【Leica】 金曜フードショー☆第12回 12585 M35mm / M50mm用フード » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language







みなさん、こんにちは「金曜フードショー」へようこそ!

レンズフードは、フレアやゴーストなどの原因となる有害光のレンズへの入射を防ぐためのものですが
レンズフード自体がコレクションの対象にもなっています。

このコーナーでは、実用的なものや変わった形のものなど多種多様なレンズフードを取り上げていきます。

今回紹介するのは、ズマロン35mm、ズミクロン35mm、ズミクロン50mm、エルマー50mm兼用の12585 フードです。

このフードの特徴① 3つのスリットが正面から見るとよくわかりますね。


12585は、第7回で紹介した「IROOA 35mm、50mm用フード」の後継機種です。
IROOAと同じく、フィルター径39mmでフードを爪で固定する35mm、50mmのレンズに取付けできます。

メタル製ブラッククローム仕上げで、↑ の写真のほかにも刻印のバリエーションがあります。


使用法もIROOAと同様です。取付けは、両サイドのボタンを押して、4つの爪で固定します。
爪は二重にあり、50mmレンズでは逆さ付けしてコンパクトに収納できます。フードカバー(14033)も使えますよ。


そして特徴② ラッパ型のIROOA とは逆に、先端がすぼまっています

これら2つの特徴は何のためなのか? ↓ の写真をご覧ください。
ライカM6 + ズミクロンM50mmF2 に、左は「IROOA」、右は「12585」をそれぞれ装着した時のファインダー像です。


画面右下に注目してください。 理由は一目瞭然ですね! 
「IROOA」では、右下スミが隠れて見えません(ケラれている)。
対して「12585」では、フードが線状になっていてスミまで見る事が出来ます。

実際の撮影の場面では、この「右下スミが見えない」ことは、結構ストレスになるんです。
フィルムを現像してみたら、思いもよらないモノが写っていたり、
右下を気にしてなかなかフレーミングが決まらなかったりするのです。

そんなストレスを解消してくれる救世主が「12585」なのです!

「何だかライカっぽくてカッコいいデザイン」だけではなかったんですね! レンジファインダー用に考え抜かれた機能美なんですね!

ライカレンズは、ほとんどがフード組み込みタイプになりましたが、
ツァイスやフォクトレンダーでは、スリットタイプのフードが現行品として用意されています。

最近では、ミラーレス一眼にマウントアダプターを介してライカ用レンズなどを使用することが多いですが、
専用フードがスリットタイプだったりしますよね。それはそれで、アリですよね。 

やっぱりカッコいいですから。


個性的、機能的、実用的 三拍子そろった「12585」でした。

でも、やっぱり銀鏡胴のズミクロンには時代を揃えて「IROOA」を装着してしまったりしますよねぇ。

いや~フードってほんとにいいもんですね!







↓ こちらのフードカバーがお使いいただけます。




↓さて、これまでの「金曜フードショー」は↓


↓便利なフード対応表ができました。ご利用ください。↓



〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:11月07日 19時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null Panasonic G9 PRO 改めてその魅力に迫ります 2018年01月22日
ミラーレス市場を最前線で率いてきたパナソニック G1発売から10周年という記念すべき節目に投入されたのが スチル向けフラッグシップモデル G9 PROです。 今までの機種とは一線を画する本機 店頭スタッフも唸るスペックとこだわりが感じられます。 発売日まで残り3日と迫った本機の魅力を、改めてご紹介いたします。 -パナソニック史上最高の表現力- G9 PROは写真撮影でもっとも重要な要素のひとつである色作りを一新。 まるで生きているかのような、生命力が伝わってくる質感と色合い...
続きを読む
写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 2018年01月22日
渡辺 浩徳氏 1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業 20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。 現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。 焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス 小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困難...
続きを読む
null 【Voigtlander】潮風に吹かれて。HELIAR 40mm F2.8 VM 2018年01月22日
潮風を浴びたくて横濱に来た。 手の中には「SONY α7II」と「Voigtlander VM-E Close Focus Adapter」越しに付けた 「Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 」 設定はモノクローム。余計な事は考えないでシャッターを切った。 欄干には手袋一つ。 道端で落ちている手袋は、何故だかいつも片方だけだ。 相棒を失った手袋が再び再会出来る確率はどれぐらいなのだろうか。 光の中で。 男女の声はこちらまで届かない。静かに時間だけが流れている。 暖房の効いた大桟橋の中で、二人...
続きを読む
車両のない鐵道写真2 写真展のご案内 〜 GTYと愉快な仲間たち 写真展『車両のない鐵道写真2』 2018年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは GTYと愉快な仲間たち 写真展 - 『車両のない鐵道写真2』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【RICOH】GR II お気軽お散歩写真 【RICOH】GR II お気軽お散歩写真 2018年01月21日
皆さん、ご存知でしたか。 日本は世界でも珍しく四季のある国であること。 子供の頃から季節の変化があるのが当たり前の為 気にしていませんでした。 写真も当たり前に撮影しているかもしれません。 常識や知識だけではなく 自分だけの感覚や感性で撮影してみようと思います。 RICOH GR IIならそんな気持ちに応えてくれます。 1枚目は東京狭山茶手揉み実演をしているところを撮影。 GRレンズ18.3mm(35ミリ判換算で約28mm相当)、F2.8なので フラッシュなしでもブレずに表現出来まし...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]