今再びのCONTA「REX」 Sonnar 135mm F2.8 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language








皆様こんにちは!
「今再びのCONTA【REX】」です。

CONTAXの一眼レフを語る上で欠かせないCONTAREX
番外編をお送りします!

今回ご紹介するのは、「CarlZeiss Sonnar 135mm F2.8(CONTAREX用)」です。

Contarex用の135mmにはF2.8とF4の2種類がありますが、
今回はF2.8をご紹介いたします。
解像力よりもボケやスピード重視といったところでしょうか。
オリンピア・ゾナーと呼ばれることもあるようですか、レンズにそういった表記はありません。
ミュンヘンオリンピックにちなんだ後付かもしれませんね。

では早速いってみましょう!

SONY a7 + CarlZeiss Sonnar 135mm F2.8
F3.5 1/500秒 ISO100XX
珍しい色のおみくじで思わずシャッターを切りましたが、
前にもこんな写真を撮ったような・・・。


SONY a7 + CarlZeiss Sonnar 135mm F2.8
F2.8 1/200秒 ISO100
今にも綻びそうな椿の花。
適度な解像感と柔らかい描写が印象的です。


SONY a7 + CarlZeiss Sonnar 135mm F2.8
F2.8 1/500秒 ISO100
ピントを合わせた被写体を浮き立たせるようなボケは中望遠レンズの醍醐味ですね。
赤の発色が鮮やかです。現代まで続くcarlzeissのイメージです。


SONY a7 + CarlZeiss Sonnar 135mm F2.8
F2.8 1/500秒 ISO400
何でそんな目で見つめてくるんだ。
つぶらな瞳の輝き、鼻の艶、毛並みの表現がいい感じです。


SONY a7 + CarlZeiss Sonnar 135mm F2.8
F2.8 1/250秒 ISO1000
背景によってはボケが気になるかもしれません。


SONY a7 + CarlZeiss Sonnar 135mm F2.8
F2.8 1/250秒 ISO800
光の描写が綺麗でつい同じような写真をパシャリ


SONY a7 + CarlZeiss Sonnar 135mm F2.8
F2.8 1/250秒 ISO1250
障子の木の色再現がとても良く、木のぬくもりが伝わってきます。
やはり木造建築、和室は良いですね。いつかは縁側のある家に住みたいものです。


SONY a7 + CarlZeiss Sonnar 135mm F2.8
F3.5 1/500秒 ISO320
動く被写体をマニュアルフォーカスで追いかけるのがいかに難しいかが分かりました。
フィルム時代のスポーツカメラマンの偉大さが身をもって理解できました。


SONY a7 + CarlZeiss Sonnar 135mm F2.8
F2.8 1/200秒 ISO320
こちらは世田谷区の豪徳寺。
招き猫を祀っているということもあり、
大小様々な、大量の招き猫がいました。
圧巻という言葉がピッタリです。


SONY a7 + CarlZeiss Sonnar 135mm F2.8
F2.8 1/200秒 ISO320
小というか極小ですね。
可愛すぎて招かれてしまいそう・・・。
ちなみにこちらのレンズは他のContarex用レンズほど近寄れず、
最短撮影距離は1.2mです。


↓本物の今再びのCONTAX!シリーズは↓











やはり、135mmのレンズには手振れ補正が欲しいですね。
今回は何枚も手振れでお蔵入りしてしまいました。




マップカメラでは36回払いまで無金利の「超低金利ショッピングクレジット」をご利用いただけます!
↓詳しくは下のバナーをクリック↓



〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:04月24日 19時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Commlite(コムライト) マウントアダプター ニコンFレンズ/ソニーEボディ用 AF対応 電子接点付 CM-ENF-E1 PRO+Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 16-35mm F4 G ED VR アクセサリー雑感 〜マウントアダプター編〜 2018年01月17日
2018年に年が変わり、半月ほど経ちましたが、今年はもう写真は撮られましたか? 筆者は3日に今年最初の撮影に出かけてきました。 撮影場所は長池親水公園です。気温は-1℃で風も強く吹いていたため、ブルブル震えながら撮っておりました。 長池親水公園は山中湖畔に映る逆さ富士と夕日が沈む際にはダブルダイヤモンド富士が見れるスポットとして有名で、 この日もたくさんの方が写真を撮っていましたが、あいにくこの日は風が強かったため、逆さ富士は見られず。 さてさてこの富士山、なんの機...
続きを読む
null 【Leica】大口径中望遠Summarex 8.5cm F1.5を使いたい! 2018年01月16日
このレンズは、1943~1960年に製造されたSummarex 8.5cm F1.5です。 Leicaで唯一の8.5cmという焦点距離のレンズですが、撮影時のフレーミングをどうしようかと悩まされてしまいます。 こちらは、Leica IIIcにSummarex 8.5cmを装着したものです。 大口径、しかも大きなフードで、かなり迫力があります。 カメラの上に取り付けたのは、イマレクトファインダー(正像ビドム)です。 ローレット加工されたリングを回すと視野が変化するファインダーです。3.5~13.5cmのレンズに対応します。 ...
続きを読む
null α7RIIIのピクセルシフトマルチ撮影を"試す" 2018年01月15日
皆さまこんにちは。 先日発売されたばかりの最新機種 α7RIII 既に撮影を楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 本日のテーマは「ピクセルシフトマルチ撮影」です。 Eマウントボディの中ではα7RIIIで初登場した機能となりますが ボディ内手ブレ補正機構を高精度に制御することで イメージセンサーを正確に1ピクセル分ずつずらして計4枚の画像を撮影、合成。 有効約4240万のすべての画素でR・G・B の全色情報を取得し、補間処理をせずに直接合成します。 そこから画像を生成することで偽...
続きを読む
ヘリオス44-2 58mm F2 【ロシア】ヘリオス44-2 58mm F2と歩く 2018年01月14日
今回は、1年とすこし前に購入してからすっかりハマってしまったオールドレンズ 『ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2』をご紹介いたします。 冒頭の写真は、良い被写体があった!と思ってカメラを構えたところ、 ピントを合わせる前の画がとても幻想的だったのでそのままシャッターを切った1枚です。 マニュアルフォーカスレンズの良いところは、 こうした予期せぬ1枚に巡り合えるところにあると私は思っています。 先ほどの1枚のピントを合わせた結果がこちら。 ヘリオス...
続きを読む
RAWデータって大切 愛犬と向き合おう 2018年01月13日
愛犬と向き合おう 焦点距離50mm(35mm判換算75mm),SS 1/125,F4.0,ISO 400 鏡開きも過ぎた今日この頃。 筆者にとっては、本日がお客様への年頭挨拶でございます。 皆様の期待に応えるべく精進してまいりますので、 本年もよろしくお願いいたします。 皆様ご存じのことと思いますが、今年は戌年です。 カメラ好きな方なら脳裏によみがえることでしょう。 「Nikon New FM2/T 戌」がリリースされた、あの戌年です。 24年前のリリースと聞くと、何ともいえない衝撃が走ります。 さて、マップカ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]