【HASSEL BLAD】の使い方第10回 フォーカシングスクリーンと視度補正ルーペの交換 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




◆フォーカシングスクリーンの交換◆


HASSELBLAD 500C/M以降のボディは、フォーカシングスクリーンの交換ができます。
フィルムマガジンを外し、フォーカシングフードをボディ後方に引き抜きます。

ロック機構は無く、少し力を入れるだけで簡単に取り外せます。



上写真の止め金具をボディ内に押し込みます。



手でスクリーンを覆い、カメラを逆さまにして、手のひらにスクリーンを落とします。

フォーカシングスクリーンは、標準装備のマットのもの、スプリットイメージ付きのもの、
セントラルグリット(マイクロプリズム)付きのもの、
格子線入りのものなど数種類が用意されていました。

また、当初のスクリーンより明るい「アキュートマットスクリーン」、
更にピント合わせのしやすい「アキュートマットDスクリーン」へと進化しています。

取付けは、フォーカシングスクリーンの表裏を間違えないよう注意してボディに落とし込み、
フォーカシングフードを差し込みます。
この時、留め金具は、自動的に元の位置に戻ります。

◆視度補正ルーペの交換◆


新型のフォーカシングフードは、視度補正ルーペを交換することが出来ます。
跳ね上げたルーペを途中まで押し下げ、フードの下から指を入れつまみます。



そのまま下へ引き抜きます。 取付けは、逆の順で行います。
視度補正ルーペは、+3から-4までありました。


つづく。


↓ こちらもご覧ください ↓
















〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:HasselBlad]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【HASSEL BLAD】何コレっ?! 第14回 トライポッドカップリング 【HASSEL BLAD】何コレっ?! 第14回 トライポッドカップリング 2017年08月03日
思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。まるで「踊る埴輪(はにわ)」のようなこれは、いったい何でしょう? なんだか、可愛く見えますねぇ。 これは、HASSELBLADのトライポッドカップリングです。 ↓このように使います。わかりにくいですが、カメラと三脚の間にあります! カメラと三脚の着脱をスピーディーに行うための、いわゆるクイックシューです。 HASSELBLAD SWEDEN とある方が前側です。 黒いレバーを前に倒すと、左右の銀色のレールが下がり、カメラを固定します。  ...
続きを読む
【HASSEL BLAD】X1D-50c 4116 edition、在庫ございます! 【HASSEL BLAD】X1D-50c 4116 edition、在庫ございます! 2017年08月01日
発売当初から品薄が続いております、 HASSELBLAD X1D-50c 4116 edition お待たせいたしました。 現在、在庫ございます! しかしながら、大変少数でございますので お早めにお買い求めください! X1D-50c 4116 editionには XCD 45mm F3.5(35mm判換算35mm相当)がセットになっています。 レンズも品薄が続いておりますので、 今すぐ使いたい!という方にもX1D-50c 4116 editionはオススメです! ↓ご注文、製品の詳細はこちらから↓ var forcia_var = { JAN_CODE: "739...
続きを読む
【HASSEL BLAD】X1Dお試しいただけます!! 【HASSEL BLAD】X1Dお試しいただけます!! 2016年12月18日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 皆様、お待たせしました! 製品発表されてから今日まで注目を浴び続けている 世界初の"中判"ミラーレスデジタルカメラ HASSELBLAD X1D-50c なんとマップカメラでは発売に先駆けてお試しいただけます! 35mmフルサイズでさえ味わえない中判デジタルの画質 創業75周年の技術を詰め込んだ ボディのコンパクトさ・軽快さはまさに驚愕です。 ※製品版ではない為、撮影データは、お持ち帰りいただけません。 私が一番驚いたこ...
続きを読む
【HASSEL BLAD】の使い方第10回 フォーカシングスクリーンと視度補正ルーペの交換 【HASSEL BLAD】の使い方第10回 フォーカシングスクリーンと視度補正ルーペの交換 2016年09月30日
◆フォーカシングスクリーンの交換◆ HASSELBLAD 500C/M以降のボディは、フォーカシングスクリーンの交換ができます。 フィルムマガジンを外し、フォーカシングフードをボディ後方に引き抜きます。 ロック機構は無く、少し力を入れるだけで簡単に取り外せます。 上写真の止め金具をボディ内に押し込みます。 手でスクリーンを覆い、カメラを逆さまにして、手のひらにスクリーンを落とします。 フォーカシングスクリーンは、標準装備のマットのもの、スプリットイメージ付きのもの、 ...
続きを読む
【HASSEL BLAD】の使い方 第9回 「動く!」Cレンズの被写界深度目盛り 【HASSEL BLAD】の使い方 第9回 「動く!」Cレンズの被写界深度目盛り 2016年08月24日
ピントが合っている(合って見える)範囲を示すのが、被写界深度目盛です。 ↑ のHASSELBLAD CF 80mmF2.8ですと、絞りリングとピントリングの間に縦の線が何本もありますね。 真ん中の太い指標を挟んで、左右対称に 4、8、11、16、22と数字がふってあります。 例えば、5mの距離にピントを合わせると、左右の被写界深度目盛の「16」の位置に 左側は、約3m、右側は、20m弱の距離が示されます。 これは、絞りF16の時、この間にピントがきますよ、ということです。 HASSELBLADに限らず、多くのメー...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]