二眼レフは、いかがですか?! 番外編③ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



撮り較べてみました! 2.8F プラナー&3.5F プラナー

null

 今回は、2.8Fと3.5Fのともにプラナーレンズの比較に挑戦。 といっても、実はこれ前回と同日の撮影です。 前回、4台も首からぶら下げてなんて無理、とか書きましたが、実は3台ぶら下げていたんです… …嘘です、ぶら下げてはいません。 2台を鞄に詰め1台を下げて、1枚撮っちゃ入れ替え、1枚撮っちゃ入れ替えを繰り返していたんです。 …やっぱり、人通りの多い所では出来ません。

null
  2.8F

null
  3.5F

 前回も書いていますが、改めて紹介すると、ローライフレックス2.8Fの撮影レンズには80mmF2.8のレンズ、3.5Fには75mmF3.5のレンズが搭載されています。
 写りの違いとして一目で分かるのは、その画角の違いということになります。 対角線画角が80mmで52度、75mmで55度。 35mm判の50mmレンズが47度です。
 35mm判レンズの焦点距離で換算すると、80mmが35mm判の44mmに、75mmが41mmに相当します。 まぁ、両方のレンズを使い分けている人には違いが意識される差かもしれませんが、通常は気にならないのではないでしょうか。 最短付近で撮影した時の違いが、下の写真のようになります。

null
  (2.8F) F2.8

null
  (3.5F) F3.5

 開放での撮影。 たった絞り半段の違いで、「描写の違いは、あまり分かりませんね」と言おうと思っていたのですが、はっきりとした差が現れました。 2.8Fの大きなボケに対して、3.5Fの方が明らかに背景の線が出ています。 自分のカメラが、開放といいながら実は開ききっていなかったのでは、と心配になりましたが、絞りの羽根はきちんと開いていました。 実際、バックの光源も五角形になっていず、羽根の形が出ていないことが分かります。

null
  (2.8F) F4

null
  (3.5F) F4

 同じF4にしましたが、背景の線の差は明らか。 2.8Fの方が、赤色に鮮やかさを感じます。

null
  (2.8F) F5.6

null
  (3.5F) F5.6

 F5.6まで絞ると、ともに背景に五角形の光源が見られます。

null
  (2.8F) F8

null
  (3.5F) F8

 3.5FのF5.6と、2.8FのF8が比較的近い描写か? 2.8Fの方が明るく、3.5Fは渋めの色味に思われます。

null
  (2.8F) F4

null
  (3.5F) F4

 ここでも、同じ絞り値で大きな違いが出ました。 色味の濃さでは3.5F、鮮やかさという意味では2.8Fといえますか。 背景の鮮鋭度は3.5Fの方があります。

null
  (2.8F) F2.8

null
  (3.5F) F3.5

 開放での撮影。 ボケ味の大きい2.8Fの方が、合焦面の浮き上がりがより強調されます。 背景の違いもはっきり現れました。

null
  (2.8F) F5.6

null
  (3.5F) F5.6

 ちょっと絞ったうえで、こういう雑然とした風景を撮ると、あまり違いが分かりませんが、細部まで見るとピントの幅は3.5F の方が深いのが確認できます。

 以上、前回の違いの微妙さからすると、逆にはっきりしすぎていて不安になります。 ので、「同じ機種でも個体差はあります」という断り書きを、あえてここに反復いたします。 いわゆる「逃げを打つ」というやつです。 …情けなっ…

 今回の結果からいえば、2.8Fの方がボケが大きく、鮮やかというか明るい印象の発色になるようです。 といっても一眼レフのツァイス標準レンズ、プラナー50mmF1.4のようなとろけるボケとは違いますのでご注意を。 場面によってはガチャガチャとうるさく感じられることもあります。 
 3.5Fは、開放からもう少し芯のある印象。 発色もちょっと渋い感じを受けます。

 というわけで、私的には、桜や紅葉などの景色をより鮮やかに撮りたいときには2.8Fを、街中の空気感をよりリアルに表現するには3.5Fを、と使い分けています… なーんて言ったら、格好いいですよね。 実際は、持っていった1台で何でも撮っちゃうんですがね。


 …さてさて、せっかくなので、描写の違いだけでなく、操作性の違いについても触れておきたいと思います。 寸法的には全く同じサイズの両者ですが、レンズ(ガラス)の大きさの違いから、2.8Fの方がよりズッシリ感が強くなります。 おまけにボディ前面に重心がくるので、手のひらで支えた時、かなり前に傾くようなバランスになります。 それに対し3.5Fは、バランスよくすっぽり手のひらに納まる感じ。 シャッターレリーズも3.5Fの方が軽く、「カショッ…」という弱々しいまでの感触に対して、2.8Fは押し込まなければならない印象で、「パチン」という感じ。
 私個人の経験からいうと、一眼レフから移行した時には、より明るくシャッター押してる感のある2.8Fの方が好感度高かったのですが、撮り慣れてくると、バランス良く優しい感触の3.5Fにより二眼らしさを感じ、好ましく思えるようになりました。
 …まぁ、そのへんは全くの好みなので、なにより皆さんも当マップカメラで現物を手にして違いを実感し、自分の好みに合った1台を選んでいただけたらと思います。(宣伝、宣伝) …それでも選びきれないという方は、もう諦めて4機種コンプリートしてください。 そういう方、大歓迎です!!


 続く…  (文責・イット)

[ Category:etc.]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【ZEISS&Voigtlander】Milvus 1.4/35と ULTRON40mmF2 ご予約受付中 【ZEISS&Voigtlander】Milvus 1.4/35と ULTRON40mmF2 ご予約受付中 2017年08月18日
Carl ZeissとVoigtlanderから新しいレンズが発表となりました! 【Carl Zeiss】 ニコン F/キヤノン EFマウント用 「Milvus」はデジタル撮像素子に最適化されたレンズ設計と 新しい時代にベストマッチした解像性能を持つカールツァイスの美しきレンズ。 どのような場面にも万能に使える35mmの焦点距離に、大きなボケ表現も楽しめるF値1.4。 好評だった従来のディスタゴンタイプを継承しつつ、 新しい光学系に生まれ変わり最新のMilvusが誕生しました。 1.4/35が新しく加わり、Mil...
続きを読む
【貸出機材更新】8/20 イベント開催のお知らせ『ライカで撮る、ライカを知る。 SLとM』 【貸出機材更新】8/20 イベント開催のお知らせ『ライカで撮る、ライカを知る。 SLとM』 2017年08月18日
自分に合うのはどっちのライカ?その答えがわかるライカイベントを開催いたします。 ゲストにプロカメラマン・河田一規氏とフリーライター・ガンダーラ井上氏をお迎えし、なぜライカなのか?ライカレンズは何が違うのか?を少しマニアックだけど分かりやすく説明していただきます。さらにライカSLとM10で実際に撮影ができる時間をご用意。 ライカに興味があるけど持っていない、実際にライカを使って撮影をしてみたい、など 初めてライカを体験...
続きを読む
null オリンパスで広がる撮影の世界 第2回 高性能ズームの新スタンダード。M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm... 2017年08月16日
オリンパスで広がる撮影の世界 第2回 高性能ズームの新スタンダード。 M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO ただいまマップカメラでは、 創業祭「MAP FES MAP CAMERA 23rd Anniversary」を開催中。 お得なSALEやイベントなど、 すでに利用してくださったお客様も多いことだろう。 そんな創業祭で盛り上がっているマップカメラでは、 本年カメラグランプリで三冠を達成したオリンパスを大特集!! OM-D E-M1 Mark IIとM.ZUIKO DIGITAL ED12-100MM F4.0 IS PROが カメラグラン...
続きを読む
【夏カメラで夏フォト】防水デジカメ大集合 ~ from FUJIFILM ~ 【夏カメラで夏フォト】防水デジカメ大集合 ~ from FUJIFILM ~ 2017年08月15日
【夏カメラで夏フォト!防水デジカメ大集合】~ from FUJIFILM ~ 夏にピッタリの「防水デジカメ」大集合!! 夏の旅行に最適なカメラといえば防水デジカメです。 海でも山でも、いつでもどこでも誰でも安心して使えるデジカメ! 防水性能に加え、優れた「タフ性能」&「基本性能」+アウトドアを意識したデジカメ! マリンスポーツはもとより、スキーや釣り、 キャンプや登山などといったハードに活躍してくれるデジカメ! サマーレジャーをもっと楽しくしてくれる、タフに使...
続きを読む
null 【Nikon】希少!! Nikon S3追加生産型あります! 2017年08月14日
この凛々しいブラックニコンは、通称「Nikon S3 オリンピック」とよばれているカメラです。 Nikon S3は、1958(昭和33年)にNikon S2の後継機として登場し、12,300台あまりが製造されました。 そして、一旦製造を終了した後、1965(昭和40)年に2,000台が再発売されました(S3追加生産型、ブラックのみ)。 このS3追加生産型には、新型の50mmF1.4が付いていました(ボディのみの販売もあった)。 S3追加生産型のシリアルナンバーは、6320000番台といわれています。 ちなみに本機のシリア...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]