【Leica】 金曜フードショー☆第4回 ITDOO ズミクロン50mm、ズマロン35mm用フード » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language







みなさん、こんにちは。「金曜フードショー」へようこそ!

レンズフードは、フレアやゴーストなどの原因となる有害光のレンズへの入射を防ぐためのものですが

レンズフード自体がコレクションの対象にもなっています。

このコーナーでは、実用的なものや変わった形のものなど多種多様なレンズフードを取り上げていきます。


今回紹介するのは、ズマロン35mm、ズミクロン50mm兼用の 「ITDOO」です。

第2回の「SOOFMにかわって 1956年に登場しました。

ラッパ型でシンプルですが、たいへん美しいデザインだと思います、いかがですか?

内側は、乱反射防止のミゾが丁寧に彫られています。






取り付けは、両サイドのボタンを押し、4つの爪を引っ込めた状態でレンズにはめ、手を離すと固定されます。



この溝を爪でガッチリつかみます。



また、フードをレンズに逆向きにかぶせた際(50mmレンズで可能)の傷防止とフードが簡単に外れないようにベルベットが貼ってあります。

ただ、経年劣化や貼り換えによって、フードを逆向きにかぶせ難いものもあります。


一番上の写真は、M3 + ズマロンM35mmF3.5 、↓こちらは M3 + ズミクロンM50mmF2 です。 どちらもカッコいいですね!


フィルター径39mmでフードを爪で固定する35mm、50mmのレンズに取付けできます。

下のように 最新のライカM + ズミクロンM35mmF2ASPH.+ ITDOO という組み合わせもおもしろいですね。クラシックな雰囲気になります!




いや~フードってほんとにいいもんですね!











〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:06月13日 10時15分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 写真展のご案内 〜 グループ展『氣 サラブレッド 2017』 2017年11月16日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは グループ展 - 『氣 サラブレッド 2017』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null 【SONY】α9 Maptimes Review 2017年11月10日
ミラーレス一眼の新たな新時代を切り開く 「α9」 完全無音でレリーズ時の暗転がなく AF/AE追従で20コマ/秒で連写の行えるカメラということで 様々な可能性を秘めた高速連写機となっています。 マップカメラがおくる作例サイト『Kasyapa』でも発売時にご紹介しておりますが 本館5Fスタッフの間でも撮影に臨んで参りましたのでご覧ください。 それではどうぞ。 α9 + FE 70-200mm F2.8 GM OSS ss1/1600 F2.8 ISO8000 焦点距離143mm まずはα9の主戦場である「動体撮影」から見ていきましょう...
続きを読む
【Nikon】 KeyMission Movie ~ かけがえのない瞬間 ~ 【Nikon】 KeyMission Movie ~ かけがえのない瞬間 ~ 2017年11月10日
【 KeyMission:Impossible 】 あなたのミッションは何ですか? 何をするのか・・・なぜそれをするのか・・・ 目指すものはさらなる高みへ・・・攻め続ける! 様々なミッションに可能な限り挑む! それが KeyMission:Impossible! ミッションはあなたをより近くへ導く ミッションはあなたをより遠くへ誘う ミッションはあなたを解き放ち・・・大胆に、生き生きと、自由に! どこへでも行くことができる! あなたのミッションは・・・I AM KeyMission! 【 KeyMi...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part4> 2017年11月09日
会津に生産拠点を構えた理由 レンズに込めた哲学と想い シグマが他と決定的に違う点 レンズに刻まれたヴィンテージナンバー 国内と海外での反応の違い これまでにあった印象深い出来事 シグマとFoveonとの出会い 新たなレンズの展開と未来のシグマ   シグマとFoveonとの出会い シグマといえばレン...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part3> 2017年11月09日
会津に生産拠点を構えた理由 レンズに込めた哲学と想い シグマが他と決定的に違う点 レンズに刻まれたヴィンテージナンバー 国内と海外での反応の違い これまでにあった印象深い出来事 シグマとFoveonとの出会い 新たなレンズの展開と未来のシグマ   レンズに刻まれた ヴィンテージナンバー   ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]