ライカと沖縄旅行 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





沖縄と言えば、青い空や海を想像される方は多いとは思います。
でもそれらは、一面的な事項であってもっと色んな面を持っている気がして
この数年間、沖縄へ通っています。

本土返還40年目の今年も沖縄へ旅行してきました。
モノクロフィルムで撮ってきた、沖縄の写真を少し紹介させて頂きます。





1日目

null

那覇空港から、まず向かったのは首里城。
でも、目的地はここではなく


石畳の、この道。
この場所が非常に好きで毎回、行く場所です。
この道は年月を経て光沢を帯びた琉球石灰岩の平石が敷きつめられたままで
沿道には近世以前の石垣も多く現存しています。
ずっと撮りながら歩いて、下って行くだけではなく何度も昇ります。
今回は3往復してから、程よく疲れたので宿へ向かいます。





2日目

午前中は小雨が降っていましたが、行きたい場所があったのでバスに揺られて目的地へ。


バス停まで歩いていると、東京ではあまり見る事のない木々に会ったりします。
いつのまにか小雨は上がり、曇っているとはいえ日差しは強いのか
光が滲む様になります。




今回の旅の目的地は、斎場御嶽(せいふぁうたき)。
以前訪れたことがあるのですが、その時はあいにくの天候
だったので再度、訪れてたいと思っていた場所。


沖縄で御嶽(うたき)とは神が降臨し鎮座する聖域の事で、斎場御嶽は琉球王国最高の聖地とされています。
琉球王国時代このような聖地は男子禁制であり、斎場御嶽では国王であっても
御門口より先に入るには袂の合わせを女装に改める必要があったそうです。


洞門。



洞門をくぐり、光が射す先には久高島が見えます。
時間を忘れてぼんやりと眺めるだけでしたが、


そっと見上げると、光が綺麗な場所でした。

その後は、またバスに揺られ翌日に東京へ帰りました。

旅のお供はライカM6とズミクロンM50mm。
機械式のシャッターと、メーター内蔵のカメラは非常に使いやすく
バッテリー切れの心配をする事無く安心して使うことが出来ました。
何より、コンパクトなサイズで持ち運びがしやすかったです。

またどこかへ旅をする時は、ライカを持って行こう。


[ Category:Leica]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 2017年10月23日
ゾフォートの特別限定モデルのご予約を受付中です! 2017年11月発売予定 Leica ゾフォート LimoLand by Jean Pigozzi こちらのモデルは写真家、実業家、アートコレクターなど多彩な顔をもつ、 フランス系イタリア人のジャン・ピゴッツィ氏とのコラボレーションモデル。 ゾフォートのホワイトモデルをベースに、 前面・背面に同氏が立ち上げたファッションレーベル「LimoLand」の アイコニックなロゴである「Mr.Limo」が色彩豊かにデザインされています。 インスタント写真の純粋な楽...
続きを読む
null 【Leica】何コレっ?! 第17回  『13356』 2017年10月22日
思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。まるで江戸時代の眼鏡ようなこれは、いったい何でしょう? ライカのコードネーム13356は、ユニバーサル偏光フィルターです。 ↓ このようにレンズの前に取付けます。 (カッコいい~!) 画像は、クリックすると大きく表示されます。 二つのリングがつながった部分を中心に前側のリングが、180度展開します。 偏光フィルターは、水面やガラス面の反射を除去したり、 青空や木の葉の色合いやコントラストを調整するネイチャーフォトのは欠か...
続きを読む
Voigtlnader NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM 【Voigtlander】NOKTON 40mmF1.2VM ご予約受付開始! 2017年10月20日
続きを読む
null 【MAPCAMERA × SIGMA】シグマ会津工場レポート 2017年10月19日
シグマ製品の故郷、福島・会津を訪ねて。 2017年10月初旬、東北新幹線・郡山駅から磐越西線へと乗り継ぎ、私たちが目指したのは福島・磐梯町。車窓からは黄金色の田園風景と雄大な姿の磐梯山。「会津は朝晩冷えますよ」という会話をしながら駅のホームへ降りると、ひんやりと澄んだ風に乾いた草木の香りが少し混じっていました。なぜマップカメラがここへ来たのかというと、魅力的な製品を作り続けるカメラ・レンズメーカー『シグマ』の唯一の生産拠点が...
続きを読む
null 【Leica】甦るタンバール!!ご予約受付中! 2017年10月18日
Leicaが通称赤ズマロンと呼ばれる 28mm F5.6を復刻し、世界に衝撃を与えた記憶がまだ新しい中、 再び衝撃的なニュースが飛び込んできました! なんと タンバール90mm F2.2を復刻するというではありませんか! タンバールと言えばLeica Lマウントのレンズ群の中でも一際人気があるレンズ。(上記画像) 1935~42年の間に生産。生産本数は3,000に満たないという希少性と、 その柔らかな描写、センターフィルターを使ったソフトフォーカス撮影など、 現代のレンズにはない描写で、世界中のファン...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]