【HASSEL BLAD】の使い方 第7回 ホントは怖い!? レンズ交換 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language







ご承知のようにHASSELBLAD 500 シリーズは、レンズ交換式カメラですね。

今回は、レンズの取外し方、取付け方とその時の注意点についてご紹介いたしましょう。

レンズの取外し方

ボディ前面のシャッターボタンの反対側にあるのが、レンズ取外しボタンです(1番上の写真)。

nullnull

↑クリックすると大きく表示されます。

レンズ取外しボタンを押しながら、レンズをカメラ正面から見て反時計まわりに回転させると取り外すことが出来ます。


レンズの取付け方



レンズのマウント上部の赤色指標とボディ内部の赤い点を合わせてレンズを差し込み、


正面から見て時計まわりに回転させ、カチリと音がしたらレンズがロックされます。

レンズを取付け中に誤ってシャッターボタンを押してしまうと
レンズが外せなくなったり、シャッターが切れなくなることがあるので慎重に行いましょう!


レンズ着脱時の注意点

レンズの着脱は、シャッターチャージされている時のみ、可能です。

下の写真(レンズの後ろ側)を見てください。左がシャッターチャージされた状態です。

nullnull

↑クリックすると大きく表示されます。

矢印のドライブシャフトに注目してください。
左は、ドライブシャフトの溝が赤い点の位置にありますね。シャッター、絞りともに開いた状態です。
右は、溝と赤い点がずれていますね。シャッターと絞りも閉じています。

レンズをボディに取付けようとした時に右の状態だった場合は、
コインなどをドライブシャフトの溝に挿し、右方向に約一回転させるとシャッターがチャージされ左の写真のようになります。


今度はボディを見てください。左がシャッターチャージされた状態です。

nullnull

↑クリックすると大きく表示されます。

左のようにシャッターチャージされているとドライブシャフトの突起が赤い点の位置にありますね。
この時、ミラーは降りています。

右のようにシャッターボタンが押された状態、または、ミラーアップされた状態でレンズを取付けてしまうと
やはりレンズが外れなくなったり、シャッターが切れなくなってしまいます。
そうなったら、もう修理に出すしかありません。

HASSELBLAD のレンズ交換になれていなかったり、ベテランでもうっかりミスで修理屋さんのお世話になることがあります。

でも怖がることはありません!
シャッターを切ったらすぐに巻き上げる癖をつけておきましょう!
レンズ交換の時は、レンズを覗いて向こうが見えているか、ミラーが下りているか確認しましょう!


こんな「お作法」も HASSELBLAD の個性として楽しんでしまいましょう!
とってもいいカメラですよ!!






















〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:HasselBlad]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【HASSEL BLAD】X1Dお試しいただけます!! 【HASSEL BLAD】X1Dお試しいただけます!! 2016年12月18日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 皆様、お待たせしました! 製品発表されてから今日まで注目を浴び続けている 世界初の"中判"ミラーレスデジタルカメラ HASSELBLAD X1D-50c なんとマップカメラでは発売に先駆けてお試しいただけます! 35mmフルサイズでさえ味わえない中判デジタルの画質 創業75周年の技術を詰め込んだ ボディのコンパクトさ・軽快さはまさに驚愕です。 ※製品版ではない為、撮影データは、お持ち帰りいただけません。 私が一番驚いたこ...
続きを読む
【HASSEL BLAD】の使い方第10回 フォーカシングスクリーンと視度補正ルーペの交換 【HASSEL BLAD】の使い方第10回 フォーカシングスクリーンと視度補正ルーペの交換 2016年09月30日
◆フォーカシングスクリーンの交換◆ HASSELBLAD 500C/M以降のボディは、フォーカシングスクリーンの交換ができます。 フィルムマガジンを外し、フォーカシングフードをボディ後方に引き抜きます。 ロック機構は無く、少し力を入れるだけで簡単に取り外せます。 上写真の止め金具をボディ内に押し込みます。 手でスクリーンを覆い、カメラを逆さまにして、手のひらにスクリーンを落とします。 フォーカシングスクリーンは、標準装備のマットのもの、スプリットイメージ付きのもの、 ...
続きを読む
【HASSEL BLAD】の使い方 第9回 「動く!」Cレンズの被写界深度目盛り 【HASSEL BLAD】の使い方 第9回 「動く!」Cレンズの被写界深度目盛り 2016年08月24日
ピントが合っている(合って見える)範囲を示すのが、被写界深度目盛です。 ↑ のHASSELBLAD CF 80mmF2.8ですと、絞りリングとピントリングの間に縦の線が何本もありますね。 真ん中の太い指標を挟んで、左右対称に 4、8、11、16、22と数字がふってあります。 例えば、5mの距離にピントを合わせると、左右の被写界深度目盛の「16」の位置に 左側は、約3m、右側は、20m弱の距離が示されます。 これは、絞りF16の時、この間にピントがきますよ、ということです。 HASSELBLADに限らず、多くのメー...
続きを読む
【HASSEL BLAD】の使い方 第8回 どこが違う?500C/M と 503CX 【HASSEL BLAD】の使い方 第8回 どこが違う?500C/M と 503CX 2016年07月05日
数種類あり、どれも同じように見える HASSELBLAD 500シリーズの見分け方ですが、実は簡単です。 親切な事にボディに機種名が入っています! ↑の写真の 500C/M は、ボディ左側面のアクセサリーソケットに(500C も同じ位置)、 ↓の 503CX 以降のモデルは、ボディの両肩にありますね。 プリントではなく、浮き彫りになりました。ボディ正面の「HASSELBLAD」のロゴも浮き彫りですね。 では、500C/M と 503CX の異なるところを紹介しましょう。 500C/M (と 500C) のボディ内部は、乱反...
続きを読む
Hasselblad X1D 東京発表会レポート 『Hasselblad X1D』東京発表会レポート 2016年07月02日
皆様お待たせいたしました!! 先日スウェーデンで発表された世界初のミラーレス中判デジタルカメラ「Hasselblad X1D」が、国内初お目見えです。 7月1日、東京原宿のハッセルブラッド ストア東京で発表会が行われました。 重要なパーツを日本から輸入し、スウェーデンの技術で完成させた「Hasselblad X1D」は両国の友好から誕生したと、 スウェーデン大使 マグヌス・ローバック氏のご挨拶で発表会は始まりました。 まずはハッセルブラッド・ジャパン株式会社 社長のWillia...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]