Select Language



【FUJIFILM】プロラボサービス「クリエイト」~高級プリント体験編~

[ Category:Fujifilm|掲載日時:2017年04月01日 10時30分]



フジフイルム「プロラボクリエイト」仕上げ高級プリント体験キャンペーン
Part1プロラボサービス「クリエイト」~高級プリント体験編~ Part2 プロラボサービス「クリエイト」~プリントレポート編~ Part3 プロラボサービス「クリエイト」~工場見学編~

近年ではデジタルカメラが普及し、フィルムカメラの利用率が激減。それに伴い、以前のようにプリントを楽しむ機会も減ってしまいました。「一度もフィルムを現像に出したことが無い」なんて方も最近では珍しくはありません。
「デジタルだから画面で見れるでしょ」…とお思いの方も多いかとは思いますが、そんな方にこそぜひ体験して頂きたいのが今回ご紹介するフジフイルムのプロラボサービス「クリエイト」なのです!
大事な思い出や作品を最高の形で残してくれるクリエイトの高級プリントは、プリントの素晴らしさ、そして楽しさを再び思い出させてくれます。

プロラボクリエイトとは?

プロラボサービス「クリエイト」とは、フィルムメーカーとして不動の地位を確立しているフジフイルムのプロラボサービスのこと。
ただのプリントサービスではありません。プロの技術者が作品の相談に乗ってくれて、どのようにプリントしたいか、どんな雰囲気に仕上げたいか、というのを細かく指定できるのです!
Webでのオーダーだとどうしても細かい指定が出来ないイメージが強いですが、紙の選択・トリミングはもちろんのこと、仕上げに関して「補正なし」「クリエイト仕上げ」の2種類から選ぶことができ、「クリエイト仕上げ」を選択すればクリエイトの技術者 (リバーサル時代から手焼きプリントをしている熟練のオペレーター!)がデータをしっかりとチェックし、プリントを「写真」から「作品」へと仕上げてくれるのです。
そして、このサービスの最大の特徴は「指示メモ」欄だと言っても過言ではないでしょう。
濃度・色調の具体的な設定から「こんな風にプリントしたい」といった抽象的な事まで、「指示メモ」に記入をすれば窓口まで行かずとも家に居ながらにして細かい設定が可能です!

プロのカメラマンも多く愛用しているプロラボサービス「クリエイト」。
通常、作品をプリントする場合は何度も焼き直しをすることが珍しくはありません。
ですが、クリエイトでプリントした写真はとても完成度が高く、「再プリントの機会が激減した」「再プリントは皆無」といった意見もあるほど。

今や自宅で手軽にプリントが出来る時代となりましたが、インク代や用紙代は決して安いとは言えず、再プリントを繰り返せば繰り返すほどコストもどんどんかさんでいきます。
モニターやプリンターのキャリブレーションにもお金がかかりますよね…。
その点このプロラボサービス「クリエイト」なら、1枚1枚のお値段はするものの、再プリントの機会も減るわけですから、結果的にコストパフォーマンスがよく、そして何より納得のいくプリントが仕上がるのです。

プロカメラマンの方も、アマチュアカメラマンの方も、自分のとっておきの1枚をプリントしてみませんか?
プリントをすることによって、写真に対する愛着が何倍も増すこと間違いなし!

次の項目では、実際のプリントの流れをご紹介いたします!

実際にプリントしてみよう!

「プロラボでのプリント」と聞くと、なんだか設定とか手順が難しそうという印象がありますよね。
そこで、実際にプロラボクリエイトのWebサービスを利用してみました!
画像付きでお送りしますので、ぜひ実際のプリントの際の参考にしてみて下さい。

実際にプリントしてみよう!

【まず初めに】
プロラボクリエイトの利用には会員登録が必要になりますので、まず初めにクリエイトの新規会員登録をしましょう!
既に会員の方は「ログインして注文」を選択してください。

実際にプリントしてみよう!

【写真を選択】
「写真を選ぶ」から、プリントしたい写真を選択します。画像にもある通り、選べる写真はJPEGのみ。

実際にプリントしてみよう!

【プリントサイズと用紙の選択】
そして次の項目は、肝心要の用紙とプリントサイズの選択です!
今回は写真を3枚用意しましたので、それぞれ1枚ずつ選択をしようと思います。
手始めに一番おすすめの「クリスタル」を選択!

実際にプリントしてみよう!

【トリミング方法の選択】
写真を隅々までプリントしたい場合は、「ノートリミング」を選びましょう。
今回はフチの幅を均等にしたかったので「ペーパーフル」を選びました。

実際にプリントしてみよう!

【フチの色選択】
フチは「白フチ」「黒フチ」の2種類から選べます。
注文する写真の雰囲気がキリッとカッコいい感じなので、黒フチを選択!

実際にプリントしてみよう!

【指示画面】
ここで最終チェック!トリミングをしている場合はここでプリント範囲の調整が行えます。
前の項目で選んだ物はすべてここで変更ができますので、「プレビュー」ボタンをクリックして仕上がりを確認しながら細かい調整をすることが可能です。

↓③のプリント指示について、詳しくはこちらを参考にしてください!↓

実際にプリントしてみよう!

実際にプリントしてみよう!

【最後に】
注文内容を確認して、問題が無ければご購入手続きへ!
クーポンをお持ちの方は、ここでクーポン番号を入力するのをお忘れなく!

仕上がりにかかる時間は約1週間ほど。うーん、仕上がりが楽しみですね!
首を長くして待っていると…→プリントが届きました!プリントレポートは◆こちら◆

さて、ここで今回注文した「クリスタルプリント」について詳しく見てみましょう!

クリスタルプリントの魅力

イチオシ!クリスタルプリントの魅力!

↓クリスタルプリントを実際に他の用紙と比較してみると…↓

用紙による写真の見え方の違い

…どうでしょうか?「紙が違うだけでこんなに違うのか!」と思いませんでしたか?
作品作りにおいて妥協してはならないのが、この「用紙選び」の工程です。
いくら良い機材を使っても、そしてそれがどれだけ良い写真であったとしても、プリントの仕上げがイマイチだとそれだけで作品の雰囲気はがらりと変わってしまいます。

その点クリエイトのプリントは、プロカメラマンの厳しい注文にも対応可能なので、プリントに対する安心感・信頼感はもちろんのこと、価格や納期、すべてにおいてトップレベルのクオリティなのです。
特にコンテストに出される方や写真展の開催を考えている方は、ぜひクリスタルプリントを体験してみてください!インクジェットプリントよりもずっと良い雰囲気になること間違いなしですよ。

プロラボクリエイトQ&A

Q Dプリントとは?
Q 先ほどご紹介した「プロラボクリエイト」のプリントサービスのこと。

プリント技術者が撮影画像データを見極め、判断しながら調整し一枚一枚丁寧に最適なプリントに仕上げるサービスです。
お客さまのイメージに近づけられるよう、トリミング方法や補正指示など細かく指示できます。

また、最も高い濃度と彩度を持つプロ用カラー印画紙でプリントするため、銀塩ならではの深みのある色調と豊かな階調により立体感のある作品に仕上がります。
コンテスト応募作品や写真展の作品プリントに最適です。(プロラボクリエイトHPより)
 
Q CREATE仕上げとは?
Q 技術者がデータを見ながら補正を行い、最適な状態でプリントしてくれるサービスのこと。
細かい調整に時間を割く必要が無くなることで、時間短縮にも繋がります!
プロの技術者が補正をしてくれるので、仕上がりも安心のクオリティ!
 
Q プリントにどれくらい時間がかかるの?
Q プリントからお届けまでに約1週間ほどかかります。
コンテストの応募や写真展のためのプリントをされる方は、期日に余裕をもってプリントされることをおすすめ致します。
 
Q 料金は?
Q プリントのサイズによって変わってきます。詳しくは下記料金一覧ページをご覧ください。
【各種料金一覧はこちらから】(クリエイトのHPへと飛びます。)
 
Q 送料は?
Q お住まいの場所、そしてプリントのサイズによって変わってきます。詳しくは下記送料一覧ページをご覧ください。
【送料一覧はこちらから】(PDFファイルが開きます。)

最後に

クリエイト

フジフイルムのプロラボサービスは、24時間いつでも注文可能。
プロラボだからできる最高品質を、ぜひご体験下さい!

ご注文はこちらから


Part2


[ Category:Fujifilm|掲載日時:2017年04月01日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【FUJIFILM】大藤に魅せられて 【FUJIFILM】大藤に魅せられて 2018年05月09日
大藤で有名なあしかがフラワーパークへ XF10-24㎜とXF35㎜ F1.4を携え新機種X-H1と共に 壮大な藤棚を思うままに撮影してみました。 藤は古くから女性に例えられ、優雅に垂れる花房は振袖姿を思わせたそうです。 その印象に違わず、陽気の下で優しく揺れる藤の花房は和の風情を感じさせます。 約1mの花房が垂れ下がって埋め尽くす様は壮観です。 少し汗ばむ陽気のこの日 XF35㎜ F1.4のレンズで撮った画像には 藤の花房の向こう側に夏の訪れを感じる事が出来ました。 ラ...
続きを読む
null 【FUJIFILM】4月の今、桜を求めて 2018年04月27日
みなさま、今年の桜は楽しめましたでしょうか。 東京の桜はすっかりピークを終えていますが、 日本気象協会によれば青森では満開、北海道函館市では4月25日に開花が確認できたそうです。 東北、北海道で見ごろを迎えようとしているこの時期、東京では奥多摩まで足を運べば山に咲く桜を楽しむことができます。 今回は奥多摩の大岳山へ行ったときの写真をご紹介いたします。 大岳山は日本二百名山に数えられており、都内からのアクセスが良く都内であれば十分日帰りで楽しむことができます。 大岳...
続きを読む
【FUJIFILM】This is the "Snap-Shooter" 【FUJIFILM】This is the "Snap-Shooter" 2018年04月11日
今まで多くのスナップシューターを魅了したFUJIFILM X100シリーズ。 その4世代目として成熟したX100Fは更に磨きをかけ、 フィルムシミュレーションACROSを搭載。 「カラーもモノクロも、これ1台」と言って良いほど。 本来は35mm判換算で35mm相当のレンズが付いているX100Fですが、 今回はワイドコンバージョンレンズWCL-X100 IIを装着。 35mm判換算28mm相当で撮影しています。 フィルムシミュレーションは勿論ACROS、 更にモノクロ撮影には欠かせないイエローフィルターを加えて ACROS+Yモー...
続きを読む
【FUJIFILM】X100Fで撮る赤外スナップ 【FUJIFILM】X100Fで撮る赤外スナップ 2018年04月07日
赤外撮影というと、何やら特殊な機材を用いた撮影方法のように思えますが、今のデジタルカメラでは専用フィルター1枚で気軽に楽しむことができます。 ブログの写真は『FUJIFILM X100F』にデジタルカメラ用の赤外撮影フィルター『Kenko PRO 1D R72 フィルター』を装着して撮影をしたものです。デジタルカメラ内部のセンサーには赤外線除去フィルターが付いていますが僅かながら赤外線を感光することができます。(使用するカメラの機種によって、赤外の感光特性が異なりま...
続きを読む
FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS そうだ花見に行こう!(信州上田編) 2018年04月03日
筆者のわたくしもですが花粉症に悩める人達は、ついこの時期は外出が億劫になりがちです。 しかし「桜開花!」の便りを聞くとそこは日本人の性。気持ちはワクワク出かけてみようかな・・・というパワーが湧いてきます。 今日の相棒はFUJIFILM X-T10とフジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OISの組合せ。 FUJIFILMのボディはコンパクトで持ち運び、フットワークも生かせて良いですし、そこはフイルムメーカーのノウハウを生かした色彩豊かな描写にも期待しての選定となりました。 都内の桜のピーク...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]