Select Language



-Change your world- 番外編 『dp0 Quattro』

[ Category:SIGMA|掲載日時:2016年09月22日 11時50分]





レンズを換えれば世界が変わる

今回はちょっと番外編


「レンズを換える」のではなく「焦点距離によってカメラを換える」という斬新なスタイルが人気の
SIGMA dpシリーズから『dp0 Quattro』をご紹介!

去年のこと、広角レンズが欲しい!と思って私が手にしたのは交換レンズではなく
この「広角単焦点カメラ」だったのです。


SIGMA dp0 Quattro
21mm F5.6 1/50秒 ISO200
カメラを持っているなら、レンズを換えれば済むのに
何でわざわざもう一個カメラを?という疑問が出てくるのは当然でしょう。
しかし、そんな疑問はこのカメラを使えば吹き飛びます!


SIGMA dp0 Quattro
21mm F4 1/200秒 ISO100
妖しい感じにしたくてシャドーを落としてローキーに。
そして何よりも、デフォルトでピント面のこのリアリティ…さすがSIGMA!


ただ、すべてがパーフェクトという訳ではないのが世の常。
ホワイトバランスや露出は、オート設定で同じ構図でも結構気まぐれに変わります。
その為、「JPEG撮って出し」で扱うには少々じゃじゃ馬です。
後で現像することを前提としてRAWで撮ってこそ、このカメラの真骨頂なのです。
手がかかる子ほど可愛い、ということで。


SIGMA dp0 Quattro
21mm F5.6 1/50秒 ISO100
最短撮影距離近くまで寄ってみました。
退廃した感じにしたくて、シャドーが潰れないギリギリのローキーに。


SIGMA dp0 Quattro
21mm F6.3 1/60秒 ISO160
今度は広角らしく離れて撮ってみました。
元データを見るとやっぱり凄いシャープネス。
色の再現も違和感が無く、手間隙をかけてあげればその分ちゃんと応えてくれます。


SIGMA dp0 Quattro
21mm F5.6 1/30秒 ISO160
先程から椿の花といい、この桜の花びらといい、季節がおかしいですが
RAW現像をしばらくおさぼりして溜め込んでいた所為です。


SIGMA dp0 Quattro
21mm F7.1 1/500秒 ISO160
徐々に陽が西に傾いてきた頃の1枚。
光が強く、コントラストが高くなるのでこの時間帯は撮っていて楽しいです♪


SIGMA dp0 Quattro
21mm F4 1/640秒 ISO100
ある程度絞ってパンフォーカスにする事が多いですが
寄ればある程度ぼかせるので色々楽しめます。

今回のdp0(21mm相当)の他にも28mm、45mm、75mm相当のdp1~3までを合わせて
計4種のラインナップがあります。
特にdp0のような「広角単焦点カメラ」という思い切りの良さはSIGMAならでは。

自分にピッタリの焦点距離を贅沢に楽しめるSIGMA dp Quattroシリーズは
個人的にイチオシのシリーズです!

コンパクトカメラって一眼レフのサブ機でしょ?なんて
甘く見ていたら度肝を抜かれます。
ハイグレードな交換レンズを買うつもりで試してみて下さい。
きっとパソコンの大きい画面でRAWデータを見たら頭の中に稲妻が走りますよ!

-Change your world- 番外編
お楽しみいただけましたでしょうか?


カメラ専門店スタッフが選ぶおすすめのレンズ紹介ブログ Change your world レンズで写真は変わる 特集ページへ


↓今回ご紹介したカメラはコチラ!↓





↓マップカメラはココ!↓

皆様のご来店、お待ちしております!!



〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2016年09月22日 11時50分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【SIGMA】A 14-24mm F2.8 DG HSM 夜桜&建物撮影 2018年04月06日
今年3月に発売したばかりの大注目レンズ、 SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG HSM このレンズを持って夜の散歩に行ってきました。 今までに無かった明るい広角ズームレンズ。 そこにEOS 5D MarkIVの高感度性能。 夜の手持ち撮影をどこまで楽しませてくれるのでしょうか。 F2.8 1/80 ISO-2500 14mm 六本木ヒルズでライトアップの夜桜撮影。 ビルを背景に、広角レンズで迫力ある夜桜撮影が出来ました。 四隅の流れや解像度落ちは予想よりも遥かに抑えられていてとても感触が良かったです。 原寸大で...
続きを読む
【SIGMA】dp0で桜を撮る! 【SIGMA】dp0で桜を撮る! 2018年03月20日
皆様こんにちは! 明日は「春分の日」です! 日も長くなり、花粉も飛び交い、すっかり春です。 14mm F8 1/60秒 ISO100 ところで、いつからか思い出すのも難しいくらい前から 携帯電話にカメラ機能が付いているのが当たり前になりました。 このご時世、誰でも写メは簡単に撮れますが 「わぁ、すごい!この写真どうやって撮ったの!?」と言わしめるには やはり携帯電話のカメラ機能ではなく「カメラ」が必要不可欠です。 かといってその為だけに大きいカメラとレンズを持ち出すのもちょっと…...
続きを読む
【SIGMA】Artレンズと雨の日の公園。 【SIGMA】Artレンズと雨の日の公園。 2018年03月16日
各地で気温が20度を超える日があったりと、季節はすっかり春。 今年の桜の開花予想は例年よりやや早いようで、街中の桜のつぼみもかなり膨らんできました。 今回ご紹介するのは、何年か前の4月に撮影をした雨の日の公園の写真です。使用した機材は『Canon EOS 6D』と『SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM』。いつも撮影をするときは単焦点レンズ1本でと決めています。 雨の日はどうしても外に出るのが億劫になってしまいがちですが、雨の日だからこそ撮れる1枚があるのも事実。雨粒...
続きを読む
null SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM F値の違いによる検証 2017年11月30日
SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM 茨城の国営ひたち海浜公園に行ってきました。 使用カメラはCANON EOS 5D MarkⅢです。 シグマのArt標準50mmレンズでF値を変えて撮影すると、どんな風に写るのでしょうか。 今回はF値を変えて、写りにどんな違いがあるのか色々と試してみました。 写真データはPCで編集せず、撮影したそのままのデータで掲載させて頂いてます。 撮影時、ピクチャースタイルでコントラストと彩度高めで設定した写真が多いです。 F1.4 1/1600 ISO-100 撮影した時期は10月。 ...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part4> 2017年11月09日
会津に生産拠点を構えた理由 レンズに込めた哲学と想い シグマが他と決定的に違う点 レンズに刻まれたヴィンテージナンバー 国内と海外での反応の違い これまでにあった印象深い出来事 シグマとFoveonとの出会い 新たなレンズの展開と未来のシグマ   シグマとFoveonとの出会い シグマといえばレン...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]