『Hasselblad X1D』東京発表会レポート » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



『Hasselblad X1D』東京発表会レポート

[ Category:HasselBlad|掲載日時:2016年07月02日 14時34分]


Hasselbald X1D 東京発表会


皆様お待たせいたしました!!
先日スウェーデンで発表された世界初のミラーレス中判デジタルカメラ「Hasselblad X1D」が、国内初お目見えです。
7月1日、東京原宿のハッセルブラッド ストア東京で発表会が行われました。

重要なパーツを日本から輸入し、スウェーデンの技術で完成させた「Hasselblad X1D」は両国の友好から誕生したと、
スウェーデン大使 マグヌス・ローバック氏のご挨拶で発表会は始まりました。


Hasselbald X1D 東京発表会


まずはハッセルブラッド・ジャパン株式会社 社長のWilliam Penrice氏から商品コンセプトの説明です。
大型テレビには創業者のヴィクター・ハッセルブラッド氏の画像が映し出され、
以後75年間で製造された機種の遍歴をたどりながら、カメラの小型化のこだわりを熱く語りました。
そして完成した「X1D」を「This is Hasselblad」と称し、
75年周年の記念の年に「X1D」を発売できたことをヴィクターも喜んでくれるはずと嬉しそうに語りました。


Hasselbald X1D 東京発表会


続いてOve Bengtsson氏による機材解説です。
基本性能は「H6D」から受け継いだ5000万画素CMOSセンサーを搭載し、ISO感度 100-25600を実現。
フルHD動画25fpsの撮影も可能です。
裏面は主要ボタンの他に3型のタッチ式パネル液晶モニターが搭載されており、
画面に表示されたアイコンでスマートフォン感覚で操作が可能です。
右列のカメラモード、動画モード、設定モード以外はカスタマイズできるとの事ですので、かなり使いやすそうな印象です。


Hasselbald X1D 東京発表会


続いてアンバサダーカメラマンのアルフィー氏とデリック氏が24時間で撮影したという作品が披露されました。
大きなセンサーを持つカメラは、光が少なくてもとてもシャープな写りに加え、カラフルな色再現です。
雨の中でも安心して撮影でき、今までの中判デジタルでは難しかった手持ちでのスローシャッターも楽しめ
作品の幅が大きく広がったとの事です。


Hasselbald X1D 東京発表会


最後に機材に触れる機会がありましたので、再度紹介を。

まずは専用のXCD45mmF3.5レンズを装着。
日本人の小さな手にも収まるボディはとても軽く、外観だけではとても中判とは思えないサイズ感です。
トップ部は押し込むとロックのかかるモードダイヤルと電源などで、とてもシンプルなデザインです。
ハッセル75周年カラーのオレンジ色のシャッターボタンが目を引きます。
ホットシューも搭載で、より手軽に中判カメラでストロボ撮影が可能になりました。


Hasselbald X1D 東京発表会


発売時に用意された専用レンズは2本で、もう一方のXCD 90mmF3.2を装着してみました。
いずれも大きなピントリングでとても使い易い印象です。



Hasselbald X1D 東京発表会


2本のレンズは日本の「日東光学」の製造で、レンズ内に1/2000秒に対応したシャッターが組み込まれています。
冒頭の大使の挨拶にもあった、まさにスウェーデンと日本の技術の結晶が感じられます。


Hasselbald X1D 東京発表会


レンズを外すと、大きな中判センサーが顔を出します。


Hasselbald X1D 東京発表会


大きさの比較になればと思い、取材機材(Nikon D5)と並べてみました。本当にコンパクトというのが納得いただけると思います。


Hasselbald X1D 東京発表会


続いて操作感です。電源を入れるとモニターに「H」のマークの登場でテンションも上がります。


Hasselbald X1D 東京発表会


各種設定はタッチパネル操作なのでとてもスムーズ。もちろん日本語表示で悩むことはありません。


Hasselbald X1D 東京発表会


236万画素の電子ビューファインダーも見やすく良好です。
各種設定もファインダー内で確認/変更できるので、目を離さず撮影に集中できます。
シャッター半押しでAF補助光が発光。室内でも快適なAF動作が確認できました。


Hasselbald X1D 東京発表会


レンズが2本だけでは心もとないという方、ご安心ください。
専用のアダプターを介してHシリーズのレンズをそのまま使用することができます。


Hasselbald X1D 東京発表会


アダプターはミラーやレンズの無いシンプルなタイプで、画質への影響は心配ありません。


Hasselbald X1D 東京発表会


24mmF4.8レンズを装着してみました。少し迫力が増しますが現行12種類のHC/HCDレンズが使えるメリットは計り知れません。

さてそんな魅力いっぱいの「X1D」、気になるお値段は、7900ユーロで、国内では100万円程、
12月上旬から随時出荷されるとのことですのでお楽しみに。
ご予約は以下より受付しております。皆様のご予約を心よりお待ちしております。

Photo by MAP CAMERA Staff











[ Category:HasselBlad|掲載日時:2016年07月02日 14時34分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null Peak designのすゝめ 2018年04月26日
読者の皆様は「Peak design」というカメラストラップやカメラバックを手掛けるアクセサリーメーカーをご存知でしょうか。 アメリカ発のブランドで数年前に日本へ上陸した急成長のメーカーです。 そんな、「Peak design」ですが最近は国内外問わず多くのカメラユーザーが使っているのを目にするようになりました。 筆者は2年ほど前にカメラの展示会「CP+」で見て購入したのがきっかけで、 当初は「アンカーリンクス」というカメラストラップを簡単に脱着可能にするアイテムを導入し、 気に入って使ってい...
続きを読む
【Nikon】D850試し撮り 【Nikon】D850試し撮り 2018年04月25日
D850はNikon初の裏面照射型CMOSセンサーを採用しており高感度での撮影に非常に長けています。 試し撮りには暗い場所ということで、栃木県にあります大谷資料館にいってきました。 様々なロケにも使用される石採掘場跡です。 幻想的な地下神殿のような雰囲気にも感じます。 まるでタイムスリップをした感覚に陥りました。 やはり高感度設定での撮影でも画質が落ちることはありません。 AF-4EVなので暗いところでもピントが合い綺麗に撮影できます。 暗くても、しっかりとそれ...
続きを読む
【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 2018年04月25日
PENTAXから唯一出ている現行の魚眼レンズ 「smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED」 通常の広角レンズと違った独特な世界。 今回はそんな魚眼レンズをK-70に付けて撮影に行きました。 ちょっとした路地裏もローアングルで撮影すると、 何処となくアンダーグラウンドな雰囲気に。 歩道橋と高速道路の交差地点 壁に描かれたグラフィティ モノクロで撮影すると、どことなく何時もより格好良く見えます。 駐車場の脇に咲いてる菜の花… カスタムイメージを「ほのか」にして少しノスタル...
続きを読む
null 【Leica】Tにあえてつけてみました。 2018年04月24日
「完璧かつ簡潔」 そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT。 何故今ライカTなのか? TLでもTL2でもなく何故? その理由は後程。 アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。 背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。 まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。 さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレ...
続きを読む
 【PENTAX】PENTAXの話 ~空へと続く道がやたらと混雑している話~ 【PENTAX】PENTAXの話 ~空へと続く道がやたらと混雑している話~ 2018年04月23日
今年の春は本当に足早に駆け抜けていく気がします とうとう夏日並みの気温となる日もきてしまいました 全体的にいろいろな花の開花状況が10日以上も早くなるのも無理はない気候です この春の気温の上昇により本日から開花状況がすでに見頃後半となってしまった ネモフィラブルーと青い空で有名な国営ひたち海浜公園にでかけてきました 今回、使用している機材はPENTAX K-1とHD D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WRの組み合わせ ペンタックス初のフルサイズ機にして3640万の圧倒的な画素数 ローパス...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]