【Leica】何コレっ?! 第13回 『ABLON / 14126』 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





Leica (ライカ) ABLON/14126 フィルム定規
思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。まるで雪山にいる猿の顔ようにも見えるこれは、いったい何でしょう?

ライカのコードネーム「ABLON/14126」は、 フィルム定規と呼ばれるものです。

nullnull

↑クリックすると大きく表示されます。 蝶番で開いたり閉じたりする構造になっています。



バルナック型やM型ライカの底蓋を外すと↑のような図があることがあります。
フィルム装填の際、図のようにフィルム先端を10cmほど細く切るようにという指示です。

nullnull

↑クリックすると大きく表示されます。

このABLON/14126にフィルムを挟み込むと、ご覧のようにカットするべき部分が一目瞭然になります。
矢印の2か所に突起があり、フィルムの穴を合わせるので、ずれることはありません。

Leica (ライカ) ABLON/14126 フィルム定規
定規にナイフを当てれば、簡単かつ綺麗にカットできるというものなのです!
今回は、ABLON/1412を傷つけないように、ボールペンで定規をなぞって、ハサミで切りました。

Leica (ライカ) ABLON/14126 フィルム定規
かつては、長い映画用のフィルムを暗室でカットし、マガジンに詰め込んで使っていました。
先端の三角の方は、フィルムをマガジンの軸に差し込む形にカットする為です。
現在販売されている(パトローネ入りの)フィルムを使う場合は、必要ないですね。

Leica (ライカ) ABLON/14126 フィルム定規
そもそも、どうしてフィルムの先端を切るのでしょう?上の写真を見てください。
Leica M3 の裏蓋を外した状態です。
フィルムは、底から入れる仕組みになっていて、フィルムの幅が広いまま入れようとすると
内部にぶつかって、奥まで入り辛いのです。
そればかりか、繰り返し、無理やりフィルムを押し込んでいると
フィルムが千切れて、シャッター機構に入り込み、故障の原因にもなりかねません。

M型の場合は、裏蓋が開くので、目で見て確認しながらフィルム装填ができますが
バルナック型の場合は、カメラ内部を全く見ることができません。
テレフォンカードを差し込めば、フィルムを細く切らなくても装填可能と言われることがありますが
固い固いカードで、カメラの内部を傷つけている恐れがあります。
ですから、フィルム先端は必ず細くカットすることをお勧めします。

Leica (ライカ) ABLON/14126 フィルム定規
ABLON/14126には、時代によって3種類あります。左は中期、右は後期のものです。


大量にフィルムを使用するカメラマンにとっては、必要な道具だったんでしょうね。
Leicaって、こんなところにまで気を遣って製品化していたんですね。
つくづく、ユーザー思いのメーカーです!

定規を使わずに目分量でカットしてもいいんですが
コレクションには是非加えたいアイテムだと思います!








6月30日までライカフェア開催中です!!
今日を入れてあと4日!
世にも珍しい台数限定のプレミアムモデルのご紹介や
今だけのお買い得な商品も多数ございます!
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓




〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】更に洗練されたミラーレスカメラ!TL2ご予約受付中!! 【Leica】更に洗練されたミラーレスカメラ!TL2ご予約受付中!! 2017年07月20日
昨年11月に発売されたLeica TLが更にパワーアップして登場! その名もLeica TL2 ・新開発の有効画素数2424万画素の高性能CMOSセンサーにより、 優れたダイナミックレンジやコントラスト・色再現性・シャープネスを実現! 更に美しい描写が楽しめます。 ・映像エンジンがQ(Typ116)等に採用されている「LEICA MAESTRO II」にグレードアップ! オートフォーカスの高速化はもちろん、4Kやスローモーション動画にも対応! ・新開発の電子シャッターで1/40000秒の超高速シャッターが可能に! 連写...
続きを読む
【Leica】一風変わったMDa入荷しました! 【Leica】一風変わったMDa入荷しました! 2017年07月20日
皆様こんにちは! 今回もちょっと珍しいカメラが入荷しましたのでPick upしてご紹介します。 Leica MDa のリペイント(後塗り)が2台! Leica MDa自体が珍しいのですが、元々ボディカラーはシルバーのみでした。 MDaについてはをクリック! 今回は、薄い緑色のハンマートーンとブラックです。 ハンマートーンと言えば、Leicaでは限定モデルに時々登場する、 表面の凹凸が、光の当たり方や角度によって様々な表情を見せる仕上げですね。 「鉄の表面をハンマーで叩いて、凹凸模様を付けた表面...
続きを読む
【Leica】癖が癖になる 【Leica】癖が癖になる 2017年07月19日
本日はクセ玉と呼ばれることの多い ズマリット50mm F1.5をご紹介いたします。 使用したのはLマウントの後期モデル、 使用ボディは、クセ玉のピント合わせもしやすい SONY α7です。 では早速ご覧下さい。 F1.5 1/500秒 ISO100 早速出ましたグルグルボケ! 被写体を中心に円を描くボケが面白いです。 F1.5 1/6400秒 ISO100 意地悪に逆光で撮影。 しいたけの様なゴーストが出ました! F1.5 1/5000秒 ISO100 上の写真でもそうですが、強い光源があると角度によって虹色のラ...
続きを読む
【Leica】暑い夏!ギフトカードプレゼントキャンペーンも熱いです! 【Leica】暑い夏!ギフトカードプレゼントキャンペーンも熱いです! 2017年07月15日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 まだ暑くなるのか・・・と思うくらい暑い毎日ですね。 しかし、夏じゃないと撮れない写真がやはりございます。 暑くて暑くてたまりませんが、 新しいカメラをゲットし楽しく乗り越えるのはいかがでしょうか! ということで本日は 新品Leicaの購入が非常にお得になるキャンペーンをご紹介します。 大変ご好評いただいております 8月31日までのお買い上げが対象の Leica ギフトカードプレゼントキャンペーン まずは、ギフトカ...
続きを読む
【Leica】一風変わったバルナック入荷しました! 【Leica】一風変わったバルナック入荷しました! 2017年07月12日
皆様こんにちは! まだ梅雨のハズですが、東京はギラギラとした陽射しが真夏の様相です。 日照時間も長いですし、低感度のフィルムでもバッチリ撮って歩けますね♪ 今回はちょっと珍しいカメラが入荷しましたのでPick upしてご紹介! バルナックライカといえばシルバークロームとブラックペイントが多いですが コチラのモデルはナント赤! 自分だけのカメラというこだわりを感じますね。 調和が取れるかなと思って暖色系のニッケルレンズと合わせてみました。 底ブタのつまみは黒。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]