プロカメラマンによるライカトーク『5人のライカ』~第一部『旅とライカ』Part.3~ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



プロカメラマンによるライカトーク『5人のライカ』~第一部『旅とライカ』Part.3~

[ Category:Leica|掲載日時:2016年10月05日 10時17分]


「5人のライカ」イベントレポート
第一部「旅とライカ Part.1」 第一部「旅とライカ Part.2」 第一部「旅とライカ Part.3」
第二部「ライカトークバトル Part.1」 第二部「ライカトークバトル Part.2」 第二部「ライカトークバトル Part.3」


◆先ほどまでお二人が撮影された写真を交えてトークを繰り広げて頂きましたが、
ここからは佐藤氏の写真と共に「旅とライカ」の魅力について更に深く語っていただきます。


私、この写真を見てライカSL(Typ601)が欲しくなりました!青の発色の良さと、ヌケの良さがすごく素敵だなって。
今までCCDのカメラばかり使ってきたんですけれど、CMOSのライカSL(Typ601)の色もすごく素敵だなって感じました。
 
どっちが良いって難しいですよね。昔撮ったライカM9の写真が良いなって思うこともあるし。

ライカはM8の頃から、露出が凄く腑に落ちるところがあって、それが好きで使っているんですけど。 だいたいシャドウがこのぐらいで出るだろうなってところに来て。こういうのって凄く撮るの楽しくないですか?薄暗い場所で、自然光で人が浮かび上がってるシチュエーションって。
 
やっぱりサイド光っていうのがすごくライカにマッチしますよね。陰影があって。
 
興奮しますよね。「あ、もう良いな。」って。 で、ここで大きい一眼とかだと向こうも変に照れて笑っちゃったりとかするから、こういう場所では本当にうってつけですよね。 アジアの僧院とかは自然光の薄暗いシチュエーションがあって、凄くライカ向きな気がします。 ちなみにこれはノクティルックスで撮りました。
 
すごい沢山レンズ持ってますよね。今は何本くらい持ってますか?
 
いや、そんなに多くないですよ。5本くらい。売って買っての繰り返しなので、コレクター気質は全くないです。
カメラもそんなに持ってなくて、フィルムを入れても5・6台ですかね。
〔その中でもライカはライカSL(Typ601)・ライカS(Typ007)・ライカM(Typ240)を所有しているとのこと。〕
ノクティルックスも3本目くらいで。最終的にE58…第2世代ですかね。それの凄くいい個体を見つけて。
 
私まだ(ノクティルックス)使ったことないんですよ!50mmがすごい好きなので、ノクティの50mmは使ってみたいです。
 
ノクティの凄く良いレビューがマップカメラさんのサイトに書かれていて、あれを書いた人は本当によく解っているなと。
僕も一時期0.95とどっちも持っていたんですけど、どっちがいいってすごく難しくて。
やっぱり周辺減光がある昔のタイプの方が味はあるなっていう。
 

◆と、ここでハイエナの写真がスクリーンに写し出されます「この後、ハイエナにズミルックスを噛まれました。」と佐藤氏。これにはコムロ氏含め会場一同爆笑でした。コムロ氏が「ハイエナに噛まれたズミルックスなんて、世界でこの1本だけでしょうね」とコメントし、会場一同うんうんと頷いていました。

さて、トークショーも終盤。最後はパプアニューギニアでの写真の紹介です。


オールドレンズで撮ると、良くも悪くもコントラストは浅いじゃないですか。ただ、それがいい面もあると思っていて。
現代のレンズってコントラストを強くする傾向にあると思うんですけど、オールドレンズってコントラストが浅いことで、黒くつぶれないし白く飛ばないからあとで補正の幅が広がるんです。強くするのはあとでも出来るじゃないですか。
 
ふり幅があるってことですよね。後からイメージに合わせて調整することが出来るという。
 
この時は某大手メーカーの一眼も一緒に持って行ってたんですけど、やっぱりライカの方が抜群によくて。
 
そうなんですよね。なんかここはすごく不思議なところで。
他のカメラで撮って出しでこの色味を出してみたいと思っても出ないんですよね。ライカだから撮れる色合いだったりとか、立体感ってありますよね。
 
カッコいいっていう理由だけだったら使ってないと思うんですよ。ただ、やっぱり画に説得力があるじゃないですか。


◆Q:ライカに気が向き始めたきっかけは

僕は凝り性なので、「何が一番いいんだろう」って一通り色々使うんですけど、 ライカは10年以上使ってて、それ以外にもいろんなメーカーを使って何を買ってもやっぱりユーザーが「好きな人が一番使っている」というところに行き着くんですよね。
持っている喜びとかも含めて一番ライカが楽しいなっていう感じですね。

◆また、質疑応答のシーンで

皆さんもしかしたらライカを買うの悩んでいるのかもしれないですけど、私がライカを買うきっかけになったのが「ライカを買うためにお金を2年間貯めて撮れない2年間を過ごすよりは、もう買っちゃえ」と。「買っちゃえばどうにかなるんだから」と言われて買ったんですね。
それでマップカメラの地下に行きました。(笑)
 
若い人だからこそ無理をして海外に行けるわけですから、僕は借金をしてでもライカを買って、足が動くうちに良い機材で良い場所を撮ったほうが絶対良いって学生とかには言いますね。

◆最後のお二人からの言葉には、まさに目から鱗。
一度きりの人生、せっかく旅に出かけるのだったら、自分が思う最高の機材で最高の景色を撮りたいものです。

◆◆◆お二人とも、貴重なお話をありがとうございました!◆◆◆




[ Category:Leica|掲載日時:2016年10月05日 10時17分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】Tにあえてつけてみました。 2018年04月24日
「完璧かつ簡潔」 そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT。 何故今ライカTなのか? TLでもTL2でもなく何故? その理由は後程。 アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。 背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。 まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。 さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレ...
続きを読む
PENTAX K-1 HD D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WR 【PENTAX】PENTAXの話 ~空へと続く道がやたらと混雑している話~ 2018年04月23日
今年の春は本当に足早に駆け抜けていく気がします とうとう夏日並みの気温となる日もきてしまいました 全体的にいろいろな花の開花状況が10日以上も早くなるのも無理はない気候です この春の気温の上昇により本日から開花状況がすでに見頃後半となってしまった ネモフィラブルーと青い空で有名な国営ひたち海浜公園にでかけてきました 今回、使用している機材はPENTAX K-1とHD D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WRの組み合わせ ペンタックス初のフルサイズ機にして3640万の圧倒的な画素数 ローパス...
続きを読む
【SONY】 "α" movies vol.06「ピクチャープロファイルを比較する」 【SONY】 "α" movies vol.06「ピクチャープロファイルを比較する」 2018年04月23日
ピクチャープロファイルという機能をご存知でしょうか? 元々業務用カメラに搭載されていた色調等の設定機能なのですが、SONYのαシリーズではα7Sから搭載されました。 S-Logで撮影される方なら馴染みの機能だと思いますが、使用したことの無い方も多いと思います。 プリセット数も多くあるので、違いを比較撮影してみました。 ピクチャープロファイルとは 映像の特徴を決めるパラメーターを調整、変更するメニューです。 調整項目は多数ありますが、項目を分類すると、以下の4種類に分けられます。 ・...
続きを読む
新しいことへの挑戦 新しいことへの挑戦 2018年04月22日
4月もいよいよ最後の1週間に差し掛かろうとしています。 新しい環境で仕事や学生生活をスタートした方には、新鮮な事が非常に多かったのではないでしょうか? 筆者は世間でも色々な事が切り替わるこの時期に 毎年新しいことを、やってみたかったことを実際にやってみるようにしています。 今年は、趣味の方では英語の勉強を始めてみました。 カメラの方では触った事のない[画角]に挑戦してみることにしましたので今回は Voigtlander SNAPSHOT-SKOPAR 25mm F4 で広角での撮影に挑戦してみることにし...
続きを読む
【OLYMPUS】雨色景色 【OLYMPUS】雨色景色 2018年04月21日
皆様はどんな時や理由で写真を撮りに行きますか? 新しいカメラ、レンズを購入した時。 桜が満開を迎えた時。 お子さんが七五三や運動会の時。 インスタでいいね!が欲しい時。 などなど。 色々あるかと思いますが、 私は雨です。 今回の撮影には「OLYMPUS PEN-F」と「Panasonic LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH.」の組み合わせを使用しました。 いつもの帰り道も一味違った雰囲気に。 普段見ている景色でも雨が降るだけで、違う表情を見せる事がありま...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]