Select Language



今再びのCONTA「REX」 Sonnar 135mm F2.8

[ Category:etc.|掲載日時:2017年04月24日 19時30分]






皆様こんにちは!
「今再びのCONTA【REX】」です。

CONTAXの一眼レフを語る上で欠かせないCONTAREX
番外編をお送りします!

今回ご紹介するのは、「CarlZeiss Sonnar 135mm F2.8(CONTAREX用)」です。

Contarex用の135mmにはF2.8とF4の2種類がありますが、
今回はF2.8をご紹介いたします。
解像力よりもボケやスピード重視といったところでしょうか。
オリンピア・ゾナーと呼ばれることもあるようですか、レンズにそういった表記はありません。
ミュンヘンオリンピックにちなんだ後付かもしれませんね。

では早速いってみましょう!

SONY a7 + CarlZeiss Sonnar 135mm F2.8
F3.5 1/500秒 ISO100XX
珍しい色のおみくじで思わずシャッターを切りましたが、
前にもこんな写真を撮ったような・・・。


SONY a7 + CarlZeiss Sonnar 135mm F2.8
F2.8 1/200秒 ISO100
今にも綻びそうな椿の花。
適度な解像感と柔らかい描写が印象的です。


SONY a7 + CarlZeiss Sonnar 135mm F2.8
F2.8 1/500秒 ISO100
ピントを合わせた被写体を浮き立たせるようなボケは中望遠レンズの醍醐味ですね。
赤の発色が鮮やかです。現代まで続くcarlzeissのイメージです。


SONY a7 + CarlZeiss Sonnar 135mm F2.8
F2.8 1/500秒 ISO400
何でそんな目で見つめてくるんだ。
つぶらな瞳の輝き、鼻の艶、毛並みの表現がいい感じです。


SONY a7 + CarlZeiss Sonnar 135mm F2.8
F2.8 1/250秒 ISO1000
背景によってはボケが気になるかもしれません。


SONY a7 + CarlZeiss Sonnar 135mm F2.8
F2.8 1/250秒 ISO800
光の描写が綺麗でつい同じような写真をパシャリ


SONY a7 + CarlZeiss Sonnar 135mm F2.8
F2.8 1/250秒 ISO1250
障子の木の色再現がとても良く、木のぬくもりが伝わってきます。
やはり木造建築、和室は良いですね。いつかは縁側のある家に住みたいものです。


SONY a7 + CarlZeiss Sonnar 135mm F2.8
F3.5 1/500秒 ISO320
動く被写体をマニュアルフォーカスで追いかけるのがいかに難しいかが分かりました。
フィルム時代のスポーツカメラマンの偉大さが身をもって理解できました。


SONY a7 + CarlZeiss Sonnar 135mm F2.8
F2.8 1/200秒 ISO320
こちらは世田谷区の豪徳寺。
招き猫を祀っているということもあり、
大小様々な、大量の招き猫がいました。
圧巻という言葉がピッタリです。


SONY a7 + CarlZeiss Sonnar 135mm F2.8
F2.8 1/200秒 ISO320
小というか極小ですね。
可愛すぎて招かれてしまいそう・・・。
ちなみにこちらのレンズは他のContarex用レンズほど近寄れず、
最短撮影距離は1.2mです。


↓本物の今再びのCONTAX!シリーズは↓











やはり、135mmのレンズには手振れ補正が欲しいですね。
今回は何枚も手振れでお蔵入りしてしまいました。




マップカメラでは36回払いまで無金利の「超低金利ショッピングクレジット」をご利用いただけます!
↓詳しくは下のバナーをクリック↓



〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2017年04月24日 19時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー ~第二部~ ~第二部~ G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー 2018年05月23日
第一部の講義を終え、いよいよポートレート撮影が始まります! 今回お招きしたモデルさんは成田 彩美さん。長時間たくさんのカメラに囲まれつつも、最後まで素敵な笑顔を見せてくれました。 G9 PROによるポートレート撮影を行うために用意したLEICA DGレンズラインナップは以下の通り。5月24日発売の新製品『LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.』も先行で試すことができました。 LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 A...
続きを読む
G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー ~第一部~ ~第一部~ G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー 2018年05月23日
2018年5月19日(土)マップカメラからほど近い新宿ファーストウエストビルにて『Panasonic LUMIX G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー』を開催いたしました。 講師にお招きした上田 晃司氏には以前にも何度かマップカメラのイベントに出演していただいておりますが、今回はパナソニックの静止画のフラッグシップ機である『LUMIX DC-G9 PRO』でポートレート撮影をする際のテクニックをご教示いただきます。 マップカメラでは様々なセミナーを開催してお...
続きを読む
【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 2018年05月23日
日常にスパイス 05 みなさんご存知ですか?6月1日は、写真の日です。 1841年当時、薩摩藩主の島津斉彬が日本で初めて 写真撮影を行ったことを記念した日、と言われています。 (実際は、それ以前に国内で撮影が行われたことがあったという説がいまは有力です。) 1839年にダゲレオタイプが発表され、 歴史に写真を撮るうえでのカメラが定着してから、 いまだ百数十年しか経っていませんが、 その中でカメラは日々進歩し、 今やさまざまな人々が生活の中で あたりまえにカメラを使っています...
続きを読む
【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 2018年05月22日
5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。 カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。 ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。 それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては… そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。 「二眼...
続きを読む
【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]