【HASSEL BLAD】の使い方 第7回 ホントは怖い!? レンズ交換 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language







ご承知のようにHASSELBLAD 500 シリーズは、レンズ交換式カメラですね。

今回は、レンズの取外し方、取付け方とその時の注意点についてご紹介いたしましょう。

レンズの取外し方

ボディ前面のシャッターボタンの反対側にあるのが、レンズ取外しボタンです(1番上の写真)。

nullnull

↑クリックすると大きく表示されます。

レンズ取外しボタンを押しながら、レンズをカメラ正面から見て反時計まわりに回転させると取り外すことが出来ます。


レンズの取付け方



レンズのマウント上部の赤色指標とボディ内部の赤い点を合わせてレンズを差し込み、


正面から見て時計まわりに回転させ、カチリと音がしたらレンズがロックされます。

レンズを取付け中に誤ってシャッターボタンを押してしまうと
レンズが外せなくなったり、シャッターが切れなくなることがあるので慎重に行いましょう!


レンズ着脱時の注意点

レンズの着脱は、シャッターチャージされている時のみ、可能です。

下の写真(レンズの後ろ側)を見てください。左がシャッターチャージされた状態です。

nullnull

↑クリックすると大きく表示されます。

矢印のドライブシャフトに注目してください。
左は、ドライブシャフトの溝が赤い点の位置にありますね。シャッター、絞りともに開いた状態です。
右は、溝と赤い点がずれていますね。シャッターと絞りも閉じています。

レンズをボディに取付けようとした時に右の状態だった場合は、
コインなどをドライブシャフトの溝に挿し、右方向に約一回転させるとシャッターがチャージされ左の写真のようになります。


今度はボディを見てください。左がシャッターチャージされた状態です。

nullnull

↑クリックすると大きく表示されます。

左のようにシャッターチャージされているとドライブシャフトの突起が赤い点の位置にありますね。
この時、ミラーは降りています。

右のようにシャッターボタンが押された状態、または、ミラーアップされた状態でレンズを取付けてしまうと
やはりレンズが外れなくなったり、シャッターが切れなくなってしまいます。
そうなったら、もう修理に出すしかありません。

HASSELBLAD のレンズ交換になれていなかったり、ベテランでもうっかりミスで修理屋さんのお世話になることがあります。

でも怖がることはありません!
シャッターを切ったらすぐに巻き上げる癖をつけておきましょう!
レンズ交換の時は、レンズを覗いて向こうが見えているか、ミラーが下りているか確認しましょう!


こんな「お作法」も HASSELBLAD の個性として楽しんでしまいましょう!
とってもいいカメラですよ!!






















〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:HasselBlad]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【ZEISS&Voigtlander】Milvus 1.4/35と ULTRON40mmF2 ご予約受付中 【ZEISS&Voigtlander】Milvus 1.4/35と ULTRON40mmF2 ご予約受付中 2017年08月18日
Carl ZeissとVoigtlanderから新しいレンズが発表となりました! 【Carl Zeiss】 ニコン F/キヤノン EFマウント用 「Milvus」はデジタル撮像素子に最適化されたレンズ設計と 新しい時代にベストマッチした解像性能を持つカールツァイスの美しきレンズ。 どのような場面にも万能に使える35mmの焦点距離に、大きなボケ表現も楽しめるF値1.4。 好評だった従来のディスタゴンタイプを継承しつつ、 新しい光学系に生まれ変わり最新のMilvusが誕生しました。 1.4/35が新しく加わり、Mil...
続きを読む
【貸出機材更新】8/20 イベント開催のお知らせ『ライカで撮る、ライカを知る。 SLとM』 【貸出機材更新】8/20 イベント開催のお知らせ『ライカで撮る、ライカを知る。 SLとM』 2017年08月18日
自分に合うのはどっちのライカ?その答えがわかるライカイベントを開催いたします。 ゲストにプロカメラマン・河田一規氏とフリーライター・ガンダーラ井上氏をお迎えし、なぜライカなのか?ライカレンズは何が違うのか?を少しマニアックだけど分かりやすく説明していただきます。さらにライカSLとM10で実際に撮影ができる時間をご用意。 ライカに興味があるけど持っていない、実際にライカを使って撮影をしてみたい、など 初めてライカを体験...
続きを読む
null オリンパスで広がる撮影の世界 第2回 高性能ズームの新スタンダード。M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm... 2017年08月16日
オリンパスで広がる撮影の世界 第2回 高性能ズームの新スタンダード。 M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO ただいまマップカメラでは、 創業祭「MAP FES MAP CAMERA 23rd Anniversary」を開催中。 お得なSALEやイベントなど、 すでに利用してくださったお客様も多いことだろう。 そんな創業祭で盛り上がっているマップカメラでは、 本年カメラグランプリで三冠を達成したオリンパスを大特集!! OM-D E-M1 Mark IIとM.ZUIKO DIGITAL ED12-100MM F4.0 IS PROが カメラグラン...
続きを読む
【夏カメラで夏フォト】防水デジカメ大集合 ~ from FUJIFILM ~ 【夏カメラで夏フォト】防水デジカメ大集合 ~ from FUJIFILM ~ 2017年08月15日
【夏カメラで夏フォト!防水デジカメ大集合】~ from FUJIFILM ~ 夏にピッタリの「防水デジカメ」大集合!! 夏の旅行に最適なカメラといえば防水デジカメです。 海でも山でも、いつでもどこでも誰でも安心して使えるデジカメ! 防水性能に加え、優れた「タフ性能」&「基本性能」+アウトドアを意識したデジカメ! マリンスポーツはもとより、スキーや釣り、 キャンプや登山などといったハードに活躍してくれるデジカメ! サマーレジャーをもっと楽しくしてくれる、タフに使...
続きを読む
null 【Nikon】希少!! Nikon S3追加生産型あります! 2017年08月14日
この凛々しいブラックニコンは、通称「Nikon S3 オリンピック」とよばれているカメラです。 Nikon S3は、1958(昭和33年)にNikon S2の後継機として登場し、12,300台あまりが製造されました。 そして、一旦製造を終了した後、1965(昭和40)年に2,000台が再発売されました(S3追加生産型、ブラックのみ)。 このS3追加生産型には、新型の50mmF1.4が付いていました(ボディのみの販売もあった)。 S3追加生産型のシリアルナンバーは、6320000番台といわれています。 ちなみに本機のシリア...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]