【Leica】何コレっ?! 第13回 『ABLON / 14126』 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



【Leica】何コレっ?! 第13回 『ABLON / 14126』

[ Category:Leica|掲載日時:2017年06月25日 19時33分]



Leica (ライカ) ABLON/14126 フィルム定規
思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。まるで雪山にいる猿の顔ようにも見えるこれは、いったい何でしょう?

ライカのコードネーム「ABLON/14126」は、 フィルム定規と呼ばれるものです。

nullnull

↑クリックすると大きく表示されます。 蝶番で開いたり閉じたりする構造になっています。



バルナック型やM型ライカの底蓋を外すと↑のような図があることがあります。
フィルム装填の際、図のようにフィルム先端を10cmほど細く切るようにという指示です。

nullnull

↑クリックすると大きく表示されます。

このABLON/14126にフィルムを挟み込むと、ご覧のようにカットするべき部分が一目瞭然になります。
矢印の2か所に突起があり、フィルムの穴を合わせるので、ずれることはありません。

Leica (ライカ) ABLON/14126 フィルム定規
定規にナイフを当てれば、簡単かつ綺麗にカットできるというものなのです!
今回は、ABLON/1412を傷つけないように、ボールペンで定規をなぞって、ハサミで切りました。

Leica (ライカ) ABLON/14126 フィルム定規
かつては、長い映画用のフィルムを暗室でカットし、マガジンに詰め込んで使っていました。
先端の三角の方は、フィルムをマガジンの軸に差し込む形にカットする為です。
現在販売されている(パトローネ入りの)フィルムを使う場合は、必要ないですね。

Leica (ライカ) ABLON/14126 フィルム定規
そもそも、どうしてフィルムの先端を切るのでしょう?上の写真を見てください。
Leica M3 の裏蓋を外した状態です。
フィルムは、底から入れる仕組みになっていて、フィルムの幅が広いまま入れようとすると
内部にぶつかって、奥まで入り辛いのです。
そればかりか、繰り返し、無理やりフィルムを押し込んでいると
フィルムが千切れて、シャッター機構に入り込み、故障の原因にもなりかねません。

M型の場合は、裏蓋が開くので、目で見て確認しながらフィルム装填ができますが
バルナック型の場合は、カメラ内部を全く見ることができません。
テレフォンカードを差し込めば、フィルムを細く切らなくても装填可能と言われることがありますが
固い固いカードで、カメラの内部を傷つけている恐れがあります。
ですから、フィルム先端は必ず細くカットすることをお勧めします。

Leica (ライカ) ABLON/14126 フィルム定規
ABLON/14126には、時代によって3種類あります。左は中期、右は後期のものです。


大量にフィルムを使用するカメラマンにとっては、必要な道具だったんでしょうね。
Leicaって、こんなところにまで気を遣って製品化していたんですね。
つくづく、ユーザー思いのメーカーです!

定規を使わずに目分量でカットしてもいいんですが
コレクションには是非加えたいアイテムだと思います!








6月30日までライカフェア開催中です!!
今日を入れてあと4日!
世にも珍しい台数限定のプレミアムモデルのご紹介や
今だけのお買い得な商品も多数ございます!
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓




〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2017年06月25日 19時33分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

遠くへ行きたい その2 遠くへ行きたい その2 2018年04月15日
皆様こんにちは 3月のとある週末、韓国へ弾丸旅行に行った旅行記の続きです。 (前回はこちらから) 韓国第2の都市、釜山のマチュピチュとよばれる、甘川文化村(カムチョン ムナマウル)から市街地へと戻ってきた我々が 次に向かったのはこちら。 こちらは龍頭山公園(ヨンドゥサンコンウォン)、 市民の憩いの場であると同時に、釜山のシンボルである「釜山タワー」があることから、1年中多くの人々で賑わっています。 手前の大きな銅像は、1590年代の豊臣秀吉率いる当時の日本の戦国武将...
続きを読む
【Leica】ノクティルックスと行く夜の新宿。 【Leica】ノクティルックスと行く夜の新宿。 2018年04月14日
皆様こんにちは! 今回載せるのは、少し前に書いた「タンバールM90mmのブログ」のアナザーカットです。 この日はタンバール M90mm F2.2とノクティルックス M50mm F0.95 ASPHというゴージャスな組み合わせ。 撮影していてすごく楽しい1日でした! 私はノクティルックスを持つと、どうにも暗い場所や夜にしか写真が撮れないらしいので(私が夜行性なのも相まって) 夜の街で全て絞り開放で撮った写真たちです。 まずは、ほぼ最短撮影距離(1m)での撮影。 上からの電気を活かして明るめに、ホワイトバ...
続きを読む
null 遠くへ行きたい その1 2018年04月06日
3月のとある金曜日、 1週間の仕事を終えた私がその足で向かったのは羽田の国際線ターミナル 羽田 01:55発、Peach Aviation MM809便 ソウル仁川空港行き。 税金や手数料を別にすれば、この時は片道運賃¥11,080- 私みたいに放浪癖がある人間にとって、LCCは偉大です。 あっという間にソウル・仁川(インチョン)空港へ 季節柄、空港で買ったミネラルウォーターは平昌のお水でした。 ここから電車でソウルのもう一つの空港、金浦(キンポ)空港へ、 仁川と金浦の関係性は、...
続きを読む
【Leica】タンバールM90mmと新宿ふらり旅。 【Leica】タンバールM90mmと新宿ふらり旅。 2018年04月02日
皆様こんにちは! その昔、「タンバール」というレンズがあったのをご存知でしょうか? 1934~40年までの6年間でわずか3500本ほどしか生産されなかったLeica唯一の「ソフトフォーカスレンズ」です。 レンズの収差の1つである「球面収差」を利用したレンズであり ソフトフォーカスのその名の通り、独特のにじみを伴った描写が特徴です。 朝日新聞社の写真賞の名前にもなっている写真家の木村伊兵衛が愛用していたことでも有名です。 さて、そんな世にも珍しい「タンバール」が昨年末にライカMマウ...
続きを読む
null 気の向くままに 2018年03月31日
最近はすっかり春らしくなりました。 花粉が猛威を振るっていることを除けば、家でじっとしているのが 少しもったいなく感じるくらいです。 皆さんは外に出掛ける時は、予定をちゃんと組んでからでしょうか? 筆者は、家族や友人と一緒じゃない限りその日の気分で決める事が多いです。 ふらふらっと出かけて、気になった物をひたすら写真に収める そんな休日が多いです。 ズミルックス35mm2ndが最近のパートナーです。 癖玉として愛好家に有名なこの1本。 上の写真は解放で撮影しました。...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]