お手軽撮影セット『PHOTOLA(フォトラ) PH004』の紹介 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



料理を卓上で撮ってブログに公開したり、ネットオークションに不要なものを出して販売をしたりなど、
手軽に綺麗にモノを撮影する需要とういうものは必ず存在すると思います。


私もカメラやレンズこそ当店にて下取に出したりしますが、手広く揃えた用品は正直値段が付かないようなもの多く、
ネットオークションを活用することが多いです。

やはり同じ中古品であってもきとんと商品状態がわかる写真や、
綺麗に撮影されているなぁと感じるものは目にとまったりするものです。


そこで今回は手軽に綺麗に小物を撮影をすべく、当店でも取扱中の撮影セット『PHOTOLA(フォトラ) PH004』をご紹介します。

null
製品の使用イメージはこんな具合です。





商品内容は下記の通り。
■フォトラ本体×2台(専用拡散パネル×2枚/ランプ×2個を写真は装着済み)
■背景紙台×1枚
■背景紙×5枚
グレー(グラデーション)、ブルー(グラデーション)、ピンク(マーブル柄)、ブラウン(英字柄)、ブラック
■説明書×1冊
■専用ディフューザー(白/黒)×各2枚
■背景紙用クリップ ×2個





真ん中のボール紙が背景紙のスタンドとなります。




折り目に沿って組み上げ...




上から付属のクリップで背景紙をはさみます。
正直手軽すぎて大丈夫かな...と感じましたが引き続き見ていきましょう。




フォトラを2灯コンセントへ接続して準備。


フォトラは調光機能こそありませんが、なかなかの光量のため被写体からの距離のとりかたで対応できます。

また、光を拡散させる白色のディフューザーと陰を作る黒色のディフューザーが付属してますので、ライティングにバリエーションも出すことができます。

撮影時に使うカメラについては光量が充分に確保できますので、コンパクトデジタルカメラでも綺麗に撮れるはずです。
ただし露出合わせきれないケースが有りえる(露出補正幅が狭い)ので、マニュアル露出モードが選べるものが向いていると言えます。


null
それでは早速撮影をしてみましょう。


メーカーからはフィギュア撮影にうってつけ!と聞いてはいましたが、
我が家にはなかなか撮影に向く小物がなく...ひとまずカメラを。





当たりをとるためフォトラをカメラの前面左右に配置して試し撮り。

左側の照明が後ろすぎたため、レンズ前玉の全面に光があたらず醜い感じに。
さらにカメラの右側に強い陰ができているのも気になります。




そこで単純に左側のフォトラを前面に移動、さらにカメラに近づけました。

レンズ前玉の反射は均一になりましたが光量が強すぎ、露出オーバーですね。




それではと左側のフォトラにのみ白色のディフューザーを装着。


おおっ!グッと引き締まり良い雰囲気になりましたね。

今回はここでフィニッシュとしました。
準備時間を除き、撮影で試行錯誤した時間はたったの2分。手軽!!




他にも何かないかと引っ張り出してきた、妻が結婚式のときに用意してくれたウェディング仕様の某クマさん。

素材のふんわり感が感じられます。




娘が3歳の誕生日にピンクのカメラを欲しがっていたので与えた「IXY 220F」。
最近の子供はスマホも一眼も使いこなし、こういったコンデジもなんだかんだ使ってくれます。




他にも料理や時計など、難しいとされている被写体も手軽に撮れるか是非試してみたいところです。

フォトラの発光部の上に透明のアクリル板を乗せて、下から透過させてガラス製品を撮ったりと色々と楽しめそうな製品です。



商品へのリンクは以下からどうぞ。
・PHOTOLA 撮影セット フォトラ PH004・・・¥29,800-(税込)


[ Category:etc.|掲載日時:03月12日 19時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 子供を撮るカメラではなく、子育てで使うお勧めカメラ 2017年12月16日
突然ですが、ただ今、3歳の子供を育てている真っ最中のパパです。 今回は、子育てでこのカメラは紹介せずにはいられないというカメラ SONY Cyber-shot DSC-RX100M5のある機能について紹介したいと思います。 私の両親は離れて暮らしている為、孫の動画となればたとえスマホで撮った動画でもシェアするととても喜んでくれます。 だから送る方も嬉しいし、シェアしてあげたい。 でも、せっかくの成長記録なので、画質の良いカメラで撮りたいと思うのがカメラ好きの本音。 画質の良いカメラで撮...
続きを読む
null 【Panasonic】パナライカと過ごす日常 (茨城編) 2017年12月15日
私生活で絶対に手放せない機材がある。 それは『Panasonic LUMIX DMC-GM5』と『Panasonic LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. 』。 写真下段のコンパクトカメラ『Leica X(Typ113)』と比較すると、その小ささが際立つ。 そして、ミニマムなボディサイズからは想像もつかぬ存在感。 今回の旅の目的は『新鮮な浜焼き』。 このミニマムな組み合わせで茨城県大洗市へ出かけた。 東京から車で走ること2時間。大洗港に到着。 2011年3月11日の震災時には津波の被害を受けたが、 今では津...
続きを読む
Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 【Canon】TS-Eレンズと遊ぶ 2017年12月14日
TS-Eレンズと遊ぶ TS-E17mm F4L TS-E24mm F3.5L Ⅱ TS-Eレンズ・・・ 聞いた事や見た事があっても実際に使って写真を撮ったことがある読者の方は少ないのではないでしょうか。 TS-Eレンズとは、キヤノンがラインアップしているティルト・シフトレンズの名称であり 遠近感とピントの合う範囲をコントロールできる、アオリ機構を搭載したレンズです。 オートフォーカスの機能は無いのでピントは全てマニュアルでフォーカスします。 故に三脚を据えて撮影するのが好ましいレンズです。 筆者は...
続きを読む
null 【Nikon】 本気のFX 58mm ~現代の銘玉で日常にスパイス~ 2017年12月13日
日常にスパイス 02 深まる紅葉も徐々に散ってゆくこの季節。 今年最後の紅葉狩りに、 紅葉撮影の決定版を持ち出してみるのはいかがでしょうか。 今回は、AF-S 58mm F1.4GとD5の組み合わせでお届けします。 まずは絞り込んでパシャリ! 浅瀬から滝つぼの淵へのグラデーションを良く写し取ってくれます。 D5は高感度での性能を重視する設計といわれていますが、 ISO100でもこれだけ豊かな階調表現が可能です。 しばらくあたりを散策していると、あっというまに真っ暗に、 最近は...
続きを読む
null 【Leica】クセ玉 ズマリット L50mm F1.5 を Leica T で撮ってみました 2017年12月12日
今年の紅葉は、綺麗でした。 Leicaのオールドレンズ、「クセ玉」として有名なズマリット L50mm F1.5を APS-Cシステムカメラのモダンライカ Leica T と組み合わせて紅葉を撮影しましたので、ご覧ください。 Leica MレンズアダプターとM/L変換リングを使用しています。ボディは、藍色のLeica T CHALIE VICE。限定生産モデルです。 逆光線を受けて、輝くような赤や黄色の葉が滲んだように柔らかく写りました。 絞り開放(F1.5)の時、最もこのレンズの個性を発揮します。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]