Select Language



『Panasonic LUMIX GH4』トークセミナーを開催しました

[ Category:Panasonic|掲載日時:2014年05月10日 18時00分]


GH4トークセミナー

2014年5月10日、プロカメラマンの森脇章彦先生をお迎えして
「Panasonic LUMIX GH4 トークセミナー」を開催いたしました。
広告写真の分野でも活躍されている森脇先生の経験から導き出された
撮影スタイルの説明はとても楽しく、参考になりました。
ご参加できなかった方の為に、今回もその様子を少しご覧いただきます。


Panasonic LUMIX GH4

広告写真と聞くと中判デジタルなど大きなセンサーのカメラを想像してしまいますが、
森脇先生はマイクロフォーサーズ機はもちろん、さらに小さな1インチセンサーのカメラも多用しているとの事。
その理由は、レンズの絞れば絞るほど画像が不鮮明になる「回析現象」を避けるため。
モデル撮影時ではバストトップから髪の毛まで幅広い範囲の鮮鋭感が求められます。
被写界深度と絞りによる劣化をセンサーの大きさで調整しているとの事でした。


GH4トークセミナー

まずは、その撮影スタイルで重宝していく機能を紹介していただきました。

タッチフォーカスが採用されている「LUMIX GH4」には画面全体にAFエリアが設定されています。
しかし実際の現場では使用する箇所が限られるため、縦位置撮影用などに複数のパターンを予め登録しておくと便利との事でした。


GH4トークセミナー

さて「LUMIX GH4」と言えば、気になるのはその4K動画撮影機能です。

今回パナソニックさんの協力で、4K対応の65インチテレビを用意していただきました。
圧倒的な解像力を持つ4K動画は、大きなテレビで一時停止しても写真と見間違う程の高い解像力を持っています。
「LUMIX GH4」では再生映像を高精細の静止画として出力することが可能で、
書き出された3840×2160の画像はA3出力しても問題ないクオリティーとの事。


GH4トークセミナー

今までの動画撮影機で動画から静止画を書き出すと、白飛びなど画質の劣化が避けられなかったのですが、
「LUMIX GH4」では精細な情報がしっかり残っているので、画像処理ソフトでの加工も楽しめます。

30コマ/秒の連写で撮り続けていると考えれば、ひとまず動画で撮影し、後で欲しい瞬間を切り撮るといったスタイルでOK!
森脇先生の「シャッターボタンを必要としない」とおっしゃったのが印象的でした。


GH4トークセミナー

カメラの凄さを説明いただいた後は、特別に先生が愛用しているアクセサリーを紹介いただきました。
ブレを防ぐ三脚雲台やステディーカムは、意外と低価格な製品だったことにビックリです。
ちなみにレンズに付けるフィルターは画質への影響がほとんどないマルミの「EXUS」がおすすめとの事でした。


GH4トークセミナー

そして最後にメモリーカード選び方の注意点を。
4K動画の大きなデータをスムーズに記録するにはUHSスピードクラス3(U3)対応のカードが必要との事です。
特に動きの早いものや色数が多い物はデータ量がさらに大きくなり、対応外のカードを使用すると
途中で止まってしまうとの事でしたのでご注意ください。


GH4トークセミナー

発売後、メーカー予想を上回る注文で品薄が続く「LUMIX GH4」ですが、今回のお話を聞いてその人気ぶりを改めて理解しました。
先生が持参されたアクセサリーへの質問が多かった事からも、動画に対する関心の高さも伺えます。

4K動画の高い解像力を目の当たりにして、静止画も動画からが当たり前になる。
そんなデジカメの進化も想像させるセミナーでした。


最後にご参加いただいたお客様、森脇先生、パナソニックさんに心から御礼申し上げます。
今後も楽しいセミナーを企画いたしますので、どうぞお楽しみに。





[ Category:Panasonic|掲載日時:2014年05月10日 18時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 2018年05月22日
5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。 カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。 ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。 それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては… そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。 「二眼...
続きを読む
【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む
【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 2018年05月21日
皆様こんにちは。 今回はLeicaのプレミアムモデル「Leica M-P(Typ240) チタンセット」をご紹介! 2016年に世界限定333台で発売された数少ないレアモデル! 通常モデルはカメラボディに真鍮を使っていますが、当モデルはその名の通りチタンを使用! 軽くて頑丈な金属として近年注目を浴びている素材で、通常モデルのM-P(Typ240)よりも90gほど軽量化が図られています。 気になるセット内容は… ・Leica M-P(Typ240) ・ズミクロン M28mm F2 ASPH ・アポズミクロン M50mm F2 ASPH レンズはチタンアル...
続きを読む
null 【RICOH】 GR II 原宿 2018年05月20日
先日ぶらりと原宿に行ってきました。 こんな時は、名スナップシューターRICOH GR IIの出番です。 早速、写真をご紹介。 GRII、本当によく写ります。 ここで、使っていてのお気に入りのポイントベスト4を発表します! その1 レンズ先端から10cmまで寄れるマクロモードがお気に入りです。 カメラひとつでスナップを撮っていると、寄って撮りたくなる時があります。 そんなとき、このマクロモードでクローズアップできると撮影の幅がぐんと広がります。 ...
続きを読む
null 【SONY】 α7RIIIでプロレスの写真を撮る。 2018年05月19日
本日はプロレスの写真撮影に再挑戦する為に「SONY α7RIII + FE 70-300mm F4.5-5.6 G」を携えて格闘技の聖地「後楽園ホール」に再びやって参りました。 今回もリングに最も近い最前列での観戦です。 この日の試合はお昼からのスタートでしたが、第一試合から白熱する闘いが繰り広げられました。 選手達の熱い表情を「FE 70-300mm」が鮮明に捉えてくれます。 「α7RIII + FE 70-300mm」の組み合わせならば最前列からでもリング中央での熱戦をいとも簡単に撮影する事が可能です。 「...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]