二眼レフは、いかがですか?! 番外編② » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



撮り較べてみました! 2.8F プラナー&クセノタール

null

 この撮り較べ案を出した際、あまり違いが分からず企画として成立しないかもと話していたら、上司から「撮り較べなんて、実際やりたくてもなかなか出来ないものだし、違いがないならないで、それも一つの情報として価値がある。 是非やりなさい」的なことを言われました。 まぁ、確かにそうなんですが… ん?……
 …ガガガー、…ピー…PPP…ソシタラ……P…キュウリョウ…XXX…アゲテ…PP…ピーーー……
 ん? 何でしょう? なんか雑音が?? …混線してるのかな? 古いパソコンだし… …もしかしてハッキング?! わ、こわ~い…

 …さてさて、今回の撮り較べは、前回チラッと予告したように、カールツァイスのプラナーとシュナイダーのクセノタールです。 ともにローライ二眼レフを代表する銘レンズ。
 撮影レンズに80mmF2.8を搭載したローライフレックス2.8シリーズと75mmF3.5搭載のローライフレックス3.5シリーズ、その両方にプラナーとクセノタールが存在していたので、購入を考える場合、全部で4種類の中からの選択となるわけです。 う~ん、実に悩ましい… 「どれがいいの?」なんて、よく聞かれますが、正直、どれもいいです!(所有している人は、たいてい自分の持っているレンズが「一番いい!」とお答えになります…)

 じゃあ、今回4台まとめて一挙にテスト! …って、無茶言わないでください! 4台も首から下げたら、私のか細い首、折れてしまいます。 …あ、別に下げる必要ないんだけど… でも、4つも異様な箱状の物を、鞄から出したりしまったりしてたら、不審者ですよね。 前回ローライコードの時も、地元の公園で撮影中、遊んでいた小学生男子に「おじさん、僕たちも撮ってよ!」 逆ナンされましたが、「ごめん、フィルム終わっちゃった…」 …嘘です。 ホントは人物撮影も写りの比較に必要なんですが、彼ら撮っても記事に載せらんないし、フィルム限られてたのは本当だし… なにより、小さな公園で小学生撮ってたら、ご近所さんに通報されちゃうかも…
 予め断わっておきます。 この撮影中、お巡りさんに呼び止められるようなことがあったら、企画自体を即終了します。

 またまた前置きが長くなりましたが、今回は、一般的により人気の高い2.8Fのプラナーとクセノタールを撮り較べてみました。

null

null


 まずは、絞り開放時の撮影から。

null
  プラナー F2.8

null
  クセノタール F2.8

 って、開放から区別がつきません…
 画面中央は勿論、周辺の画像の流れなども検証しましたが、特に違いなし。
強いて言えば、中央の花や右奥の緑など、プラナーの方がわずかに鮮やかかなと思える程度です。

null
  プラナー F4

null
  クセノタール F4

null
  プラナー F5.6

null
  クセノタール F5.6

 背景の光源が五角形なのは、絞りの形がそのまま出ています。 F5.6になると、背景右奥に感じられたザワザワ感も大分減少されます。 って、これどちらのレンズも共通。

null
  プラナー F11

null
  クセノタール F11

 F11まで絞ると、画面全体がくっきりし、左の壁面の凹凸まで明瞭になります。

null
  プラナー F4

null
  クセノタール F4

 パソコン上でどのくらい表現されているかなのですが、フィルムではプラナーの方が画面上の赤・青・緑全て濃い色味になっています。 ですが、緑の葉の鮮鋭度はクセナーに軍配が上がります。

null
  プラナー F2.8

null
  クセノタール F2.8

 ここでも、左右の背景で較べるとクセノタールの方がより輪郭が残っているのが分かります。

null
  プラナー F5.6

null
  クセノタール F5.6

 ここでもプラナーの方が、若干色味が濃いか…
条件が違うのではっきりとは言えませんが、前回のクセナーレンズがこうして見ると一番色味が薄いような(逆にいえば抜けが良いともいえますが…)。


 …そんなわけで、すみません、やっぱりはっきり断言できるような違いは分かりませんでした。 専門誌にはよく「人物撮影にはプラナーが、建築物などを含めた風景にはクセノタールが向いている」なんて書いてありますが、実際同じ条件でそれらを撮影し、どちらのどこが優れているのかを顕わにした作例は見たことがありません。 …私では力不足でした… というか、誰か違いが分かる被写体を提供して! …まぁ、先の「人物云々…」の言葉は、それまでの様々な撮影の経験から出たものと捉えておいてよいのかと思います。

 私自身は普段プラナーレンズ付きを使用しています。(今回のクセノタールは借り物です。) 昔付き合っていた写真嫌いな彼女が、唯一2.8Fプナナーで撮影したポートレートのみ「いいね」と言ってくれたというだけで、プラナーを使っています。 でも、別れちゃったし… その後ポートレート撮ることほとんどないし… けど、風景撮影で使用していても、何の不満も感じません。 いつかまた素敵なポートレートを撮る機会が来るだろうと信じて使い続けます。


 …とまぁ、これから購入を考えている方には、何の参考にもならないレポートになってしまいました。 あくまで先人の言葉にこだわる方には、用途に合わせて2種、いやいや3.5Fも含めて4種の購入をお奨めします。 (その際は、是非、当マップカメラで!!)


続く…  (文責・イット)

[ Category:etc.|掲載日時:09月29日 19時15分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】”ルックス”重視で決めるレンズ選び。 2018年01月23日
「ファッションとは、前を向く事」 ファッション雑誌アメリカ版「ヴォーグ」の編集長アナ・ウィンターの言葉です。 いろいろな意味を含んでいると思います。 そのひとつとして、 好きなものを身につけること、 欲しかったものを手に入れること、 それによってきっと人は気持ちが前向きになるのではないかと思います。 カメラや交換レンズにおいても同じことが言えるのではないでしょうか? しかしその選択肢によっては、 その数の多さでなかなか決めることが出来ない場合もあると思い...
続きを読む
null Panasonic G9 PRO 改めてその魅力に迫ります 2018年01月22日
ミラーレス市場を最前線で率いてきたパナソニック G1発売から10周年という記念すべき節目に投入されたのが スチル向けフラッグシップモデル G9 PROです。 今までの機種とは一線を画する本機 店頭スタッフも唸るスペックとこだわりが感じられます。 発売日まで残り3日と迫った本機の魅力を、改めてご紹介いたします。 -パナソニック史上最高の表現力- G9 PROは写真撮影でもっとも重要な要素のひとつである色作りを一新。 まるで生きているかのような、生命力が伝わってくる質感と色合い...
続きを読む
写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 2018年01月22日
渡辺 浩徳氏 1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業 20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。 現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。 焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス 小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困難...
続きを読む
null 【Voigtlander】潮風に吹かれて。HELIAR 40mm F2.8 VM 2018年01月22日
潮風を浴びたくて横濱に来た。 手の中には「SONY α7II」と「Voigtlander VM-E Close Focus Adapter」越しに付けた 「Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 」 設定はモノクローム。余計な事は考えないでシャッターを切った。 欄干には手袋一つ。 道端で落ちている手袋は、何故だかいつも片方だけだ。 相棒を失った手袋が再び再会出来る確率はどれぐらいなのだろうか。 光の中で。 男女の声はこちらまで届かない。静かに時間だけが流れている。 暖房の効いた大桟橋の中で、二人...
続きを読む
車両のない鐵道写真2 写真展のご案内 〜 GTYと愉快な仲間たち 写真展『車両のない鐵道写真2』 2018年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは GTYと愉快な仲間たち 写真展 - 『車両のない鐵道写真2』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]