【トル・アソブ】レンズキャップをキラッと変身☆ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




null]
こんにちは!

以前、EC営業部・宮澤がオリジナルストラップのデコレーションをご紹介しましたが、
今回は2号店3階よりレンズキャップのデコレーションをご紹介いたします!

携帯電話や携帯用ミラーにデコレーションするのが流行っていますが、
カメラ本体にデコるのはかなり勇気が要ります。

でも、キラキラするものが好きな女子としては、
やっぱり大好きなカメラにもデコをしたいのです。

そこで、本体ではなくキャップにデコってみることにしました!


自分でデコったことがないので、まずは情報収集。

インターネットのカメラ情報サイトや女性向けのカメラ雑誌を見ると、
みなさんいろいろな方法で自分のカメラをカスタマイズしているようです。

私、かなり大雑把な性格ですので、やりたいと思ったのはいいものの
本当に出来るのか?という不安でいっぱいになりました。

気に入ったものが出来ればいいよね……
と、弱気になりながらスタートです。

今回は、OLYMPUSから発売されているデコレーション専用の
フロントキャップをカスタマイズすることにしました。

null

OLYMPUS LC-37DC
840円(税込み)



デコるものを決めたらデザインを決めます。

デザインを決めるのは、お店に行って素材を探しながらでも
実際に作業をしながらでもいいと思います。

ただ、今回は初めての挑戦なのと、
思い切り失敗すると立ち直れなくなりそうだったので、
予めデザインを決めました。

今回のデザインは、マップカメラを運営するシュッピン株式会社の
トレードマークにしました!

大人女子なイメージで、カッコ可愛くなる予定です。


さぁ、次は材料の調達に行きましょう!

デコレーションするための材料は、アクセサリーパーツを専門に扱っているお店と、
手芸用品の専門店で購入しました。

今回は、ラインストーンを使用しました。
色、サイズなどデザイン画を元に購入。

接着剤はデコレーション専用のものを使いました。
これもアクセサリーパーツの専門店で一緒に購入しました。

null


材料も揃ったので、デコレーションの開始です!

デザイン画を基に、キャップへデザインを写していきます。
今回はキャップに鉛筆で直接描きました。
見えづらいかと思いますが、思い切って描いています。

null

他にも、転写シートを使う方法などもあるようですが、
複雑なデザインでなければ直接書いてしまった方が楽でした。

デザインが描けたら、ラインストーンを貼り付けていきます。

中央から始め、その後、周りを貼っていきました。

接着剤が完全に固まるまでは、割と簡単にストーンが動いてしまうので
チェスのマークを完成させた後、丸一日乾かしました。

見えづらいかと思いますが、チェスマークの周りに貼った黒のストーンは
2種類のサイズを使っています。
1種類の大きさのものだけを使うと、どうしても隙間ができてしまうので、
小さなストーンを入れて間を埋めました。

全部のストーンを貼り終えたら、すぐに使いたいのをグッと堪えて……
再び丸一日乾かします。


そして……完成☆

null

如何でしょうか?


実際にレンズに付けるとこんな感じになります。

null]

カッコ可愛くなったでしょうか?
自分では大満足です。

きっと、もっときちんとしたやり方があるのかもしれませんが、
完全に独学でもなんとかできあがりました!

そして、何度も言うようですが大雑把な性格ですので、
細かいところは大目に見ていただけるとありがたいです。


やってみてわかったことですが、全面をラインストーンでデコるのは
実は上級者向けだったようです。


簡単なアレンジとして、こんなシールを貼ってみました。

null

だいぶポップな感じになりました。
でも、これはこれでけっこうお気に入りです。


キャップであれば、気軽に遊べると思います。
ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください!

今度はどんなデザインにしようか楽しく悩み中です。

[ Category:OLYMPUS]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【ZEISS&Voigtlander】Milvus 1.4/35と ULTRON40mmF2 ご予約受付中 【ZEISS&Voigtlander】Milvus 1.4/35と ULTRON40mmF2 ご予約受付中 2017年08月18日
Carl ZeissとVoigtlanderから新しいレンズが発表となりました! 【Carl Zeiss】 ニコン F/キヤノン EFマウント用 「Milvus」はデジタル撮像素子に最適化されたレンズ設計と 新しい時代にベストマッチした解像性能を持つカールツァイスの美しきレンズ。 どのような場面にも万能に使える35mmの焦点距離に、大きなボケ表現も楽しめるF値1.4。 好評だった従来のディスタゴンタイプを継承しつつ、 新しい光学系に生まれ変わり最新のMilvusが誕生しました。 1.4/35が新しく加わり、Mil...
続きを読む
【貸出機材更新】8/20 イベント開催のお知らせ『ライカで撮る、ライカを知る。 SLとM』 【貸出機材更新】8/20 イベント開催のお知らせ『ライカで撮る、ライカを知る。 SLとM』 2017年08月18日
自分に合うのはどっちのライカ?その答えがわかるライカイベントを開催いたします。 ゲストにプロカメラマン・河田一規氏とフリーライター・ガンダーラ井上氏をお迎えし、なぜライカなのか?ライカレンズは何が違うのか?を少しマニアックだけど分かりやすく説明していただきます。さらにライカSLとM10で実際に撮影ができる時間をご用意。 ライカに興味があるけど持っていない、実際にライカを使って撮影をしてみたい、など 初めてライカを体験...
続きを読む
null オリンパスで広がる撮影の世界 第2回 高性能ズームの新スタンダード。M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm... 2017年08月16日
オリンパスで広がる撮影の世界 第2回 高性能ズームの新スタンダード。 M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO ただいまマップカメラでは、 創業祭「MAP FES MAP CAMERA 23rd Anniversary」を開催中。 お得なSALEやイベントなど、 すでに利用してくださったお客様も多いことだろう。 そんな創業祭で盛り上がっているマップカメラでは、 本年カメラグランプリで三冠を達成したオリンパスを大特集!! OM-D E-M1 Mark IIとM.ZUIKO DIGITAL ED12-100MM F4.0 IS PROが カメラグラン...
続きを読む
【夏カメラで夏フォト】防水デジカメ大集合 ~ from FUJIFILM ~ 【夏カメラで夏フォト】防水デジカメ大集合 ~ from FUJIFILM ~ 2017年08月15日
【夏カメラで夏フォト!防水デジカメ大集合】~ from FUJIFILM ~ 夏にピッタリの「防水デジカメ」大集合!! 夏の旅行に最適なカメラといえば防水デジカメです。 海でも山でも、いつでもどこでも誰でも安心して使えるデジカメ! 防水性能に加え、優れた「タフ性能」&「基本性能」+アウトドアを意識したデジカメ! マリンスポーツはもとより、スキーや釣り、 キャンプや登山などといったハードに活躍してくれるデジカメ! サマーレジャーをもっと楽しくしてくれる、タフに使...
続きを読む
null 【Nikon】希少!! Nikon S3追加生産型あります! 2017年08月14日
この凛々しいブラックニコンは、通称「Nikon S3 オリンピック」とよばれているカメラです。 Nikon S3は、1958(昭和33年)にNikon S2の後継機として登場し、12,300台あまりが製造されました。 そして、一旦製造を終了した後、1965(昭和40)年に2,000台が再発売されました(S3追加生産型、ブラックのみ)。 このS3追加生産型には、新型の50mmF1.4が付いていました(ボディのみの販売もあった)。 S3追加生産型のシリアルナンバーは、6320000番台といわれています。 ちなみに本機のシリア...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]