Panasonic GX7 MarkII インタビュー【Part 3】 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language











    GX7 MarkIIはデザインにもかなりこだわられたとお聞きしました・確かに先代と比べてみるとよりエッジの効いたデザインになったというか、洗練された印象がありますよね。背面液晶の作りを見ても出っ張りが少なくてフラットな印象を受けます。



    おっしゃる通りです。極力凹凸などをなくしてスッキリとさせる事にこだわりました。シルバー塗装については、2コートの仕上げ塗装を行っておりまして、一層目の塗装は金属粉を含んだ高輝度の塗装を行い、二層目にマットクリア塗装を施す事によってより色と質感に深みが出るようにしています。



    GX8のシルバーが膨張感をさらに出しているという声を聞いたりした事があったのですが、それより違うシルバーになっているのでしょうか?



    そうですね。いま説明をした仕上げ塗装が違う事で今までのシルバーとは光沢感や質感が違うものにしました。



    確かに比べてみると先代のGX7とは同じシルバーでも全然違いますし、GX8と比べても塗装のテカリ感が抑えられていて落ちついて見えますね。



    いろいろと試行錯誤を繰り返しまして、どうやれば高品位に見えるのかという点にこだわりました。



    なるほど。しかし他社製カメラやレンズを見てもシルバーの色って難しいですよね。『限定色のシルバー』として出してもレンズのシルバーと色味が違っていて装着時にチグハグに見えたり、同じメーカーのレンズであってもモデルによってシルバーの色が違うことがあります。

    パナソニック製のレンズでいうと先代のGX7あたりからマット調の塗装に変わったと思うのですが、今後もカメラに合わせてレンズの塗装も気にかけてくれるとカメラの美観を気にするユーザーからすると嬉しいですね。



    シルバーって本当に人それぞれの好みが分かれる色でして、明るいものからガンメタまでシルバーって言うんですよね。その中でどのシルバーが品位があって良く見えるかというと『LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH.』がそうなのですが、この辺りの色味を狙ってマットな塗装で仕上げています。



    続いて操作系のデザインについての質問なのですが、ボタンレイアウトなどはGX7と比べて大きな変更点はありますか?



    ダイヤルやボタンの配置はGX7のものを踏襲してそのまま直感的に操作できる作りになっています。4Kフォトやフォーカスセレクトなど専用ボタンは増えたのですが、基本的には同じ操作系で使えるようにと工夫してあります。

    また、カメラボディを持っていただくと分かるのですが、GX7に比べて重量は重くなっています。これはボディ内手ブレ補正が新しいものに変わっているためと、熱処理の為に銅製の放熱板が入っているためです。



    放熱板ですか。



    はい。4K動画の能力向上ために放熱板が入っています。この事によりスチルカメラボディとして初めて時間制限なしの4K録画を可能にしました。



    時間制限なしの4K録画ってすごいですよね。



    このボディサイズにあらゆる機能を詰め込みつつ、4Kを無制限に録れるように開発するのは非常に難易度の高い事でしたね。熱シミュレーションというのを何度も繰り返し、基板の位置や構成も配慮しながら設計しています。



    ストリートスナップ機を主題にしてあまり動画に関しては踏み込まないようにしていたのですけれど(笑)、9万円前後の最新カメラで4K動画が無制限に録れるって相当コストパフォーマンスが高いですよね。



    そうですね。実はそこもストリートスナップに繋がるんですよ、そのくらい熱や性能に考慮して作ってあると4Kフォトをいつでも、どこでも、どんな時にでも使えるというメリットがあるんです。それこそ何十分も4Kフォトで連写するというシーンはないと思いますが、その後に熱が原因で写真が撮れなくなるという心配をしなくてもいいように作られています。



    少し話が逸れた質問になるのですが、動画機能が30分以上収録できると輸出の際に『ビデオカメラ』としての関税が掛かる、そのために撮影時間の性能を抑えていると聞いた事があるのですが、あれは都市伝説なんでしょうか?



    欧州に関して本当です。しかし国内ではその制限はありません。撮影時間の制限を設けている主な理由は熱問題ですね。








    レンズについての質問なのですが、ライカ基準って何??というところでして、私たちの感覚からするとライカが設けているただならなる厳しい基準が引かれていると思っていたのですが実際はどういう基準なのでしょうか?



    もともと我々のLUMIXレンズ自体の基準も高く設けているのですが、ライカの基準はそれにも増して光学の基準ですとMTF性能、色収差、コマ収差、歪曲収差、さらにゴースト、フレアなどのレベルが高いところを求めていまして、それをクリアしていないと承認してもらえない。ライカの名前は付けられないというのがあります。それに加えて製造の工程でも高い基準がありまして、それもクリアしていないと承認してもらえないというのがあります。



    なるほど。ライカというとやはりドイツのイメージがあるのですが、パナソニック製のライカ製品に関しては国内設計・生産を行って、のちにライカの承認を得るという形なんですね。他メーカーの話になるのですが、あるドイツブランドのレンズを製造する基準でコントラストと解像力の基準が特に厳しいという事を聞いた事があります。ライカ基準は何か特有の厳しい条件というのがあったりするのでしょうか?



    特有のという事はないですね、その代わり全ての基準が厳しいです。光学設計の特定の基準だけで「こうしなさい」という指示は無いのですが、設計段階からすべての基準についてライカと共同で開発を行っているので、その品質が担保されていると言えます。




    とはいえMTF性能に含まれる解像力とコントラストに加え、各種収差、逆光耐性が求められるという事は本当に光学性能の全てですよね。それだけパーフェクトな物を求められると作り手側としては大変じゃないですか??



    そうですね。しかしそれくらい高い基準の元で作られたレンズだからこそライカブランドとして、お客様にもその価値を認めていただいて買っていただいていると思います。また、ライカの基準があるわけでは無いのですがレンズデザインも我々の方で「ライカはこうあるべき」と考えています。やはりお客様も「ライカだから」という期待をされていると思いますので、光学性能と合わせてデザインにもライカレンズはこだわりを持って作っています。



    なるほど、ライカではありますが『MADE IN JAPAN』の確かなモノづくりがあって完成したライカなのですね。



    はい。ちなみに現在のライカのレンズ工場は山形県の天童市にあるのですが、レンズの磨きや洗浄の工程等で使用している水は地下1500mから天童の地下水を汲み上げまして、それを使用しているというこだわりもあります。




    この度は詳しい解説をありがとうございました。

    GX7 MarkIIはGX7の持っていた機動性をキープコンセプトに、さらなる性能の進化とカメラの質感向上を図ったモデルです。まだ『Dual.I.S.』や『空間認識AF』という言葉は浸透していないかもしれませんが、撮影時にとてもアドバンテージとなる機能だという事もわかりました。皆様にも『Panasonic GX7 MarkII』の魅力を感じて頂き、製品購入のご検討を頂けましたら幸いです。

    今後ともマップカメラでは製品の開発コンセプトや、その魅力をお客様へしっかりとお伝えできるように努めていきます。









[ Category:Panasonic|掲載日時:05月25日 18時21分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Ring color of Zeiss】Touit 50mm F2.8 ~ Zeiss Lens Taste 04 ~ 【Ring color of Zeiss】Touit 50mm F2.8 ~ Zeiss Lens Taste 04 ~ 2018年01月24日
【Ring color of Zeiss】 青いリングに込められた想いは・・・ 青いリングがもたらす力は、優雅に羽ばたく鳥である。 青いリングでツァイスレンズの神話がよみがえり、 青いリングがツァイスレンズの宇宙を鮮明にする。 青いリングと共に旅立ちの時、 いま、最後の列車が動き出す・・・リングカラー・オブ・トゥイート。 Zeiss Lens Taste 04【花の力】 花と光の楽園!足利フラワーパーク! 今となっては、とても有名な栃木県足利市にある花の公園! 今回はマクロレンズで...
続きを読む
null 【Leica】”ルックス”重視で決めるレンズ選び。 2018年01月23日
「ファッションとは、前を向く事」 ファッション雑誌アメリカ版「ヴォーグ」の編集長アナ・ウィンターの言葉です。 いろいろな意味を含んでいると思います。 そのひとつとして、 好きなものを身につけること、 欲しかったものを手に入れること、 それによってきっと人は気持ちが前向きになるのではないかと思います。 カメラや交換レンズにおいても同じことが言えるのではないでしょうか? しかしその選択肢によっては、 その数の多さでなかなか決めることが出来ない場合もあると思い...
続きを読む
null Panasonic G9 PRO 改めてその魅力に迫ります 2018年01月22日
ミラーレス市場を最前線で率いてきたパナソニック G1発売から10周年という記念すべき節目に投入されたのが スチル向けフラッグシップモデル G9 PROです。 今までの機種とは一線を画する本機 店頭スタッフも唸るスペックとこだわりが感じられます。 発売日まで残り3日と迫った本機の魅力を、改めてご紹介いたします。 -パナソニック史上最高の表現力- G9 PROは写真撮影でもっとも重要な要素のひとつである色作りを一新。 まるで生きているかのような、生命力が伝わってくる質感と色合い...
続きを読む
写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 2018年01月22日
渡辺 浩徳氏 1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業 20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。 現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。 焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス 小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困難...
続きを読む
null 【Voigtlander】潮風に吹かれて。HELIAR 40mm F2.8 VM 2018年01月22日
潮風を浴びたくて横濱に来た。 手の中には「SONY α7II」と「Voigtlander VM-E Close Focus Adapter」越しに付けた 「Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 」 設定はモノクローム。余計な事は考えないでシャッターを切った。 欄干には手袋一つ。 道端で落ちている手袋は、何故だかいつも片方だけだ。 相棒を失った手袋が再び再会出来る確率はどれぐらいなのだろうか。 光の中で。 男女の声はこちらまで届かない。静かに時間だけが流れている。 暖房の効いた大桟橋の中で、二人...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]