8)

がっかりしながらあるく山手にシャッターを切る回数も減ります。外人墓地などもあったのですが、何となく撮らずに通過。向かうのは港の見える丘公園です。さすが港の見える丘公園、ベイブリッジやコンテナを吊り上げるキリンたちがよく見えます。


(OLYMPUS PEN E-P3 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mmⅡR アートフィルター:ジオラマ)

本牧ふ頭と大黒ふ頭を結ぶ、ベイブリッジは平成元年9月27日に開通した長さ860m、高さ175mの大きなつり橋です。
やはりここで使いたくなるのが、アートフィルターのジオラマ。大きなベイブリッジも一瞬にしてミニチュアに早変り。アートフィルターに設定してベイブリッジを中心にタッチパネルでポンと押すだけで簡単にこんな写真が出来上がります。
このタッチシャッター、最初はあんまり使っていなかったのですが、その使いやすさにいつの間にかハマってしまいます。


(OLYMPUS PEN F MEDICAL F.ZUIKO 38mm F1.8)

港の見える丘公園を出て今度はフランス山の方に向かいます。
やはり新旧のPENを持っていると、カンをフルに使って露出やピントを一つづつ決めていくフィルムの持つリズムと、瞬間的にシャッターを切ることが出来るデジタルの持つリズムの違いに新鮮な驚きを感じます。


(OLYMPUS PEN F MEDICAL F.ZUIKO 38mm F1.8)

このあたりは、かつてフランス領事館があり、そのことからフランス山と呼ばれるようになったそうです。林の中には領事館の遺構がひっそりと残っています。このあたりの土地は明治元年(1864)から昭和四十六年(1971)までフランス政府のものだったそうです。このようなエピソードを知ると、港町ヨコハマを深く感じます。

印象的な風車が、わずかな風に揺れていました。


(OLYMPUS PEN E-P3 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mmⅡR アートフィルター:ジオラマ)

今回のコースは、都心からも近く歩いてのんびりと巡れるのでとてもおすすめです。
港の見える丘公園を下ると元町や中華街、みなとみらいや山下公園にも足を伸ばすことが出来ますで、カメラを持って赴くままに足を運んでみてはいかかでしょうか。

[ Category:OLYMPUS]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【ZEISS&Voigtlander】Milvus 1.4/35と ULTRON40mmF2 ご予約受付中 【ZEISS&Voigtlander】Milvus 1.4/35と ULTRON40mmF2 ご予約受付中 2017年08月18日
Carl ZeissとVoigtlanderから新しいレンズが発表となりました! 【Carl Zeiss】 ニコン F/キヤノン EFマウント用 「Milvus」はデジタル撮像素子に最適化されたレンズ設計と 新しい時代にベストマッチした解像性能を持つカールツァイスの美しきレンズ。 どのような場面にも万能に使える35mmの焦点距離に、大きなボケ表現も楽しめるF値1.4。 好評だった従来のディスタゴンタイプを継承しつつ、 新しい光学系に生まれ変わり最新のMilvusが誕生しました。 1.4/35が新しく加わり、Mil...
続きを読む
【貸出機材更新】8/20 イベント開催のお知らせ『ライカで撮る、ライカを知る。 SLとM』 【貸出機材更新】8/20 イベント開催のお知らせ『ライカで撮る、ライカを知る。 SLとM』 2017年08月18日
自分に合うのはどっちのライカ?その答えがわかるライカイベントを開催いたします。 ゲストにプロカメラマン・河田一規氏とフリーライター・ガンダーラ井上氏をお迎えし、なぜライカなのか?ライカレンズは何が違うのか?を少しマニアックだけど分かりやすく説明していただきます。さらにライカSLとM10で実際に撮影ができる時間をご用意。 ライカに興味があるけど持っていない、実際にライカを使って撮影をしてみたい、など 初めてライカを体験...
続きを読む
null オリンパスで広がる撮影の世界 第2回 高性能ズームの新スタンダード。M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm... 2017年08月16日
オリンパスで広がる撮影の世界 第2回 高性能ズームの新スタンダード。 M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO ただいまマップカメラでは、 創業祭「MAP FES MAP CAMERA 23rd Anniversary」を開催中。 お得なSALEやイベントなど、 すでに利用してくださったお客様も多いことだろう。 そんな創業祭で盛り上がっているマップカメラでは、 本年カメラグランプリで三冠を達成したオリンパスを大特集!! OM-D E-M1 Mark IIとM.ZUIKO DIGITAL ED12-100MM F4.0 IS PROが カメラグラン...
続きを読む
【夏カメラで夏フォト】防水デジカメ大集合 ~ from FUJIFILM ~ 【夏カメラで夏フォト】防水デジカメ大集合 ~ from FUJIFILM ~ 2017年08月15日
【夏カメラで夏フォト!防水デジカメ大集合】~ from FUJIFILM ~ 夏にピッタリの「防水デジカメ」大集合!! 夏の旅行に最適なカメラといえば防水デジカメです。 海でも山でも、いつでもどこでも誰でも安心して使えるデジカメ! 防水性能に加え、優れた「タフ性能」&「基本性能」+アウトドアを意識したデジカメ! マリンスポーツはもとより、スキーや釣り、 キャンプや登山などといったハードに活躍してくれるデジカメ! サマーレジャーをもっと楽しくしてくれる、タフに使...
続きを読む
null 【Nikon】希少!! Nikon S3追加生産型あります! 2017年08月14日
この凛々しいブラックニコンは、通称「Nikon S3 オリンピック」とよばれているカメラです。 Nikon S3は、1958(昭和33年)にNikon S2の後継機として登場し、12,300台あまりが製造されました。 そして、一旦製造を終了した後、1965(昭和40)年に2,000台が再発売されました(S3追加生産型、ブラックのみ)。 このS3追加生産型には、新型の50mmF1.4が付いていました(ボディのみの販売もあった)。 S3追加生産型のシリアルナンバーは、6320000番台といわれています。 ちなみに本機のシリア...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]