【HASSEL BLAD】の使い方 第8回 どこが違う?500C/M と 503CX » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language







数種類あり、どれも同じように見える HASSELBLAD 500シリーズの見分け方ですが、実は簡単です。
親切な事にボディに機種名が入っています!

↑の写真の 500C/M は、ボディ左側面のアクセサリーソケットに(500C も同じ位置)、
↓の 503CX 以降のモデルは、ボディの両肩にありますね。
プリントではなく、浮き彫りになりました。ボディ正面の「HASSELBLAD」のロゴも浮き彫りですね。



では、500C/M と 503CX の異なるところを紹介しましょう。



500C/M (と 500C) のボディ内部は、乱反射防止の為、艶消し黒で塗装されています。



503CX 以降のモデルは、植毛タイプのパルパス材が使用され、内面反射がより一層抑えられています。
↑ のもののようにヒビが入っているものが多いのですが、写りへの影響はほぼ無いと言っていいでしょう。



503CX(503CXi、503CW)は、専用ストロボを使用するとTTL自動調光が可能です。
ミラーボックス内部にフィルム面からの反射光を測定する為のセンサーがあります。



ボディ左側には、TTL自動調光用のフィルム感度セレクターダイヤルがあり、
ISO 16~1000 で設定できます(503CXiも同じ。503CW は、ISO 64~4000。)   


左側、下部のソケットカバーを外すとTTLシンクロコネクターがあります。
ここに専用システムストロボを接続します。(現在、専用ストロボは入手困難です)



503CX (503CXi、503CW)のファインダー内左側にシグナルLEDがあり、専用ストロボの充電完了時に赤く点灯します。
また、撮影直後に適正露出が得られた時、1秒間点滅し、十分な光量が得られなかった時は、点滅しません。

上記のように内面反射材の変更専用ストロボでのTTL自動調光が可能になったこと以上に重要なのが
新型のフォーカシングスクリーンが標準装備されたことです。
採用された、ミノルタ(当時)製のアキュートマットスクリーンは、
非常に明るく、シャープでピント合わせがしやすくなりました。

フォーカシングスクリーンは交換可能なので、必要にあわせて、旧型、新型のスクリーンを交換して使用することができます。
(スクリーンが固定式の500Cは除く)

個人的には、標準レンズ Planar 80mm F2.8 使用時は、旧型のスクリーンのほうが、ピントの山がつかみやすく感じます。

また、 第6回 フォーカシングフード、ワインディングクランク その2で紹介した新型のクランクが付いています。



細かな改良点はありますが、初期型の500C から 最終型の503CW まで、
基本的なところに変わりがない HASSELBLAD って初めから完成度の高いカメラなんですね!!

価格的にもお求めやすい500C/M (500C)もまだまだ活躍できますよ!


↓ こちらもご覧ください ↓


















〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:HasselBlad]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】コンパクトな望遠レンズ・ズマリット M90mm F2.4 【Leica】コンパクトな望遠レンズ・ズマリット M90mm F2.4 2017年06月23日
水辺に降り立った野鳥、アオサギでしょうか。ライカの望遠レンズ、ズマリット M90mm F2.4で撮影しました。 Leica M(Typ240)に装着するとこんな感じです。 幅広のピントリングは、抜群の操作性です。 M50mm F2.4(右)と並べてみても、このとおりたいへんコンパクトなレンズです。 レンズ先端の化粧リングを外し、付属のレンズフードを取付けることができます。 化粧リング、レンズフードを使用時、それぞれのキャップ(2種類のサイズ)も同梱されています。 ↑クリックすると大きく...
続きを読む
null 【SONY】FE 12-24mm F4G ご予約開始しました! 2017年06月23日
フルサイズ用Eマウント超広角ズームレンズ FE 12-24mm F4G 本日よりご予約開始と共に、発売日も決定いたしました!! 発売日は、今年のたなばた7/7(金)です! 今回の最大の特徴はなんといってもその「軽さ」でしょうか。 近い画角を持つ他社製のレンズは軒並み1kgオーバーの重量となっていますが、 今回のFE 12-24mm F4Gは565gと驚異的な軽さのレンズに仕上がっています。 ショートフランジバックなミラーレス機だからこそ実現出来た重量なのでしょう。 サイズもかなりコンパクトで大...
続きを読む
null 【Panasonic】GH5 バッテリーグリップセット登場!! 2017年06月22日
GH5は4Kフォト・6Kフォトが撮れるカメラ! 動きの激しいもの、例えばスポーツ、乗り物、野鳥撮影などにはその連写能力を 活かし感動的な瞬間を撮ることができます。おっ!コレはタテ位置で追いかけよう!と 決めた時、カメラと一体になってタテヨコ自由に操る道具がバッテリーグリップ! そのスケール感の中で安定した構図と連写に必要な道具なのです。 タテ位置写真のメリットは、 奥行、高さのスケール感 そんなスケールの大きい感動を味わっていただくために、 マップカメラではお買い得な...
続きを読む
【ARTISAN & ARTIST】ガーデンバッグGDRシリーズ新作登場!! 【ARTISAN & ARTIST】ガーデンバッグGDRシリーズ新作登場!! 2017年06月22日
実用的であり、更にお洒落なカメラバッグでお馴染みのARTISAN&ARTIST (アルティザンアンドアーティスト)の 人気のガーデンバッグGDRシリーズが新しくなりました! 特徴である、大きな開口部、安定した広い底面、たくさんのポケット、取り外し可能なインナーはそのままに メインの生地はハリ、コシのある質感に変わり、洗練された高級感を醸しつつ軽量化も実現しました。 ↑クリックすると大きく表示されます。 インナーケースの色は赤をそのままに、裏地を赤から黒に変え、よりスタイリッ...
続きを読む
【FUJIFILM】GFX用新レンズ2本同時発売‼! 【FUJIFILM】GFX用新レンズ2本同時発売‼! 2017年06月22日
本日、FUJIFILMより GFX-50s用レンズ2本が発売になりました!! FUJIFILM フジノン GF23mm F4 R LM WR 35mm判換算18mm相当の超広角レンズ。 非球面レンズ2枚 スーパーEDレンズ1枚、EDレンズ3枚を使用した 12群15枚構成の贅沢な設計。 シャープでありながら、極限までディストーションを抑制しています。 GFXの高性能センサーと合わさり、画像全域で高い解像力を実現しています。 風景はもちろん、 歪みを徹底的になくしているので建築物の撮影にもばっちりです! FUJIFILM ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]