【Leica愛】 愛ゆえに誕生しました。最高のリアキャップ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



【Leica愛】 愛ゆえに誕生しました。最高のリアキャップ

[ Category:Leica|掲載日時:2013年04月20日 14時10分]

メーカー愛スプリングバトルLEICA編


ライカのクラシックレンズ、すばらしいですね。
描写は勿論のこと、そのデザイン。
惚れ惚れしてしまいます。

レンズの数だけ、歴史があります。
クラシックゆえ、1つとして同じ物が無いと言っても過言ではないライカレンズ。
もう、たまりません。

そしてクラシックゆえ、キャップが無いことがあります。大切なレンズなのに。

理想を言ってしまえばオリジナルのキャップが望ましいわけですよ。
当時のレンズには当時のキャップ。
しかしですよ。今から50年から70年以上前のキャップだけを探すとなると
これまた大変なわけです。となるとレンズをご検討するときはキャップと
セットで買った方がいい!と言う事になるわけなんですよ。
しかしですね!キャップにこだわってると欲しいレンズを見逃すことも
あるわけなんですよ!大変ですよ・・・

そんな【Leica愛】ゆえに誕生しました。

Map Camera ORIGINAL Leica Lマウントキャップ ブラックペイント
ご注文は ⇒ こちらをクリック

null

null

素材はこだわりの真鍮削り出し。そして限りなく
オリジナルを意識したブラックペイントフィニッシュ。
大切なレンズをやさしくカバーしてくれます。
オリジナル ライカスクリューマウントレンズにぴったりです。







null



null



null




ええ。
ヘクトール、大好きです。


ヘクトール2.8cmにも。

null

ヘクトール5cmにもピッタリ。

null

ヘクトール7.3cmにも相性抜群。

null



ただのキャップじゃつならない。
価値あるレンズには価値あるキャップを。
マップカメラはキャップにもこだわります。

null

null

写真右側のキャップは1930年代のもの。
ここまでになるのにどれだけの時間が掛かるかはわかりませんが
自然に使い込むことでペイントが剥がれ世界に2つとない
キャップが新たに誕生するわけです。

大切なレンズに是非。

Map Camera ORIGINAL Leica Lマウントキャップ ブラックペイント
ご注文は ⇒ こちらをクリック


ちなみにこのヘクトールという名前、ご存知ですか?
この名前の由来はヘクトールを設計した マックス・ベレク というえらーい博士が飼っていた
イヌの名前だそうです・・・うーん、ライカ帝国おそるべし。


↓クリックで1票!

[ Category:Leica|掲載日時:2013年04月20日 14時10分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】Tにあえてつけてみました。 2018年04月24日
「完璧かつ簡潔」 そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT。 何故今ライカTなのか? TLでもTL2でもなく何故? その理由は後程。 アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。 背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。 まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。 さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレ...
続きを読む
新しいことへの挑戦 新しいことへの挑戦 2018年04月22日
4月もいよいよ最後の1週間に差し掛かろうとしています。 新しい環境で仕事や学生生活をスタートした方には、新鮮な事が非常に多かったのではないでしょうか? 筆者は世間でも色々な事が切り替わるこの時期に 毎年新しいことを、やってみたかったことを実際にやってみるようにしています。 今年は、趣味の方では英語の勉強を始めてみました。 カメラの方では触った事のない[画角]に挑戦してみることにしましたので今回は Voigtlander SNAPSHOT-SKOPAR 25mm F4 で広角での撮影に挑戦してみることにし...
続きを読む
遠くへ行きたい その2 遠くへ行きたい その2 2018年04月15日
皆様こんにちは 3月のとある週末、韓国へ弾丸旅行に行った旅行記の続きです。 (前回はこちらから) 韓国第2の都市、釜山のマチュピチュとよばれる、甘川文化村(カムチョン ムナマウル)から市街地へと戻ってきた我々が 次に向かったのはこちら。 こちらは龍頭山公園(ヨンドゥサンコンウォン)、 市民の憩いの場であると同時に、釜山のシンボルである「釜山タワー」があることから、1年中多くの人々で賑わっています。 手前の大きな銅像は、1590年代の豊臣秀吉率いる当時の日本の戦国武将...
続きを読む
【Leica】ノクティルックスと行く夜の新宿。 【Leica】ノクティルックスと行く夜の新宿。 2018年04月14日
皆様こんにちは! 今回載せるのは、少し前に書いた「タンバールM90mmのブログ」のアナザーカットです。 この日はタンバール M90mm F2.2とノクティルックス M50mm F0.95 ASPHというゴージャスな組み合わせ。 撮影していてすごく楽しい1日でした! 私はノクティルックスを持つと、どうにも暗い場所や夜にしか写真が撮れないらしいので(私が夜行性なのも相まって) 夜の街で全て絞り開放で撮った写真たちです。 まずは、ほぼ最短撮影距離(1m)での撮影。 上からの電気を活かして明るめに、ホワイトバ...
続きを読む
null 遠くへ行きたい その1 2018年04月06日
3月のとある金曜日、 1週間の仕事を終えた私がその足で向かったのは羽田の国際線ターミナル 羽田 01:55発、Peach Aviation MM809便 ソウル仁川空港行き。 税金や手数料を別にすれば、この時は片道運賃¥11,080- 私みたいに放浪癖がある人間にとって、LCCは偉大です。 あっという間にソウル・仁川(インチョン)空港へ 季節柄、空港で買ったミネラルウォーターは平昌のお水でした。 ここから電車でソウルのもう一つの空港、金浦(キンポ)空港へ、 仁川と金浦の関係性は、...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]