【トル・アソブ】レンズキャップをキラッと変身☆ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




null]
こんにちは!

以前、EC営業部・宮澤がオリジナルストラップのデコレーションをご紹介しましたが、
今回は2号店3階よりレンズキャップのデコレーションをご紹介いたします!

携帯電話や携帯用ミラーにデコレーションするのが流行っていますが、
カメラ本体にデコるのはかなり勇気が要ります。

でも、キラキラするものが好きな女子としては、
やっぱり大好きなカメラにもデコをしたいのです。

そこで、本体ではなくキャップにデコってみることにしました!


自分でデコったことがないので、まずは情報収集。

インターネットのカメラ情報サイトや女性向けのカメラ雑誌を見ると、
みなさんいろいろな方法で自分のカメラをカスタマイズしているようです。

私、かなり大雑把な性格ですので、やりたいと思ったのはいいものの
本当に出来るのか?という不安でいっぱいになりました。

気に入ったものが出来ればいいよね……
と、弱気になりながらスタートです。

今回は、OLYMPUSから発売されているデコレーション専用の
フロントキャップをカスタマイズすることにしました。

null

OLYMPUS LC-37DC
840円(税込み)



デコるものを決めたらデザインを決めます。

デザインを決めるのは、お店に行って素材を探しながらでも
実際に作業をしながらでもいいと思います。

ただ、今回は初めての挑戦なのと、
思い切り失敗すると立ち直れなくなりそうだったので、
予めデザインを決めました。

今回のデザインは、マップカメラを運営するシュッピン株式会社の
トレードマークにしました!

大人女子なイメージで、カッコ可愛くなる予定です。


さぁ、次は材料の調達に行きましょう!

デコレーションするための材料は、アクセサリーパーツを専門に扱っているお店と、
手芸用品の専門店で購入しました。

今回は、ラインストーンを使用しました。
色、サイズなどデザイン画を元に購入。

接着剤はデコレーション専用のものを使いました。
これもアクセサリーパーツの専門店で一緒に購入しました。

null


材料も揃ったので、デコレーションの開始です!

デザイン画を基に、キャップへデザインを写していきます。
今回はキャップに鉛筆で直接描きました。
見えづらいかと思いますが、思い切って描いています。

null

他にも、転写シートを使う方法などもあるようですが、
複雑なデザインでなければ直接書いてしまった方が楽でした。

デザインが描けたら、ラインストーンを貼り付けていきます。

中央から始め、その後、周りを貼っていきました。

接着剤が完全に固まるまでは、割と簡単にストーンが動いてしまうので
チェスのマークを完成させた後、丸一日乾かしました。

見えづらいかと思いますが、チェスマークの周りに貼った黒のストーンは
2種類のサイズを使っています。
1種類の大きさのものだけを使うと、どうしても隙間ができてしまうので、
小さなストーンを入れて間を埋めました。

全部のストーンを貼り終えたら、すぐに使いたいのをグッと堪えて……
再び丸一日乾かします。


そして……完成☆

null

如何でしょうか?


実際にレンズに付けるとこんな感じになります。

null]

カッコ可愛くなったでしょうか?
自分では大満足です。

きっと、もっときちんとしたやり方があるのかもしれませんが、
完全に独学でもなんとかできあがりました!

そして、何度も言うようですが大雑把な性格ですので、
細かいところは大目に見ていただけるとありがたいです。


やってみてわかったことですが、全面をラインストーンでデコるのは
実は上級者向けだったようです。


簡単なアレンジとして、こんなシールを貼ってみました。

null

だいぶポップな感じになりました。
でも、これはこれでけっこうお気に入りです。


キャップであれば、気軽に遊べると思います。
ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください!

今度はどんなデザインにしようか楽しく悩み中です。

[ Category:OLYMPUS]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 2017年10月23日
ゾフォートの特別限定モデルのご予約を受付中です! 2017年11月発売予定 Leica ゾフォート LimoLand by Jean Pigozzi こちらのモデルは写真家、実業家、アートコレクターなど多彩な顔をもつ、 フランス系イタリア人のジャン・ピゴッツィ氏とのコラボレーションモデル。 ゾフォートのホワイトモデルをベースに、 前面・背面に同氏が立ち上げたファッションレーベル「LimoLand」の アイコニックなロゴである「Mr.Limo」が色彩豊かにデザインされています。 インスタント写真の純粋な楽...
続きを読む
null 【Leica】何コレっ?! 第17回  『13356』 2017年10月22日
思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。まるで江戸時代の眼鏡ようなこれは、いったい何でしょう? ライカのコードネーム13356は、ユニバーサル偏光フィルターです。 ↓ このようにレンズの前に取付けます。 (カッコいい~!) 画像は、クリックすると大きく表示されます。 二つのリングがつながった部分を中心に前側のリングが、180度展開します。 偏光フィルターは、水面やガラス面の反射を除去したり、 青空や木の葉の色合いやコントラストを調整するネイチャーフォトのは欠か...
続きを読む
Voigtlnader NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM 【Voigtlander】NOKTON 40mmF1.2VM ご予約受付開始! 2017年10月20日
続きを読む
null 【MAPCAMERA × SIGMA】シグマ会津工場レポート 2017年10月19日
シグマ製品の故郷、福島・会津を訪ねて。 2017年10月初旬、東北新幹線・郡山駅から磐越西線へと乗り継ぎ、私たちが目指したのは福島・磐梯町。車窓からは黄金色の田園風景と雄大な姿の磐梯山。「会津は朝晩冷えますよ」という会話をしながら駅のホームへ降りると、ひんやりと澄んだ風に乾いた草木の香りが少し混じっていました。なぜマップカメラがここへ来たのかというと、魅力的な製品を作り続けるカメラ・レンズメーカー『シグマ』の唯一の生産拠点が...
続きを読む
null 【Leica】甦るタンバール!!ご予約受付中! 2017年10月18日
Leicaが通称赤ズマロンと呼ばれる 28mm F5.6を復刻し、世界に衝撃を与えた記憶がまだ新しい中、 再び衝撃的なニュースが飛び込んできました! なんと タンバール90mm F2.2を復刻するというではありませんか! タンバールと言えばLeica Lマウントのレンズ群の中でも一際人気があるレンズ。(上記画像) 1935~42年の間に生産。生産本数は3,000に満たないという希少性と、 その柔らかな描写、センターフィルターを使ったソフトフォーカス撮影など、 現代のレンズにはない描写で、世界中のファン...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]