【HASSEL BLAD】の使い方 第5回 フォーカシングフード、ワインディングクランク その1 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





null null

↑クリックすると大きく表示されます。

中判一眼レフとしては、 HASSELBLADってコンパクトなカメラですよね。
今回紹介するフォーカシングフードやワインディングクランクもコンパクトさに一役買っています。

フォーカシングフード◆ 
折り畳み式のフォーカシングフードを開くには、フォーカシングフード開閉ボタンを右にスライドさせます。
すると、バネの力によって自動的に勢いよくフードが開きます。

そして上からファインダーを覗きこみ、ピント合わせと構図の決定をします。
このウエストレベルファインダーの良いところは、カメラをしっかりホールドし、カメラブレを防ぐことができる点です。

注意が必要なのは、ファインダー像の左右が逆になることなのですが、これは慣れてしまえば問題は無いでしょう。



再びフォーカシングフード開閉ボタンを右にスライドさせると、ルーペが上がってきます。
ファインダー像が拡大されて、精密なピント合わせが可能になります。

フォーカシングフードを折りたたむときは、まずルーペを押し戻します。カチッ、と音がして所定の位置に固定されます。
次に左右、後部、前部の順に折りたたみます。
このパタ、パタ、パタ、パタンッという順番に折りたたむタイプのフォーカシングフードは、500C/M 初期のもので
500C/M の後期(1980年代)から新型のフォーカシングフードに変わります。



ワインディングクランク

null null

↑クリックすると大きく表示されます。

ワインディングクランクも折りたたみ式です。180度起こして使用します。

ワインディングクランクは、様々な仕事をしています。
①フィルムを巻き上げる ②ミラーを下げる ③絞りを開放にする ④シャッターをセットする 
⑤シャッターシグナル、フィルムシグナル、フィルムカウンターを動かす。
ワインディングクランクを1回転させるだけで、これら一連の作業をしています。

このワインディングクランクも初期型のもので、1983年頃から新型のものに変わります。

また、ワインディングクランク以前は、丸いノブ方式でした。
大きな回転半径で一気に巻上げるクランクとは異なり、2~3回、回さなければなりませんでした。

HASSELBLAD 500C、500C/M、503CX では、ワインディングクランクの取付け部の構造が同じなので、
旧型、新型のクランク、ノブは、それぞれ互換性があります。

次回は、新型のフォーカシングフードとワインディングクランクを紹介します。

つづく。


こちらもどうぞ↓クリックしてください!

【HASSELBLAD】の使い方 第1回 知って得する!?500C/Mの 各部名称

【HASSELBLAD】の使い方 第2回 そこが知りたい!Cレンズの各部名称

【HASSELBLAD】の使い方 第3回 Cレンズ その1

【HASSEL BLAD】の使い方 第4回 タイムとセルフタイマー













〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:HasselBlad]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【HASSEL BLAD】X1Dお試しいただけます!! 【HASSEL BLAD】X1Dお試しいただけます!! 2016年12月18日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 皆様、お待たせしました! 製品発表されてから今日まで注目を浴び続けている 世界初の"中判"ミラーレスデジタルカメラ HASSELBLAD X1D-50c なんとマップカメラでは発売に先駆けてお試しいただけます! 35mmフルサイズでさえ味わえない中判デジタルの画質 創業75周年の技術を詰め込んだ ボディのコンパクトさ・軽快さはまさに驚愕です。 ※製品版ではない為、撮影データは、お持ち帰りいただけません。 私が一番驚いたこ...
続きを読む
【HASSEL BLAD】の使い方第10回 フォーカシングスクリーンと視度補正ルーペの交換 【HASSEL BLAD】の使い方第10回 フォーカシングスクリーンと視度補正ルーペの交換 2016年09月30日
◆フォーカシングスクリーンの交換◆ HASSELBLAD 500C/M以降のボディは、フォーカシングスクリーンの交換ができます。 フィルムマガジンを外し、フォーカシングフードをボディ後方に引き抜きます。 ロック機構は無く、少し力を入れるだけで簡単に取り外せます。 上写真の止め金具をボディ内に押し込みます。 手でスクリーンを覆い、カメラを逆さまにして、手のひらにスクリーンを落とします。 フォーカシングスクリーンは、標準装備のマットのもの、スプリットイメージ付きのもの、 ...
続きを読む
【HASSEL BLAD】の使い方 第9回 「動く!」Cレンズの被写界深度目盛り 【HASSEL BLAD】の使い方 第9回 「動く!」Cレンズの被写界深度目盛り 2016年08月24日
ピントが合っている(合って見える)範囲を示すのが、被写界深度目盛です。 ↑ のHASSELBLAD CF 80mmF2.8ですと、絞りリングとピントリングの間に縦の線が何本もありますね。 真ん中の太い指標を挟んで、左右対称に 4、8、11、16、22と数字がふってあります。 例えば、5mの距離にピントを合わせると、左右の被写界深度目盛の「16」の位置に 左側は、約3m、右側は、20m弱の距離が示されます。 これは、絞りF16の時、この間にピントがきますよ、ということです。 HASSELBLADに限らず、多くのメー...
続きを読む
【HASSEL BLAD】の使い方 第8回 どこが違う?500C/M と 503CX 【HASSEL BLAD】の使い方 第8回 どこが違う?500C/M と 503CX 2016年07月05日
数種類あり、どれも同じように見える HASSELBLAD 500シリーズの見分け方ですが、実は簡単です。 親切な事にボディに機種名が入っています! ↑の写真の 500C/M は、ボディ左側面のアクセサリーソケットに(500C も同じ位置)、 ↓の 503CX 以降のモデルは、ボディの両肩にありますね。 プリントではなく、浮き彫りになりました。ボディ正面の「HASSELBLAD」のロゴも浮き彫りですね。 では、500C/M と 503CX の異なるところを紹介しましょう。 500C/M (と 500C) のボディ内部は、乱反...
続きを読む
Hasselblad X1D 東京発表会レポート 『Hasselblad X1D』東京発表会レポート 2016年07月02日
皆様お待たせいたしました!! 先日スウェーデンで発表された世界初のミラーレス中判デジタルカメラ「Hasselblad X1D」が、国内初お目見えです。 7月1日、東京原宿のハッセルブラッド ストア東京で発表会が行われました。 重要なパーツを日本から輸入し、スウェーデンの技術で完成させた「Hasselblad X1D」は両国の友好から誕生したと、 スウェーデン大使 マグヌス・ローバック氏のご挨拶で発表会は始まりました。 まずはハッセルブラッド・ジャパン株式会社 社長のWillia...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]