【Leica】何コレっ?! 第13回 『ABLON / 14126』 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





Leica (ライカ) ABLON/14126 フィルム定規
思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。まるで雪山にいる猿の顔ようにも見えるこれは、いったい何でしょう?

ライカのコードネーム「ABLON/14126」は、 フィルム定規と呼ばれるものです。

nullnull

↑クリックすると大きく表示されます。 蝶番で開いたり閉じたりする構造になっています。



バルナック型やM型ライカの底蓋を外すと↑のような図があることがあります。
フィルム装填の際、図のようにフィルム先端を10cmほど細く切るようにという指示です。

nullnull

↑クリックすると大きく表示されます。

このABLON/14126にフィルムを挟み込むと、ご覧のようにカットするべき部分が一目瞭然になります。
矢印の2か所に突起があり、フィルムの穴を合わせるので、ずれることはありません。

Leica (ライカ) ABLON/14126 フィルム定規
定規にナイフを当てれば、簡単かつ綺麗にカットできるというものなのです!
今回は、ABLON/1412を傷つけないように、ボールペンで定規をなぞって、ハサミで切りました。

Leica (ライカ) ABLON/14126 フィルム定規
かつては、長い映画用のフィルムを暗室でカットし、マガジンに詰め込んで使っていました。
先端の三角の方は、フィルムをマガジンの軸に差し込む形にカットする為です。
現在販売されている(パトローネ入りの)フィルムを使う場合は、必要ないですね。

Leica (ライカ) ABLON/14126 フィルム定規
そもそも、どうしてフィルムの先端を切るのでしょう?上の写真を見てください。
Leica M3 の裏蓋を外した状態です。
フィルムは、底から入れる仕組みになっていて、フィルムの幅が広いまま入れようとすると
内部にぶつかって、奥まで入り辛いのです。
そればかりか、繰り返し、無理やりフィルムを押し込んでいると
フィルムが千切れて、シャッター機構に入り込み、故障の原因にもなりかねません。

M型の場合は、裏蓋が開くので、目で見て確認しながらフィルム装填ができますが
バルナック型の場合は、カメラ内部を全く見ることができません。
テレフォンカードを差し込めば、フィルムを細く切らなくても装填可能と言われることがありますが
固い固いカードで、カメラの内部を傷つけている恐れがあります。
ですから、フィルム先端は必ず細くカットすることをお勧めします。

Leica (ライカ) ABLON/14126 フィルム定規
ABLON/14126には、時代によって3種類あります。左は中期、右は後期のものです。


大量にフィルムを使用するカメラマンにとっては、必要な道具だったんでしょうね。
Leicaって、こんなところにまで気を遣って製品化していたんですね。
つくづく、ユーザー思いのメーカーです!

定規を使わずに目分量でカットしてもいいんですが
コレクションには是非加えたいアイテムだと思います!








6月30日までライカフェア開催中です!!
今日を入れてあと4日!
世にも珍しい台数限定のプレミアムモデルのご紹介や
今だけのお買い得な商品も多数ございます!
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓




〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:06月25日 19時33分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null トークイベント『ライカを使う理由、 選ぶ理由。』レポート 2018年02月20日
2018年2月17日 東京・新宿にて、ライカを使用している5人のフォトグラファーの方々をお招きし、 愛用の機材解説も交えたトークショー『ライカを使う理由、 選ぶ理由。』が開催されました。 今回はその様子を写真を交えてレポートいたします。 今回はマップカメラ本館地下1階『ライカブティック MAPCAMERA SHINJUKU』の5周年記念として開催されたイベントの一つで、有名フォトグラファー5人が一堂に会す特別なトークイベントとなりました。 会場はいつ...
続きを読む
【Leica】夜の街でポートレート with ノクティルックス 【Leica】夜の街でポートレート with ノクティルックス 2018年02月20日
50mm F0.95 1/125秒 ISO320 皆様こんにちは。 本日はマップカメラ本館地下にある「ライカブティック MAPCAMERA SHINJUKU」の設立5周年の記念日です。 皆様に支えられて、まずは5年という節目を迎えることが出来ました! 誠にありがとうございます。 本日は、4年ぶりくらいに会った中学時代からの友人をモデルに、夕方~夜の時間の街中ポートレートをお送りします。 使用機材はLeica SL(Typ601) + ノクティルックス M50mm F0.95 ASPHです。 その日のファーストカットだった、ちょっと固い笑顔から...
続きを読む
【Leica】ライカブティックは5周年を迎えました! 【Leica】ライカブティックは5周年を迎えました! 2018年02月20日
この度ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン5周年を迎えることとなりました。 これもひとえにお客様おひとりおひとりのご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ライカブティックではLeica M10やSL (Typ601)など話題の機種をお試しいただけます。 是非、ライカの魅力をご堪能くだ...
続きを読む
Leica M Monochrom (Typ246) + Summarit M35mm F2.4 ASPH 【Leica】Mモノクローム(Typ246)と行く江ノ島の旅 2018年02月19日
皆様こんにちは! だいぶ前になりますが、江ノ島へ旅に出ました。 オトモに選んだのはLeica Mモノクローム(Typ246)、ズマリット M35mm F2.4 ASPHです。 M型は手に取った時のサイズ感がちょうどよく、特にレンズが小型・軽量なので 一日中歩き回っても負担になりません。 この日は片瀬江ノ島駅からスタート。 大橋を渡る前からいい景色です。 だいぶ雲が多いので少し不安だったもののまだ大丈夫そう。 むしろ雲量が多い空をモノクロで撮るとすごく良い感じです。 まずはヨットハ...
続きを読む
【Leica】Leicaと行く北海道旅行 【Leica】ズマールと行く北海道旅行 2018年02月18日
冬の寒さが最も厳しくなる2月。札幌で行われるさっぽろ雪まつりを終着点に設定し、5泊6日の北海道旅行へと行ってきました。 持って行った機材は『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』と『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』の計3点。今回のマップタイムズでは、その中でも『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』の組み合わせで撮影した写真をご紹介いたします。 時期はすこしずれていますが、別のスタッフも最近北海道旅行に行っていたよう...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]