ハッセルブラッド『X1D』発表!! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



HASSELBLAD X1D

HASSELBLAD X1D

日本時間6/22の21:00にハッセルブラッドの中判デジタルカメラ『X1D』が発表されました。注目すべきは中判デジタルの圧倒的な画質性能を小型ミラーレス機として作り上げてきたことでしょう。他メーカーのフルサイズ一眼レフよりもはるかに小さなボディに『デジタルバック CFV-50c』と同等と言われているセンサーサイズ43.8 x 32.9mmの5000万画素CMOSセンサーを搭載しています。



HASSELBLAD X1D
HASSELBLAD X1D

操作系はシンプルかつ明快。ボディの厚みを見ても、とても中判サイズのCOMSセンサーが入っているとは思えない薄さです。ミラーレス機になったことでフランジバックが短い“Xマウント”と呼ぶ新規のもの採用しています。その専用レンズはレンズシャッター内蔵AFレンズシリーズ「XCDレンズ」。最初に用意されるXCDレンズは45mm F3.5と90mm F3.2の2本で、シャッター速度は1/2,000〜60分、ストロボは全速同調。AFはコントラスト検出式とのことです。



HASSELBLAD X1D
HASSELBLAD X1D

フルサイズ一眼レフとサイズ比較したイメージ画像ですが、『X1D』の正面デザインを見てハッとされた方も多いのではないでしょうか。グリップ部分を隠すとまるで500シリーズを彷彿とさせるカメラデザインになっているのがわかります。今もなおハッセルブラッドといえば500シリーズのイメージが強く、プロカメラマンも現役で使用してる方が多いカメラです。そんなハッセルブラッドが好きなユーザーが待ち望んでいた『ハッセルブラッドらしいカメラ』をそのまま体現したのが『X1D』と呼べるかもしれません。



HASSELBLAD X1D
HASSELBLAD X1D


外形寸法 : 150.4×98.1×71.4mm

重 量 : 約725g(バッテリー含む)

撮像素子 : 5,000万画素CMOSセンサー(16bit・ダイナミックレンジは14ストップ・HD動画記録)

ISO感度 : ISO100〜25600

シャッタースピード(レンズシャッター) : 1/2000秒〜60分

撮影間隔 :1.7〜2.3枚/秒

EVF(電子ビューファインダー) : 236万画素

背面液晶モニター : 3型92万ドットのタッチパネル式(チルト式ではない)

記録メディア : SDカード(デュアルスロット)

撮影枚数 : フル充電で約350枚

接 続 : USB 3.0 Type-Cコネクタ、ミニHDMI、オーディオ入力/出力

その他 : Wi-Fi・GPS機能内蔵、塵や埃に対する高い密閉性、縦横比を変えて撮影ができるマルチプルイメージフォーマット

対応レンズ : XCDレンズ 45mm/F3.5、90mm/F3.2

専用のマウントアダプターを発売予定しており、それを使用することでハッセルブラッドHシステム全12レンズ、そこにCFレンズアダプターを重ねることでVシステムのレンズを使用することが可能になります。


HASSELBLAD X1D
 

東京発表会の様子はこちら










[ Category:HasselBlad]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【HASSEL BLAD】X1Dお試しいただけます!! 【HASSEL BLAD】X1Dお試しいただけます!! 2016年12月18日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 皆様、お待たせしました! 製品発表されてから今日まで注目を浴び続けている 世界初の"中判"ミラーレスデジタルカメラ HASSELBLAD X1D-50c なんとマップカメラでは発売に先駆けてお試しいただけます! 35mmフルサイズでさえ味わえない中判デジタルの画質 創業75周年の技術を詰め込んだ ボディのコンパクトさ・軽快さはまさに驚愕です。 ※製品版ではない為、撮影データは、お持ち帰りいただけません。 私が一番驚いたこ...
続きを読む
【HASSEL BLAD】の使い方第10回 フォーカシングスクリーンと視度補正ルーペの交換 【HASSEL BLAD】の使い方第10回 フォーカシングスクリーンと視度補正ルーペの交換 2016年09月30日
◆フォーカシングスクリーンの交換◆ HASSELBLAD 500C/M以降のボディは、フォーカシングスクリーンの交換ができます。 フィルムマガジンを外し、フォーカシングフードをボディ後方に引き抜きます。 ロック機構は無く、少し力を入れるだけで簡単に取り外せます。 上写真の止め金具をボディ内に押し込みます。 手でスクリーンを覆い、カメラを逆さまにして、手のひらにスクリーンを落とします。 フォーカシングスクリーンは、標準装備のマットのもの、スプリットイメージ付きのもの、 ...
続きを読む
【HASSEL BLAD】の使い方 第9回 「動く!」Cレンズの被写界深度目盛り 【HASSEL BLAD】の使い方 第9回 「動く!」Cレンズの被写界深度目盛り 2016年08月24日
ピントが合っている(合って見える)範囲を示すのが、被写界深度目盛です。 ↑ のHASSELBLAD CF 80mmF2.8ですと、絞りリングとピントリングの間に縦の線が何本もありますね。 真ん中の太い指標を挟んで、左右対称に 4、8、11、16、22と数字がふってあります。 例えば、5mの距離にピントを合わせると、左右の被写界深度目盛の「16」の位置に 左側は、約3m、右側は、20m弱の距離が示されます。 これは、絞りF16の時、この間にピントがきますよ、ということです。 HASSELBLADに限らず、多くのメー...
続きを読む
【HASSEL BLAD】の使い方 第8回 どこが違う?500C/M と 503CX 【HASSEL BLAD】の使い方 第8回 どこが違う?500C/M と 503CX 2016年07月05日
数種類あり、どれも同じように見える HASSELBLAD 500シリーズの見分け方ですが、実は簡単です。 親切な事にボディに機種名が入っています! ↑の写真の 500C/M は、ボディ左側面のアクセサリーソケットに(500C も同じ位置)、 ↓の 503CX 以降のモデルは、ボディの両肩にありますね。 プリントではなく、浮き彫りになりました。ボディ正面の「HASSELBLAD」のロゴも浮き彫りですね。 では、500C/M と 503CX の異なるところを紹介しましょう。 500C/M (と 500C) のボディ内部は、乱反...
続きを読む
Hasselblad X1D 東京発表会レポート 『Hasselblad X1D』東京発表会レポート 2016年07月02日
皆様お待たせいたしました!! 先日スウェーデンで発表された世界初のミラーレス中判デジタルカメラ「Hasselblad X1D」が、国内初お目見えです。 7月1日、東京原宿のハッセルブラッド ストア東京で発表会が行われました。 重要なパーツを日本から輸入し、スウェーデンの技術で完成させた「Hasselblad X1D」は両国の友好から誕生したと、 スウェーデン大使 マグヌス・ローバック氏のご挨拶で発表会は始まりました。 まずはハッセルブラッド・ジャパン株式会社 社長のWillia...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]