【LEICA愛】 時を越えて » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



【LEICA愛】 時を越えて

[ Category:Leica|掲載日時:2013年04月08日 21時30分]

メーカー愛スプリングバトルLEICA編


通常のボディには無い特殊な刻印が施され、コレクションの対象となっているライカが多く存在する。

軍用ライカを筆頭に、ライカ社内で使用されたボディ等々。

そのバリエーションは多岐に渡るが、

それらの刻印は、ライカ社において正式に打刻が為された物が殆ど。

だが、上述のような機械工作による刻印ではなく、

前所有者のイニシャルや、今となっては何を意味しているか判らない数字や文字の羅列等、

手書きで乱雑に彫られているようなライカを、一度は目にした事が無いだろうか?

例えば、アメリカで長年使用されていたような個体には、

個人のSocial Security Number・・・社会保障番号が平然と彫られていたりするのを良く見かける。

カメラが一生モノとして扱われていた証でもあるが、

同時にそれらは、落書きとみなされ、中古カメラとしての価値を下げてしまう。

しかし、見方を変えると、その個体が過ごしてきた時代を垣間見ることが出来る、貴重な手がかりとも言える。

今日ご紹介するのは、私が愛してやまない、そんなライカから一台。

null

一見して判るほどに使い込まれた状態のLeica M3。

貼り革は所々剥がれ落ち、歴戦の証ともいえるキズも多数。

出会いは、とある中古カメラ店のショーウィンドウだった。

null

84万台、1956年生まれのダブルストローク。

状態の悪さから、相場より遥かに低い価格が提示されていた。

目に留まったのは、トップカバー上部に小さく丁寧に彫刻されていた、

“Dagens Nyheter”という文字。

使い込まれたその外見から、

「もしかすると、誰か名の通った写真家の所有していたライカかもしれない」という好奇心が働いた。

店を出た後、刻印されていた文字の意味を調べてみると・・・

それはなんと、北欧はスウェーデンにある、新聞社の社名。

すぐに戻り、勢いに任せて購入してしまったのは言うまでもない。

null

“Dagens Nyheter”

読みはダーゲンス・ニュヘテル。

スウェーデン語で 「一日の知らせ」 という意味を持つ、

1864年より現在も続く、歴史あるスウェーデン最大の新聞社。

インターネットを駆使して調べをすすめるうち、

同様の書体で刻印が施された別のLeica M3や、

LeicaM2 & Leicavit MPを見つけることに成功。

そのどちらにも、上述の新聞社の所有物であった旨が記してあった。

私の手元にあるこのLeica M3も、新聞記者が使っていた可能性が高そうだ。

null

擦り切れて真鍮が覗くシャッターボタン周り。

すっかり広がってしまったストラップアイレットは、

長年に渡って数々の現場を記者と共に駆け回った事を想像させる。

null

巻き上げレバーもクロームメッキが落ち、ニッケルメッキが光り輝く。

シャッターダイヤルの根元に付いた傷跡で、

どのシャッタースピードを多用していたのかある程度想像できるのが面白い。

null

時代を捉えてきた眼。

写し撮られてきた“時”は、もしかすると、

地元のお祭りかもしれないし、遠く国外の紛争かもしれない。

スウェーデンから遠く離れた日本で私が巡り合ったM3は、

ライカというカメラが報道の第一線で活躍していた頃の、物言わぬ証人であった。


・・・


皆さんがお持ちのライカにも、不思議な手書きの刻印は無いだろうか?




(文責/写真:R.Hirokawa)


Leica M3の中古商品の詳細・ご注文は⇒コチラからどうぞ。






↓クリックで1票!

[ Category:Leica|掲載日時:2013年04月08日 21時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】Tにあえてつけてみました。 2018年04月24日
「完璧かつ簡潔」 そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT。 何故今ライカTなのか? TLでもTL2でもなく何故? その理由は後程。 アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。 背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。 まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。 さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレ...
続きを読む
新しいことへの挑戦 新しいことへの挑戦 2018年04月22日
4月もいよいよ最後の1週間に差し掛かろうとしています。 新しい環境で仕事や学生生活をスタートした方には、新鮮な事が非常に多かったのではないでしょうか? 筆者は世間でも色々な事が切り替わるこの時期に 毎年新しいことを、やってみたかったことを実際にやってみるようにしています。 今年は、趣味の方では英語の勉強を始めてみました。 カメラの方では触った事のない[画角]に挑戦してみることにしましたので今回は Voigtlander SNAPSHOT-SKOPAR 25mm F4 で広角での撮影に挑戦してみることにし...
続きを読む
遠くへ行きたい その2 遠くへ行きたい その2 2018年04月15日
皆様こんにちは 3月のとある週末、韓国へ弾丸旅行に行った旅行記の続きです。 (前回はこちらから) 韓国第2の都市、釜山のマチュピチュとよばれる、甘川文化村(カムチョン ムナマウル)から市街地へと戻ってきた我々が 次に向かったのはこちら。 こちらは龍頭山公園(ヨンドゥサンコンウォン)、 市民の憩いの場であると同時に、釜山のシンボルである「釜山タワー」があることから、1年中多くの人々で賑わっています。 手前の大きな銅像は、1590年代の豊臣秀吉率いる当時の日本の戦国武将...
続きを読む
【Leica】ノクティルックスと行く夜の新宿。 【Leica】ノクティルックスと行く夜の新宿。 2018年04月14日
皆様こんにちは! 今回載せるのは、少し前に書いた「タンバールM90mmのブログ」のアナザーカットです。 この日はタンバール M90mm F2.2とノクティルックス M50mm F0.95 ASPHというゴージャスな組み合わせ。 撮影していてすごく楽しい1日でした! 私はノクティルックスを持つと、どうにも暗い場所や夜にしか写真が撮れないらしいので(私が夜行性なのも相まって) 夜の街で全て絞り開放で撮った写真たちです。 まずは、ほぼ最短撮影距離(1m)での撮影。 上からの電気を活かして明るめに、ホワイトバ...
続きを読む
null 遠くへ行きたい その1 2018年04月06日
3月のとある金曜日、 1週間の仕事を終えた私がその足で向かったのは羽田の国際線ターミナル 羽田 01:55発、Peach Aviation MM809便 ソウル仁川空港行き。 税金や手数料を別にすれば、この時は片道運賃¥11,080- 私みたいに放浪癖がある人間にとって、LCCは偉大です。 あっという間にソウル・仁川(インチョン)空港へ 季節柄、空港で買ったミネラルウォーターは平昌のお水でした。 ここから電車でソウルのもう一つの空港、金浦(キンポ)空港へ、 仁川と金浦の関係性は、...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]