【HASSEL BLAD】の使い方 第9回 「動く!」Cレンズの被写界深度目盛り » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language







ピントが合っている(合って見える)範囲を示すのが、被写界深度目盛です。
↑ のHASSELBLAD CF 80mmF2.8ですと、絞りリングとピントリングの間に縦の線が何本もありますね。
真ん中の太い指標を挟んで、左右対称に 4、8、11、16、22と数字がふってあります。

例えば、5mの距離にピントを合わせると、左右の被写界深度目盛の「16」の位置に
左側は、約3m、右側は、20m弱の距離が示されます。
これは、絞りF16の時、この間にピントがきますよ、ということです。

HASSELBLADに限らず、多くのメーカーのレンズは、このようなタイプの被写界深度目盛を使っていますね。

ところが、HASSELBLAD C レンズの場合は、ちょっと変わった表示の仕方をしています。

nullnullnull

↑クリックすると大きく表示されます。

何本も縦の線を引くのではなくて、1対の動く指標を組み込んだのです!
絞りリングの動きに合わせて、赤い指標が動いていきます。
これなら、絞りと線を見比べて探すよりも、素早く直感的に被写界深度を見て取れます。

そして何より、こんな機構を内蔵させた技術力には感心させられますねぇ。
写真を撮る道具としてはもちろんのこと、こんな精緻なメカニズムにも大きな魅力があります。

まさに「持つ喜び」を感じさせるのが、HASSELBLAD なのです。



↓ こちらもご覧ください ↓
















〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:HasselBlad]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【店頭限定】α9選べる、試せるペアチケットプレゼントキャンペーン! 2017年08月22日
皆様こんにちは! 8/23(水)から店舗限定企画がスタートいたしますよ! 話題のカメラ、α9ボディを新品でご購入のお客様に 選べる、試せるペアチケットをプレゼント! 今回はα9の動体追従、静音、高感度耐性などの 要素が試せそうなプレゼントをマップカメラスタッフでチョイスいたしました。 この機会にぜひ、マップカメラでα9をいただいて 撮影もお楽しみいただければ幸いでございます。 ※先着順でのプレゼントになりますため 無くなり次第終了とさせていただきます、ご了承くださいませ...
続きを読む
写真展のご案内 〜 伊勢谷紳祐 写真展『In my eyes』 写真展のご案内 〜 伊勢谷紳祐 写真展『In my eyes』 2017年08月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 伊勢谷紳祐 写真展 - 『In my eyes』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null 【Leica】ギフトカードプレゼントキャンペーン!!この夏が終わる前に・・・ 2017年08月21日
『LEICAギフトカードプレゼントキャンペーン』 この夏が終わる前に・・・ そうなんです。 この夏が終わると同時に終わってしまうんです。 8月31日(木)で終了なんです。 あと10日です!お急ぎ気味にご検討ください。 「え~っと・・・どんなキャンペーンだったんだっけ?」 そんな方もいらっしゃるかと思いますのでシンプルに申し上げますと・・・ 期間中に対象商品をお買い上げ後ご応募いただくとライカからギフトカードが送られてきます。 どんなお買い物でどのくらいのギフトカ...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 葛原よしひろ 写真展『水鳥の楽園 -水の故郷 びわ湖高島-』 2017年08月21日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 葛原よしひろ 写真展 『水鳥の楽園 -水の故郷 びわ湖高島-』 です。 是非足をお運び下さい。 期 間:9/4(月)〜 9/22(金) 場 所:ソニーストア大阪
続きを読む
null 【Nikon】S4・希少な普及版ニコン 2017年08月19日
Nikon S4をご存知ですか? 「Nikon S4」は、1959年発売のニコンSマウントカメラ(S型ニコン)。 「Nikon S3(1958年)」から、ファインダーの35mmフレーム、セルフタイマー、モータードライブ取付け機構、 フィルムカウンターの自動復元機構を省いた、普及版として登場しました。 ↑ Nikon S3(奥)とNikon S4(手前) 他のS型ニコンとの見分け方は、「レバー式巻上」、「大きなファインダー窓」(S3と同じ)で、 「セルフタイマー無し」、「ロゴのNが直線的」なら「S4」です。 生産台...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]