『Panasonic LUMIX GH4』トークセミナーを開催しました » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




GH4トークセミナー

2014年5月10日、プロカメラマンの森脇章彦先生をお迎えして
「Panasonic LUMIX GH4 トークセミナー」を開催いたしました。
広告写真の分野でも活躍されている森脇先生の経験から導き出された
撮影スタイルの説明はとても楽しく、参考になりました。
ご参加できなかった方の為に、今回もその様子を少しご覧いただきます。


Panasonic LUMIX GH4

広告写真と聞くと中判デジタルなど大きなセンサーのカメラを想像してしまいますが、
森脇先生はマイクロフォーサーズ機はもちろん、さらに小さな1インチセンサーのカメラも多用しているとの事。
その理由は、レンズの絞れば絞るほど画像が不鮮明になる「回析現象」を避けるため。
モデル撮影時ではバストトップから髪の毛まで幅広い範囲の鮮鋭感が求められます。
被写界深度と絞りによる劣化をセンサーの大きさで調整しているとの事でした。


GH4トークセミナー

まずは、その撮影スタイルで重宝していく機能を紹介していただきました。

タッチフォーカスが採用されている「LUMIX GH4」には画面全体にAFエリアが設定されています。
しかし実際の現場では使用する箇所が限られるため、縦位置撮影用などに複数のパターンを予め登録しておくと便利との事でした。


GH4トークセミナー

さて「LUMIX GH4」と言えば、気になるのはその4K動画撮影機能です。

今回パナソニックさんの協力で、4K対応の65インチテレビを用意していただきました。
圧倒的な解像力を持つ4K動画は、大きなテレビで一時停止しても写真と見間違う程の高い解像力を持っています。
「LUMIX GH4」では再生映像を高精細の静止画として出力することが可能で、
書き出された3840×2160の画像はA3出力しても問題ないクオリティーとの事。


GH4トークセミナー

今までの動画撮影機で動画から静止画を書き出すと、白飛びなど画質の劣化が避けられなかったのですが、
「LUMIX GH4」では精細な情報がしっかり残っているので、画像処理ソフトでの加工も楽しめます。

30コマ/秒の連写で撮り続けていると考えれば、ひとまず動画で撮影し、後で欲しい瞬間を切り撮るといったスタイルでOK!
森脇先生の「シャッターボタンを必要としない」とおっしゃったのが印象的でした。


GH4トークセミナー

カメラの凄さを説明いただいた後は、特別に先生が愛用しているアクセサリーを紹介いただきました。
ブレを防ぐ三脚雲台やステディーカムは、意外と低価格な製品だったことにビックリです。
ちなみにレンズに付けるフィルターは画質への影響がほとんどないマルミの「EXUS」がおすすめとの事でした。


GH4トークセミナー

そして最後にメモリーカード選び方の注意点を。
4K動画の大きなデータをスムーズに記録するにはUHSスピードクラス3(U3)対応のカードが必要との事です。
特に動きの早いものや色数が多い物はデータ量がさらに大きくなり、対応外のカードを使用すると
途中で止まってしまうとの事でしたのでご注意ください。


GH4トークセミナー

発売後、メーカー予想を上回る注文で品薄が続く「LUMIX GH4」ですが、今回のお話を聞いてその人気ぶりを改めて理解しました。
先生が持参されたアクセサリーへの質問が多かった事からも、動画に対する関心の高さも伺えます。

4K動画の高い解像力を目の当たりにして、静止画も動画からが当たり前になる。
そんなデジカメの進化も想像させるセミナーでした。


最後にご参加いただいたお客様、森脇先生、パナソニックさんに心から御礼申し上げます。
今後も楽しいセミナーを企画いたしますので、どうぞお楽しみに。





[ Category:Panasonic|掲載日時:05月10日 18時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Nikon】超望遠レンズで競馬を撮る 【Nikon】超望遠レンズで競馬を撮る 2017年12月17日
先日、友人に誘われ、川崎競馬場で競馬を撮影する機会に恵まれました。 今まで経験がなかったのですが、友人の助言と自分なりの工夫によって、少しは良いなと思える写真が撮れました。 今回は試行錯誤の思い出とともに、競馬の写真を振り返ります。 この写真はパドックでゆっくりと歩いている馬の表情を捉えたものです。 機材は私が所有しているNikon D5と、友人から借りたAF-S NIKKOR 600mm F4E FL ED VR。 三脚を用意していなかったため手持ちでの撮影です。 とはいえAF-S NIKKOR 600mm F4E F...
続きを読む
null 子供を撮るカメラではなく、子育てで使うお勧めカメラ 2017年12月16日
突然ですが、ただ今、3歳の子供を育てている真っ最中のパパです。 今回は、子育てでこのカメラは紹介せずにはいられないというカメラ SONY Cyber-shot DSC-RX100M5のある機能について紹介したいと思います。 私の両親は離れて暮らしている為、孫の動画となればたとえスマホで撮った動画でもシェアするととても喜んでくれます。 だから送る方も嬉しいし、シェアしてあげたい。 でも、せっかくの成長記録なので、画質の良いカメラで撮りたいと思うのがカメラ好きの本音。 画質の良いカメラで撮...
続きを読む
null 【Panasonic】パナライカと過ごす日常 (茨城編) 2017年12月15日
私生活で絶対に手放せない機材がある。 それは『Panasonic LUMIX DMC-GM5』と『Panasonic LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. 』。 写真下段のコンパクトカメラ『Leica X(Typ113)』と比較すると、その小ささが際立つ。 そして、ミニマムなボディサイズからは想像もつかぬ存在感。 今回の旅の目的は『新鮮な浜焼き』。 このミニマムな組み合わせで茨城県大洗市へ出かけた。 東京から車で走ること2時間。大洗港に到着。 2011年3月11日の震災時には津波の被害を受けたが、 今では津...
続きを読む
Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 【Canon】TS-Eレンズと遊ぶ 2017年12月14日
TS-Eレンズと遊ぶ TS-E17mm F4L TS-E24mm F3.5L Ⅱ TS-Eレンズ・・・ 聞いた事や見た事があっても実際に使って写真を撮ったことがある読者の方は少ないのではないでしょうか。 TS-Eレンズとは、キヤノンがラインアップしているティルト・シフトレンズの名称であり 遠近感とピントの合う範囲をコントロールできる、アオリ機構を搭載したレンズです。 オートフォーカスの機能は無いのでピントは全てマニュアルでフォーカスします。 故に三脚を据えて撮影するのが好ましいレンズです。 筆者は...
続きを読む
null 【Nikon】 本気のFX 58mm ~現代の銘玉で日常にスパイス~ 2017年12月13日
日常にスパイス 02 深まる紅葉も徐々に散ってゆくこの季節。 今年最後の紅葉狩りに、 紅葉撮影の決定版を持ち出してみるのはいかがでしょうか。 今回は、AF-S 58mm F1.4GとD5の組み合わせでお届けします。 まずは絞り込んでパシャリ! 浅瀬から滝つぼの淵へのグラデーションを良く写し取ってくれます。 D5は高感度での性能を重視する設計といわれていますが、 ISO100でもこれだけ豊かな階調表現が可能です。 しばらくあたりを散策していると、あっというまに真っ暗に、 最近は...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]