二眼レフは、いかがですか?! 番外編① » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



撮り較べてみました! トリオター&クセナー

null

こんにちは、久々に本編を再開させた矢先にスピンオフ登場です。

 本編をダラダラと続けているうちに、二眼レフがどんどん増殖してきました。 いろんなお店のショーケースで珍しい子と目が合うと、ついつい連れて帰ってきてしまうんですよね。(勿論、カメラの話です。) 気がつけば、その数、○○台… いや、怖くて数えるのやめてます。 ただ、とにかく場所食う… 本当に部屋中ゴロゴロしています。 本編で紹介していない子もいっぱいいますし、双子や三つ子まで…
 まぁ、そんな子たちを紹介する機会が増えればいいかな、という親心?と、お客様に「どう違うの?」とか「どれがいいの?」なんて聞かれた時に少しでも有益な回答ができればという、非常に感心な仕事意識のもと(でしょ、でしょ)、始めてみようかなと思い立った企画なわけです。
…ええ、いたって真面目な企画です。 本編の流れでクリックした方には、正直つまならい内容かと… …だってそうでしょ、スピンオフが本編より面白かった試しがありますか? そうやって手を広げて失敗した例が、どのくらいあることか…

 ……で、内容ですが、気になる機種(レンズ)の撮り較べです。 撮影場所は、自宅とその周辺。 考えてみてください。 人通りの多い所で、二眼レフ2台を首から下げ、1枚撮っちゃ、もう1台、なんて出来ますか? 怪しい人に思われること間違いなし。 そんなわけで、近場です。 
 また、雑誌企画などと違い、測定機械やカラーチャートを使ったスタジオ撮影なども出来ません。 アマチュアカメラマンが普通に撮影して、どんなものかなと見るだけです。 おまけに古い時代のカメラで、レンズの状態やシャッター精度なども1個体ずつ異なりますので、あくまで参考までにというお断りをつけなければなりません… ……大丈夫か、この企画?

 ……あぁ、まぁ、始めましょうか…

 第1弾は、ローライコードを取り上げてみました。
 1933年通称「金ぴかコード」といわれるⅠ型に始まり、最終モデルⅤb型が1977年まで続いた、ローライ二眼レフの廉価版モデルです。 撮影レンズとして搭載されたのは、カールツァイス イエナの3枚玉トリオター75mmF4.5、同F3.8、F3.5 の他、シュナイダーの4枚玉クセナー75mmF4.5、同F3.5など。 Ⅲ型まではトリオターとクセナーのモデルが存在しますが、Ⅳ型以降はクセナーのみになります。
 今回の試写に用いたのは、Ⅲ型のトリオター75mmF3.5とクセナー75mmF3.5、ともにコーティングされたレンズです。 上の写真のようにレンズ以外は全くの同形。

null

null


 では、試写です。

null
トリオター F3.5

null
  クセナー F3.5

 トリオターには、トリプレットレンズ(3枚玉)の特徴である、周辺が渦のように流れるボケが現れています。 画面上部や左側の葉っぱなど、クセナーと比較すると明らかだと思います。 上部奥の光源もひしゃげたそろばん玉型のボケに。 色乗りは、トリオターの方が若干濃い目に感じられます。

null
  トリオター F5.6

null
  クセナー F5.6

 トリオターの流れるボケも、目を凝らさなければ分からないほどに改善されています。 というわけで、早くも区別が…

null
  トリオター F8

null
  クセナー F8

null
  トリオター F11

null
  クセナー F11

 ほんの少し、トリオターの方が色が乗っているような気がする以外、違いを表現できません。

null
  トリオター F8

null
  クセナー F8

 ここでも、青・緑ともトリオターの方が濃い色味を出しました。 周辺光量の落ちも目立ちますが…

null
  トリオター F5.6

null
  クセナー F5.6

背景も含め、線のシャープさはクセナーの方があるでしょうか。


 う~ん、3枚玉と4枚玉の違いがもっと如実に表れることを期待していたのですが… ちょっと絞り込んだだけで、区別が難しくなってしまいました。 あえて使い分けるなら、開放時から見た目に近い表現が可能なクセナーレンズか、流れるボケの表現も含め、より濃い演出を楽しめるトリオターか、といったところでしょうか。

 さてさて、今回のスピンオフ企画、1回目から早くも難局を迎えてしまいました。 初回でこれだと、次に予定しているプラナーとクセノタールの違いなんて… お~、もう既に企画倒れの予感が… おまけに今回も本編同様、フィルム代・現像代ともに自腹だし… く、苦しい… そんなわけでのノンアルコール…… 続くのか? 続けていいのか?!

 とりあえず、続く…  (文責・イット)

[ Category:Leica|掲載日時:09月27日 16時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Ring color of Zeiss】Touit 50mm F2.8 ~ Zeiss Lens Taste 04 ~ 【Ring color of Zeiss】Touit 50mm F2.8 ~ Zeiss Lens Taste 04 ~ 2018年01月24日
【Ring color of Zeiss】 青いリングに込められた想いは・・・ 青いリングがもたらす力は、優雅に羽ばたく鳥である。 青いリングでツァイスレンズの神話がよみがえり、 青いリングがツァイスレンズの宇宙を鮮明にする。 青いリングと共に旅立ちの時、 いま、最後の列車が動き出す・・・リングカラー・オブ・トゥイート。 Zeiss Lens Taste 04【花の力】 花と光の楽園!足利フラワーパーク! 今となっては、とても有名な栃木県足利市にある花の公園! 今回はマクロレンズで...
続きを読む
null 【Leica】”ルックス”重視で決めるレンズ選び。 2018年01月23日
「ファッションとは、前を向く事」 ファッション雑誌アメリカ版「ヴォーグ」の編集長アナ・ウィンターの言葉です。 いろいろな意味を含んでいると思います。 そのひとつとして、 好きなものを身につけること、 欲しかったものを手に入れること、 それによってきっと人は気持ちが前向きになるのではないかと思います。 カメラや交換レンズにおいても同じことが言えるのではないでしょうか? しかしその選択肢によっては、 その数の多さでなかなか決めることが出来ない場合もあると思い...
続きを読む
null Panasonic G9 PRO 改めてその魅力に迫ります 2018年01月22日
ミラーレス市場を最前線で率いてきたパナソニック G1発売から10周年という記念すべき節目に投入されたのが スチル向けフラッグシップモデル G9 PROです。 今までの機種とは一線を画する本機 店頭スタッフも唸るスペックとこだわりが感じられます。 発売日まで残り3日と迫った本機の魅力を、改めてご紹介いたします。 -パナソニック史上最高の表現力- G9 PROは写真撮影でもっとも重要な要素のひとつである色作りを一新。 まるで生きているかのような、生命力が伝わってくる質感と色合い...
続きを読む
写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 2018年01月22日
渡辺 浩徳氏 1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業 20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。 現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。 焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス 小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困難...
続きを読む
null 【Voigtlander】潮風に吹かれて。HELIAR 40mm F2.8 VM 2018年01月22日
潮風を浴びたくて横濱に来た。 手の中には「SONY α7II」と「Voigtlander VM-E Close Focus Adapter」越しに付けた 「Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 」 設定はモノクローム。余計な事は考えないでシャッターを切った。 欄干には手袋一つ。 道端で落ちている手袋は、何故だかいつも片方だけだ。 相棒を失った手袋が再び再会出来る確率はどれぐらいなのだろうか。 光の中で。 男女の声はこちらまで届かない。静かに時間だけが流れている。 暖房の効いた大桟橋の中で、二人...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]